「神様の食べもの」=テオブロマ

バレンタインの季節。私と米国人の彼は日米の習慣を両方楽しむことにしている。私がチョコを贈り、彼からは花をもらう。チョコ好きな彼の一番のお気に入りは渋谷の「テオブロマ」。ギリシア語で神様の食べもの、という意味であるらしいこちらのチョコは、日本製。この季節になると有名海外ブランドが軒を連ねる各デパートの特設コーナーでも負けじと人気を誇っている。今年はカフェつきの本店へ足を伸ばすことに。
e0025789_1015732.jpg

突風が身をきるような寒さの中、渋谷から遠い道のりを歩く・・・。ホットチョコで温まれると勇んで踏ん張ったものの、バレンタインの異常な在庫数でカフェ自体は一時閉鎖に・・・。泣)仕方なく、チョコを数種購入し、30分近く?待たされた会計を終えてようやく帰宅の途につく。今年初挑戦のオレンジは、全然甘さがない、大人の味で大感激。全般的にカカオをふんだんに使った「ビター」で品のある味がすき。

by mikisnet | 2006-02-12 16:04 | 食事全般  

<< Nha Viet Nam ベトナム館 SKY @三井ガーデンホテル銀座 >>