渋谷区立図書館 ベビー絵本も洋書もWeb予約も

出産すると、「区」単位のつながり?が強くなる、と書いたが、地域の区のサービスとして、新鮮に感謝したいのが、図書館。渋谷区の図書館、最近新しくなったりしたのも多く、本当にキレイで、何かと使える。

ベビーができて、最初のころは、子育て本やら絵本やらをアマゾンで買いまくっていた。が、ふと、いちいち買うのももったいない、と我にかえったので(笑)、よく利用するようになった。というより、なんで、もっと前から利用しなかったのだろう、と純粋に後悔している。苦笑。

よくいくのは、臨川みんなの図書館。恵比寿から広尾の中間の明治通りちょっと奥にある。児童書コーナーが結構使える。よみきかせなどの活動もやっているらしい。去年5月にリニューアルした神宮の中央図書館が一番大きく、洋書も多い。こちらはいいけど、交通の便が悪く・・・なんて思ってたら、渋谷区内はWebで予約・(近所の図書館まで)取り寄せてくれるらしいので、感激。返却ももっと近くにあるブックポストに返せばいいので、こちらも助かる。セルリアンタワーの近所にできた最新(2010年11月オープン)のこもれび大和田図書館もキレイでいいらしい。

新米ママは本なんて読む暇ない、と言う人もいるだろうけど、私は最初のころのストレスまみれのとき、なかば「現実逃避」の手段(苦笑)として、東野圭吾や宮部みゆきなどの推理モノを育児合間に読みまくった。今は、もっと前向きに、育児の本やら絵本やら(英語の絵本も結構充実している)を借りるようにしているけどね!

高い住民税、払ってるし。これは使わにゃ、そんそん。

by mikisnet | 2011-10-24 16:45 | ベビー  

<< 駅のエレベーター利用 恵比寿でベビーとお出かけ >>