Something Blue

二次会風、結婚披露パーティ@レストラン R 恵比寿。テーマは「Something Blue」。ヨーロッパの伝統で、花嫁が身につけると幸せになるといわれている「Something Four(4つのもの)」のうち、挙式当日私が身につけていなかったのは「Blue」。それが、今宵のドレスコードでもあり、全体の共通基盤としてみた。そこで、「青」へのこだわりをいくつか・・・。

1.青いブーケ
一番の力作。「青い花は稀なので、メインには不向き」と花屋に冷たく見放され・・・こだわり続けてたどりついたのが、「バラ市場」というインターネット店。特殊な液で染め上げる手法で見事な「青」を演出するオランダのバラ。これらを切花で購入し、いちかばちかでブーケを(初挑戦で)自作してみることに。ブーケ台は東急ハンズ、アクセントの「白カラー」と、その他緑の花材は近所で購入し、いざ。ってかなり最高の仕上がりに!(自己満足♪)

2.青いバラのヘア飾り
上記バラをメインにしたヘア。挙式当日はティアラにあわせ「キリリとエレガント」路線だったので、今宵は「ふんわりロマンチックアップ」に。ヘア用ピンへの加工も自分で・・・。

3.ベストドレッサー賞
テーマにふさわしい、「ベストドレッサー」を男女1人づつ選択。賞品は、ジバンシーのタイと、ブルガリの「BLUE」(香水)。女性陣のそれぞれのブルーファッションショー?がメインイベントでもある。カメラマンには事前に彼女たちの「全身ショット」を必須とする旨、堅く依頼しておく。

4.ブーケトス
トスではなく、トランプを使った「ブーケDraw」スタイルに。シングル女性があらかじめ引いたトランプのマークで「something blue」の賞品があたっていく。最後に、「次に結婚できる」というブーケの贈呈へ。笑)ひまわりと青い小花を散らしたオリジナルの花束。

5.受付まわりの小物
ブーケと同じ「青いバラ」の花びらを散らし、青いキャンドル、青い小物たち・・・。yukari、sagimon、Kちゃん、Tちゃんのセンスで煌びやかな「エントランス」に仕上げていただく。(映像は手に入り次第UP予定。)

晴れ女パワーが発揮できず、一日中しとしと続く雨降りの中、60名を越えるゲストにお越しいただきまして、大変和やかなパーティができました!まことにありがとうございました。なお、挙式当日の映像をDVDにしてくれたT君、二人の生い立ち写真をまとめてDVDにしてくれた(かつ、急遽司会まで!)Glenelg Girl様、最初から二次会まで対外交渉に挑んでくれた幹事のMasami、受付&影幹事のyukari様、そのご友人のsagimon様、生演奏とプロ級の歌唱力を披露してくれたR嬢とN嬢、本当にありがとうございました♪

by mikisnet | 2006-05-27 23:52 | Wedding  

<< ドイツ三昧 事前会議 >>