Typhoon Night with ジョーンズとコッポラ

「台風直撃」というニュースのおかげで、定時に引き上げるサラリーマンのなんと多いことか。私もその波にのって足早と帰宅の途に着く。基本的に「晴れ女」の私としては、雨には浮かれない性質(たち)であるが、台風ともなると話は別。不謹慎ながらも、少し「わくわく」する子供心の存在を否めない。そんな夜に映画とワインは欠かせない。

●映画:ブリジットジョーンズの日記「きれそうな私の12ヶ月」
要は、続編。わかりづらくて、イマイチな邦題であるが、ラブコメおたくの私が観ないわけにいかない。e0025789_1028225.jpg前作との大きな違いは「彼」の存在。シングルの淋しさとは違い、「二人」だからこその、ジレンマ・淋しさ・葛藤が彼女を苦しめる。そんな中でも健気に「がんばる」姿にかなり共感できる。彼女と彼の会話や「間」に、何度「そうそう、そうなのよ!」とエール(時には涙)を送ったことか。ラブコメの王道をいく、そんな気分に浸りたいときにはオススメ。前評判よりかなり良かった、と思う。


●ワイン:フランシス・コッポラ・ダイヤモンドシリーズ・ジンファンデル '02【赤】
映画には、映画っぽいワインを。e0025789_10334484.jpgコッポラシリーズは、私の彼がこのワイナリーへ訪問して以来の、我が家のお気に入り。どれもはずれがなく、美味なのでよく購入するが、このジンファンデルは初。リンクのHPによると、アメリカワインコンテストか何かで5つ星を受領したとか。まろやかで、適度な重さと適度な渋みで、ともかく美味しい。
補足:これを購入した酒屋さんの店員さんが、おまけのグラスを3つも「内緒」でくれたので、「ここをMy酒屋にする」とかたく誓った、またしても単純な私でした。

by mikisnet | 2005-08-26 10:11 | 食事全般  

<< 夜風に吹かれて晩夏の散歩 in... NEW立ち飲みバー@恵比寿 >>