ゆらり、ユラリ。

旦那のロースクール時代の友人で、今はNYの同僚というDの日本歓迎ディナー@恵比寿。香港、東京、タイというスケジュールで、新婚旅行なんだという。彼は昔、目黒のインハイで過ごしたこともあるらしく、日本通。奥様はLAビバヒル出身の、精神科医。初アジアで、ちょっとお疲れ気味だった。

日本酒があって、おちついていて、野菜も。みたいなリクエストだったので、会場は駅前ビルの春秋 ユラリ。日本酒もワインもあるし、空間も「外人が好きそうな」センスなので、使い勝手が良い。しかも、野菜は今話題のオーガニックにこだわっているので、ベジタリアン系に傾倒しがちなカリフォルニア系ゲストにも喜ばれる。
どこ
そのあとは、ワインのVin Santo 恵比寿へ向かうが、かなり混雑にて断念。というか、なんだか今宵はかなり恵比寿人口がいつにもまして多い・・・。というわけで、向いにある、Bar mogana。 近未来・都会的な雰囲気の、隠れ家バー。

素敵な落ち着いたスマートなご夫婦。こういったゲストとのひと時は、「東京」という日常から、新しい街にいるようなスリップしたような気にさせてくれる。第三者からみた東京に、自分たちもひきづりこまれる。ホストだけど、同時に旅行者でもあるような。時間的・空間的な感覚が一瞬麻痺するような刺激的かつ心地よいモノである。

by mikisnet | 2009-05-30 13:46 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

<< 本日のインスピレーション 6月5日にパーティします >>