創り上げる、カリスマとともに。

CNNもBloombergTVも、BBCまでも、ここ数週間、OBAMA, OBAMA, OBAMA特集!!そう、今日の日のため。そして、ついにやってきたInaugural of Barack Obama。さすがに午前2時のライブでは聞けなかったが、スカパー頼みの録画で、一部始終をみておいた。

まずは、あの寒そう~、なワシントンに200万人!!も集まったところに加え、国をあげてのお祭りムードにも圧倒された。そして、極めつけは「期待を裏切らない」カリスマ性の高い、演説ぶり。アメリカ国民じゃないけど、なんかじ~ん、ときてしまう。

「・・・・For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace. 」

このパートでは、感慨深いものを感じた。これぞ、アメリカって感じのボルテージがあがる部分ではないだろうか。アメリカってやっぱりかなりイケテないところもあるけれど、こうやって、「国を創り上げていく」意思をはっきり表明、共有し、前につきすすもうとするパワーはやはり凄いな。グローバル化するこの世の中での「愛国心」というモノ、を改めて考えてしまう。

と、同時に「あ、そう」なんて、ぬるま湯につかった感じのわが国のトップやそのスタイルとは、レベルが違いすぎて、悲しくなったりもする・・・。

by mikisnet | 2009-01-21 21:41 | ひとりごと  

<< 2009年はアンチエイジング MONOCLE ~親日コスモポ... >>