関西流おもてなしとの出会い ~活伊勢海老づくし~

寿司、懐石もイマイチ決定打に欠ける。なんか衝撃を受けるとっておきのレストランはないか?・・・友人からの課題をふと思いだし、ここで一つ提案する。まずは次のリンクよりHPを参照してもらいたい。大阪梅田からやってきた活伊勢海老料理専門店「中納言」。

トロより、フォアグラより、神戸牛よりも「海老」が好きな私にうってつけ、外国の友人にも受けるのでは・・・ということでまたも前述(韓国宮廷料理「南漢亭」)の上司に紹介(ご馳走)してもらう。訪れたのは、銀座店。お一人様税込み10,500円の「伊勢】(いせ)コース。オススメポイントは以下の3つ。

1.これでもか!伊勢海老、伊勢海老、伊勢え・・えび・・・。
2.ちぐはぐだが、味のある「洋風」インテリア
3.金曜日・銀座なのに当日OK?


e0025789_17271269.jpg

サラダ仕立ての真っ赤な半生の伊勢海老に続き、注目の「活きづくり」は圧巻!七変化するその甲羅質(肌質)・色・食感もかなり堪能できる。神戸の会社だからだろうか、「どこか明治・大正時代の港町」を彷彿させる洋風な(横浜・神戸風な?)インテリアと銀座というロケーションのぎこちなさがまたよい。駅から徒歩2分程!だが金曜の夜なのに平日風情を催す・・・つまり結構空いている。いざという時の「接待」隠しネタとしてもいいのでは?HPのトップ映像といい、ある意味パンチのあるレストラン。関西流のおもてなし、一度はいっておきたい。

by mikisnet | 2005-08-08 17:06 | 食事全般  

<< 爆発的感染と出会いたく。 ~T... アボリジニー的「特効薬」との出... >>