職場復帰に向けて、保育園探し。

早いもので、出産後もうすぐ半年。つまり、1年のお休み(産休+育休)の半分まできたというとこか。うちのコは5月生まれなので、ちょうどよく、4月からの復帰を考えている。今のところは・・・ね。

産む前からなんとなく、あたりをつけていた保育園探し。待機児童問題、なんかで、世間を騒がしているこの問題だが、いざ自分の身にふりかかってみてはじめて深刻さと大変さを思い知らされる。(遅い?)なんとなく、どっか入れるでしょう、なんて呑気な構えでいたことも大きく反省。実際に、保育園を見学したり、面接したり(!)、はじめると、急に現実味を帯びてくる。一方で、うーん、流石にこれじゃどこでもいいやってわけにはいかんでしょう、といった「選ぶ立場」の目線も厳しくなってきちゃう。

選択肢としては、
①区立の保育園(0歳時OK、というところに絞られる)
②区内私立の保育園・施設(認証とか認可外とか)
③職場近くの私立保育施設
④インターナショナルプリスクール
⑤ナニー(ベビーシッター)

①も、通える範囲で0歳時OKだと、2園しかない。かなり人気が高く、すでに40人待ちとかいう噂。今年の渋谷区の出生人数は増加した、ということ(区役所の人いわく)だから、もっと大変では、というヨミ。また、渋谷区の場合、かかる費用の、収入による課金テーブルの差が結構大きく(渋谷区は安くて有名、ということになってるが、それは課金テーブルの最低ラインのことだけ、そのあとの上昇額も結構大きい)同サービスでこの差は大きすぎない?とか単純に思ってしまう。なんて、言ってる場合ではないのかもしれないが。

②は千差万別。って当たり前だけど・・・枠も少ないし、①に入れないところの受け入れ場所みたいになっているので、やや詰め込みみたいな気がするところも多い。実際に訪問してみて、一瞬で、「あ、すみません。もう結構です」と後ずさりしたところもあり・・・。苦笑)

③は、最後の手段?かな。最近は、企業内にデイケアがあったりする革新的なところもあるみたいだけど、うちはそれは望みすぎ?、かな。

④これも、基本は夫婦での訪問、なんかが基本になって、審査(?!)プロセスがスタートするみたい。紹介制度が重視されるので、夫のセンから順に予定をたてて様子をみてるところ。災害後、外人の帰国が相次ぎ、インターナショナルスクール経営事情も結構大変みたい。閉鎖されたところや、9割日本人とかいうところもあって、インターナショナルとの冠があやしくなってるところもあるとかないとか。いずれにせよ、インターナショナルプリスクールは、母親が働いていない(?)か、ベビーシッターがいるもの?が当然なのか、2時とか3時で終了するのが基本。そのあとは別料金で、二次保育をしなければならない。あと、基本的にめっちゃ高い。笑)

⑤いっそのこと、しばらくフルタイムベビーシッターを雇うか?これも、あまり周囲に先例がないので、迷うところだ。これも、日本のサービスを活用するか、それともフィリピンとか英語圏の人にするか。

というわけで、いろいろ、ともかくいろいろな可能性と方向性考えて決定しなければならないことがたくさんありすぎて・・・現実逃避したくなってきてるわけであります。Wish me luck...please.

by mikisnet | 2011-11-11 18:32 | ベビー  

<< 母の友 アンドロイドアプリ >>