バレンタインからみる日本のコミュニケーション

Happy St Valentine's Day!
チョコに加えて、本日はちょっとしたギフトを夫に渡し、朝からちょっとロマンティックに演出。笑)会社も、チョコの話題でもちきり。ギフト交換などもあり、多少うわっついたところがお祭り気分を盛り上げる。

日本に馴染みの無い仕事海外ゲスト達に、日本スタイルのバレンタインを説明しながら、ふと考えた。日本では女性がバレンタインに能動的に愛を告白して、1ヶ月後のホワイトデーに男性が答える。これって日本人の一般的なコミュニケーションスタイル(および、課題?)をうまく表していると思う。ポイントは①一方的(双方的ではない)、②時間がかかかる、ということ。笑)

国際結婚の私たち、アメリカ流「(一般的に)男性が女性にもてなす」か、日本流「女性だけがチョコをあげる」か、どちらのスタイルをとっているかよく聞かれる。答えは「両方いいとこどり」。ということで、お互いが好きなふうに盛り上げる。夜、夫と合流したのは「カフェHEAVENS」。結婚式の夜に親しい友人たちと二次会をしたところ。その後もたびたび使わせていただいている居心地のよいカフェ。フランス語レッスンの後だったので、深夜に近いスタートだったが、こういった思い出のところで、スマートにカジュアルに、でもきちんとお祝いをしていく。双方向的に、そして、その日のうちに・・・。ね。

by mikisnet | 2008-02-14 16:57 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

<< カラオケ倶楽部 差し色は黄色。 >>