おんなトーク。

だいぶ時間がたってしまった。いろいろココロの葛藤(主に仕事のこと)があったり、なんだか悶々としていて、かといってあまり仕事のことはかけないし。

というフラストレーションの期間がようやく終わった、と思う。

7月くらいからいろいろ環境がかわり、政治がかわり(あ、本当の政治もかわったしね)、外国勢力との外交スキルが交錯したり、とあわただしかった。何よりも、その状況を、ぶっちゃけることができなかった状態にフラストレーションを感じていた。

が、

先日、ブログでもおなじみの、元同僚のYury嬢との4時間くらいにわたる会話で、なんだか救われた。社会人1年目の同僚って、本当に宝。といってしまうと俗っぽいのだが、本当にそう実感した夜だった。この時のDNAレベル?というか種類というか、その目線で今の状況をシンクアップでき、客観的にも意見をいえて、でも、お互いの存在をとても素敵に思う。単に、仕事目線だけじゃなく、女としての生き方や、物事の捉え方、選択の仕方。

感情と理性のバランスがちょうどいい。(男性パートナーや同僚と話すと、この理性だけにやや偏りがちなのと、彼らがうまく感情の出し方がわからない場合などは変にこっちがオトナにならなきゃならないし、問題に巻き込まれるので面倒くさい)笑)

というわけで、台風がさって、ぱーっと晴れた感じを久々に味わうことができた。

Yury嬢、本当にありがとう。
日本酒ネタも続くわよ。笑)

by mikisnet | 2009-10-30 12:22 | ひとりごと  

<< 着物がはえる街、神楽坂 33歳の誕生日パーティ >>