神楽坂 かみくら

神楽坂ブーム、というのは去ったのだろうか。私の神楽坂イメージは、父の接待に便乗した「1日1組限定」超高級料亭と、神楽坂上にある父の行き着け「カラオケスナック(?)」。それから、これも父と度々行った「カナルカフェ」。最近は、フレンチブームなので、日仏学院などのイベントや、フランス料理ネタくらい。

今宵は、「和とフレンチの融合を、隠れ家で味わえる、究極の神楽坂っぽいレストラン」に行ってみた。袋小路のような小道にひっそりたたずむ「かみくら」。よくある高級料亭っぽい見かけだが、お食事は「箸で食べるフレンチ」。個室からみえる庭もとっても素敵で、「外人」接待にもかなりつかえそう。
e0025789_1147135.jpg

御値段もぐるなび等を使って、コース5000円などもあり、そこまで高くない。ワインもしっかり全世界のバラエティがそろえてあり、満足できる。御料理のプレゼンテーションは、和の感覚もちりばめられ、味もあっさりめ、だと思う。使えるレストラン。この近辺には、噂どおり個性あふれる御食事どころがいっぱいで、興奮する!うふ♪

by mikisnet | 2007-10-29 22:40 | 食事全般  

<< 着物の受け継ぎ。 ここはどこでしょう。 >>