最後の東京はリッツで、日米コンカツ比較

IT企業エグゼクティブのおじ様の最後の夜は、やっぱり六本木で。彼がITバブル時代に日本を訪問したときのあまりにも贅沢すぎる(ばかばかしい)接待の裏話や、日本バブル世代との宴会思い出話などをシニカルにつまみにする。せっかくだから、「観光地化」している?リーマンブラザーズの墓石をみながら、彼が知る時代にはなかった六本木ヒルズを散歩。

Mado Loungeでフライデーカクテルか、と思ったがプライベートイベントのため入場できず。というわけで、ミッドタウンにあるザ・リッツ・カールトン東京の45階「ザ・ロビーラウンジ&バー 」へ移動。
e0025789_17371070.jpg

なかなか飲みやすいコスモポリタン片手に、話す話す、でなんと気が付いたら6時間も。ジェネレーションGAPの話、日米での女性キャリア事情(ワークライフバランス)の比較、大統領選挙、IT企業の軌跡と斜陽、経営の舵取りのハナシ・・・を経て、最後は彼の娘さんたちの「コンカツ(結婚活動の最近の略語ね、)」でさらに盛り上がる!!!3人の年頃独身娘さんをもつ彼の父親としての悩み相談?だったわね。笑)

by mikisnet | 2008-10-10 21:24 | 食事全般  

<< レトロな喫茶で考える、私のオムレツ。 newtonica party >>