東京一、日本一、いや、世界一のバー。

大使館でのワイン漬けを終え、六本木ヒルズでの「gene ~連綿とつながる記憶~/ときの刻み」を垣間見て、最後にむかったのは銀座。プレ誕生日のお祝いに、夫と銀座をぶらぶらしてみた。

H&Mのオープン(どうして、銀座にまできて、LVのバッグをもって、お洒落しまくりで、あんなに安いモノに何時間も並ぶんだろう。日本って不思議だ)、の影響ってすごい。サブプライムで金融機関が破綻する中、インフレや不況が騒がれる中で、銀座のあの活気といったら、「あれ?」という感じ。実際、小売店舗いわく、購入に結びつく率はかなり減って、やっぱりビジネス的にはヤバイ、というコメントが(銀座の店長さん)あったが、人の群れを見る限りはそんな感じはない・・・。

歩きつかれたところで、「世界一、美味しいマーティーニ」を提供することで有名なバーへ。夫はすでに数回訪れてかなりハマっており、東京一、日本一、いや、世界一だ、といいはる。銀座や赤坂・六本木などの有名マーティーニバーを比較した上での結論だとか。彼のロイヤーネットワークでもかなり定評で、日本語アヤシイ外人もひそかに通っているらしい。(そう、特にNYの人ってマーティーニに、こだわるんだよね。なぜか)

ものすごい期待値と前フリにもかかわらず、本当に美味しい。しかもすべてが超プロフェッショナル。私にとっての試金石は、「コスモポリタン」なので、もちろんこちらもチェック。これが、また素晴らしい。今シーズンでこそ、映画Sex and the cityの影響で普通のバーでもコスモポリタンをオーダーできるが、いまだにその起源は謎だとかで、世界中でのレシピも確定していないとか。流石、大人の町、銀座だわ。

で、さらに普通にオーダーできる、「カルボナーラ」がこれまた絶品。バーなのに、たらふく、パスタなんて食べられちゃうところと、おもてなし具合がパーフェクト。

by mikisnet | 2008-09-27 23:18 | 食事全般  

<< 来年もお祝い三昧! 南アフリカワインチャリティパー... >>