久しぶりのNYと出会う in 新宿

東京のある一部の場所は、たまに「日本」ではないことが、よくある。例えば、広尾の「NATIONAL AZABU SUPERMARKET」、六本木ヒルズの「HEARTLAND」、「Virgin Cinema」、恵比寿の「Good Honest Grub」等など・・・。e0025789_1942089.jpgここ NY BAR と名づけられた新宿パークハイアット52階にある一所も、「日本」を忘れてしまう場所の代表格。本場アメリカからのジャズミュージシャンの演奏が惜しげもなく奏でられると、目下に広がる「東京夜景」も、なんだか違ったものに見えてくる。「東京」ではない、「TOKYO」だ。高級ホテルが続々と建築・開店する中でも、ココを特別にさせているのは、このバー(&グリル)の存在かもしれない。昨今では、「Lost in Translation」という映画の舞台となったことが、米国人の興味を倍増させているという。

先週金曜日、久しぶりにこの「NY」を訪れてみた。DCからの来客の最後の夜、ちょっとリッチに「TOKYO」を、ということで。お一人様、カバーチャージ2000円+サービス税10%、ドリンク1800円代~。手放ししてオススメしたいところだが、利益追求に走っているのか、混みすぎ具合とそれに付随するサービスの遅さが微妙にポイントを下げてしまった。それも含めてNYスタイル、ということで許すことにしよう・・・。

ちなみに、このバーでは、各国のParkHyatt特製のカクテルが用意されている。シトラス三昧の「ParkHyatt Sydney」をお試しあれ。

by mikisnet | 2005-07-25 18:53 | 食事全般  

<< 「最優先」との出会い ~山本文... 美容効果も超微細な技術との出会... >>