えび部

日本には、どこにいっても「ラーメン好き」とか「焼肉好き」はあたりまえ。それらの特集や、集まりがあっても不思議ではない。そんな中、わが社には、えび部というのが存在する。(英語に訳すと、Ebi Club Japan 笑)
存在する、というよりは、私が設立した。なんでも同僚と、大手町のランチでエビフライ話で盛り上がり、お互い海老に対するこだわりがある、と判明。参加者を募ったところ、結構多い。入会条件は、「えび」と「かに」だったら、どっち派か、という質問にクリアすること。訳ありガニなど、世間をにぎわす「かに」の高級感・憧れとは一線を画す、正真正銘の海老好き、でなければならない。

海老、というくくりで見ると、料理のタイプや種類(国・方面)にこだわらなくてもいい、という利点がある。代表的なところはやっぱり中華系だが、タイ・ベトナムあり、もちろん和な刺身、すし。太平洋料理やフュージョン系(もうあまり使わないか、この言葉)、イタリア・フレンチなども忘れてはいけない。

今宵は、神楽坂(飯田橋)にある、「海老専科(えびせんか)」で第2回の会合を開いた。奇妙なご縁で、2008年からずっと予約したかったこのお店、最近の同僚がお店とつながりがあることが判明、このご縁を活用し、夏のキックオフをしたわけだ。ここは、中華料理のお店なんだけど、海老を横軸に、上海、四川、広東、と幅広くカバーしていて、海老好きにはたまらない。しかも、超!リーズナブル。
スペシャル海老つくしコース、3時間飲み放題付→4000円
海老専家特製コース、3時間飲み放題付→4200円

オーナーさんも、本当に本当に気さくでサービス精神まんまんで、素晴らしかった。「海老の黒胡椒の和え」がなんとも美味。店の一番人気だとか。
e0025789_2084994.jpg

次回は、どうしようっかな~。

by mikisnet | 2009-04-23 19:54 | 食事全般  

<< 改めて、おめでとうとよろしく! Mr. Latin >>