冬の白金散歩

椅子のある風景。
e0025789_1654490.jpg

(2008年 冬 成人の日 夫撮影)

いい加減、「家でぐーたら」にも飽き飽きしてきた、連休最後の日。恵比寿から、目黒経由で白金エリアを散歩した。歩いてみると、普段はみつからない「隠れ家」バーやカフェなどをみつけたりして、結構おもしろい。12日~14日までしか開いてないアールデコの館を堪能する。ここ、東京都庭園美術館は、都心とは思えない趣のある佇まい。季節の自然と、アート、優雅さと文明をミックスして味わえる、オススメのスポット。
e0025789_16593477.jpg

自慢の日本庭園も、枯れ木と落ち葉が乱雑にふたをする池も、「ものかなし・・・」。これを、あはれ、といったのね。なんて古文の世界にすら入っていける。
e0025789_1751745.jpg

この美術館は、別名、旧朝香宮邸。1925年にパリで開催されたアール・デコ博覧会に感銘を受けた朝香宮鳩彦(あさかのみや・やすひこ王が、 フランスの建築家アンリ・ラパンに依頼して建てた住宅。戦後の一時期、吉田茂外相・首相の公邸や、国の迎賓館などとして使われていたらしい。ノーブルでレトロな感じが心地よい。
e0025789_17144531.jpg

料亭「金田中」が手がける和カフェ「cafe 茶洒 kanetanaka」もオススメ。
e0025789_17202652.jpg

流石白金エリア。周囲は外国の人が多くて、ちょこっと異国感覚も同時に楽しんで。

by mikisnet | 2008-01-16 16:50 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

<< ターミネーター復活 ダブルダブル、プラス1。 >>