紹介する、ということ。

AWキッチン、といえば中目黒なんだけど、今宵はエグゼクティブ専門ヘッドハンターK氏と、そのお仲間と、私の仲間で青山のほうでお食事会をした。元同僚P氏からのご紹介で、出会ったK氏。その後もひょんな縁でauntieyoko嬢の旦那様とも仲良くなったらしく!その彼女の結婚式で再会した。そこで、また意気投合?、今後もいろいろお食事会をやっていくことになった。笑)

やっぱり、人商売の環境にいる彼、そして彼らは、とてもマナーがよい。

先日中目黒のM嬢とも話していたのだが、人の紹介、というものに対して、とても失礼な態度をとる人が昨今多い、ような気がする。別に、紹介したからといって、ヘッドハンター業界のようなコミッションをとるような金銭的・物理的な「お礼」なんていらないが、せめてもの礼儀ってのはあると思う。もちろん、私も100%完璧にその礼儀ができてるかといえば疑問ではあるが、でも心がけは人一倍あるほうだ。(紹介されるより、するほうが圧倒的に多いので、その分、若干イヤな思いも多いのかも)

とても繊細でかつ些細なところではあるけれど、どんなレベル・種類のの紹介であっても、そのきっかけがなければ何もはじまらない、そのことを理解して尊重することってとても貴重だし、重要だ。その紹介元の人にずっと「お伺い」をたてなきゃいけないかってそういうことでは決してないのだ。でも、何かニュースがあったら、一応早めに伝えるとか、ひとことお礼までなくても、連絡ぐらいは先にするとか。後から他から聞かされたり、そもそもその人なんていなくても、ことが運んだかのように自慢されたりされたら、やっぱりどんな人でも「え?」って思うだろう。

友達同士、知人同士、そのつきあいの濃さや薄さにには関係ないと思う。濃ければ濃いでもっともだと思うし、軽ければ軽いで、やっぱりそれなりの礼儀はもっと必要だと思う。

というわけで、私も改めてわが身を振り返ろう。定期的に、自分の周囲の人々を俯瞰して、それぞれの関係性と出会いに対して、関与してくれた人に感謝していこう。

P君、K氏を紹介してくれて、本当にありがとう。K氏、今回のお食事会のアレンジありがとう。今度はみんなで飲みましょうね!

by mikisnet | 2008-09-03 20:18 | ひとりごと  

<< 政治ってなんだろう ジムライフスタート >>