りん@恵比寿

寒暖の差に振り回され、若干体調不良の状態だが、今宵のWデートへ向う。米国から数ヶ月前に来日したご夫婦。彼の大学時代友人つながり、だそう。住まいも代官山で、ウチとは徒歩圏内ということで、中間あたりの和食やを選択。駒沢通り沿いにある隠れ家、地鶏屋りん。居酒屋経験も浅いお二人に鶏わさ、焼き鳥、つくね、等をご披露する。日本にうぶな外人への説明・・・。20歳前半はよく精力的にやったなぁ、等と若かりし日を思い出しながら、今では手短に簡素に省略している自分をちょこっと反省。

幸い、日本酒はまぁまぁイケルくちらしく、4人で全国各地の地酒を注文し盛り上がる。奥様は主婦生活にも慣れてきたようで、そろそろ遊びたいといっていた。異国の地に初めてきて、外人中高年奥様達だけに囲まれた生活も、どうかと、勝手に心配してしまう。

日本で春は出会いと別れの季節の象徴。年明けから春にかけては、海外からの駐在員の進退や移動も多い時期なのだ。多国籍な友人作りには「いずれ帰ってしまう・・・」という期間の制約が常についてまわる。しかし、だからこそ、この瞬間、この土地で一緒に楽しめる、ということへの不思議な「ご縁」を積極的に受け止めたい、と思ってきた。もちろん、これからも・・・。

by mikisnet | 2006-02-23 21:27 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

<< 日本の美 世界のスターへ 久々の英語プレゼン >>