東京コスモポリタンライフ

皆様は、「コスモポリタン・シティ」と聞いて、思い浮かべるのはロンドンだろうか、ニューヨークだろうか。それともシドニー、バンコク等?要は、いろんな民族や文化等が混ざり・融合し、発展しながら一つの都市としてユニークな「文化圏」を形づくっているところだろう。

東京は果たして、コスモポリタン・シティなのか?これは私にとって永遠のテーマである。笑)遊び方、生活の仕方によっては、東京は国際色が強く、一部の場所にいけば、パスポートの不要な世界旅行だって簡単に体験できてしまう。と、同時に、英語を中心に外国語を操る人達(いわゆる外人)の社会がかなり狭いものだということは、中にいる人間ほど痛感しているはず。特殊な環境の特殊な状態の特殊な興味を持つ人間のネットワーク。そんな世界にあこがれて、そんな世界を謳歌して、グローバルな環境にいる人間たち。

しかし、ふと客観的にみてみると、メインストリームであるその外の世界との乖離を感じずにはいられない。要は、コスモポリタン・シティとしての要素は多々あるが、うまくブレンドされていないような気がする。自国の文化とアイデンティティーを保ちながら、国際人が住みやすい世界都市になるためのバランス感覚を模索していかなければならない。

by mikisnet | 2007-05-18 20:28 | ひとりごと  

<< スイスと日本 2007初ビアガーデンと吟醸バー >>