カテゴリ:恵比寿ネタ(主に食事)( 123 )

 

Tight & Quatre Cafe 渋谷

恵比寿の、Neuf Cafe (9)、中目黒のHuit(8)、代官山のeau cafeと、かなりテイストがお洒落なフレンチカフェの渋谷店にいってきた。旦那の誕生日の今日だが、本人はドイツで行方知れず・・・というか出張長引きまくりでいつ帰国かも未定・・・。

というわけで、同僚のお兄様たちの誘いをうけて、まずは、「渋谷ののんべえ横丁」の隠れヒップバー(?)TIGHTで一杯。

ここは、2007年New York Timesで、「Hidden Tokyo」という記事でとりあげられてからというもの、外人にもかなり大人気。わが社の外人軍団も結構いってるらしい。うちの旦那も英国人J氏も、ここと一緒にとりあげられたPiano Barとあわせてよく通っていた時期があった。笑)

と、そのあと小腹がすいたので、同僚H氏がオーナーと知り合いだというカフェにつれていってくれた。それが、なんとQuatre Cafeだった。Neuf や、Huitとなんかつながったところが、非常に勝手に超うれしい!

渋谷もなかなか、開拓の余地がありそうだな。ひさしぶりに朝まで「飲んで」しまったわ。

by mikisnet | 2008-12-12 18:09 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

土火土火 西麻布

パーティの前に腹ごしらえ、ということで、西麻布交差点から少しおくに入ったところにあるビストロ「土火土火」へ。
e0025789_17103634.jpg

古い民家のつくりと、シャンデリアの豪華さがかなりいい感じで融合していて、即お気に入りに。笑)IQE嬢と一緒だったので、なんとなく日本酒系、和食系を探してぷらぷらしていたところだが、素敵なたたずまいにノックアウト。店名を聞いて、有名なビストロダルブル、系列であることを思い出す。恵比寿のビストロ・ダルブル / 分土火、はちょっと期待はずれだったけど、こちらは本当にたたずまいが素敵でおすすめ。

グラスワインもいろいろ飲み比べしながら、隠れ家系エステブティックに対するマーケティングプランなどを考える。IQE嬢とほど、酒の趣味とスタイルがあうコはいない。無二のお酒パートナーだわね!と盛り上がりながら、次の会場へと移動する。夜はこれからだ。

by mikisnet | 2008-10-09 15:06 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

恵比寿駅前盆踊り大会

やってきました、夏の象徴。太鼓と櫓(やぐら)と、ぴんくのちょうちん。
e0025789_17245839.jpg

恵比寿が好きな理由のひとつに、こういったローカル度の高いお祭りがあること、なんだよね。今年も西口駅前のロータリーに、アツい踊り場ができた。

我が家を、事務局?に、今年は8人の女子たちを集め、皆で浴衣で参戦した。auntieyoko嬢の温かい「着付担当」のオファーも頂き、豪華で優雅な浴衣姿(自分でいうな?笑)で、恵比寿音頭を踊りまくった。昼から飲んでるビールやシャンパンがいい感じで体中にまわってきて、かなりの熱気にまみれて、真夏の夜を堪能したわ。ビバ、恵比寿音頭♪

by mikisnet | 2008-08-02 23:22 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

時の間、やっぱり使える

前日のはりマッサージで、やたらとエネルギーを得たからだ。まずやっつけたいのは家事。徹底的な掃除と洗濯。

と、そこへ、英国デザイナーJ氏が遊びにやってきた。また、夫の大学時代の友人で、今は日本研究をしているというハーバード博士もやってきた。ふぅー、掃除して綺麗にしておいたかいがあったかしら?!笑)しばらくデトックスで断っていたアルコールも、気の流れとともに復活させ、笑)4時くらいから、男連中と一緒になって飲んだくれてしまったわ。

外人和食カジュアルディナー、といえば、ここ。恵比寿コンツェの『時の間』。日本酒も豊富だし、本当に使えるのよね。気軽さと、美味しさと、リーズナブルさと、綺麗さと。バランスのよさは本当に嬉しい限り。日本酒はちょっと・・・と遠慮する彼に、『ききざけし』としての本領発揮?か、半ば強引か?季節のお酒を順序よくセレクトし、『こんなに美味しいとは思わなかった』といってもらう。うふ。

by mikisnet | 2008-07-05 18:53 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

恵比寿×新橋のコラボ

恵比寿のいいところは、「お洒落度・国際度の高さ」と「なんか懐かしい下町度との融合」であるとおもう。住みやすい上に、日本のコスモポリタンタウンの代名詞として絶対に飽きがこないのはそんなバランスのよさがあるからだ。

そんな矢先、とってもいい特集をみつけたので紹介する。
「恵比寿なのに新橋みたい」—連日盛況の新飲食空間
13店が相乗効果を生む「恵比寿横丁」全ガイド

e0025789_1657670.jpg
(写真は同コラムより拝借)

私が愛読する「渋谷経済新聞」のコラムだ。残念ながら、まだ実際にチェックしにはいけてない。誰か探検につきあってくれるかしら?笑)

by mikisnet | 2008-06-30 16:52 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

California Restaurant C’zon シゾン

恵比寿に住んで、渋谷で働く。広い東京、なんとも狭い行動範囲だが、仕方ない。近いうえに、魅力的なエリア。毎日いろいろめぐっても楽しいことはつきない。素敵なお店はつきないもの。

そんな恵比寿の街角で、会社の同僚と、T嬢とまたその同僚と、食事会をすることになった。カリフォルニア帰りの私達、もう少しその余韻にひたろうと、ナパワインを堪能するべく選んだのは、こちら。「California Restaurant C’zon シゾン」。
e0025789_13355572.jpg

(写真はぐるなびHPから)落ち着いた店内は、カリフォルニアワインが豊富。「なんちゃって、カリフォルニア料理」ではなく、ビストロ風のきちんとした料理が出てくるので、安心。途中から急遽加わってくれた、R嬢、ありがとうね!

と、そこへひょんなことから別の同僚グループにばったり遭遇・・・。お互い、渋谷・恵比寿が行動範囲とはいえ、すごい偶然。うーん、悪いことはできないわね。笑)

by mikisnet | 2008-06-26 13:29 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

ル ビストロ パッション 代官山

7月に結婚式をする友人と、その幹事仲間たちと、顔合わせ・打ち合わせ。会場に選んだのは、本格派だけどリーズナブルな「ル ビストロ パッション 代官山
e0025789_1847299.jpg
(写真はお店のHPから拝借)

ダックコンフィ、をちゃんとチェック。ご自慢料理だけあって、すばらしいレベル。私が一番大好きなポブイユがいまだにNo1だが、お値段を考えるとここのランチのほうが断然おとく!そうして、やっぱりワインがすすみ、皆がそろうまでにはかなり酔っ払ってしまって、打ち合わせ内容も、ゆるーい感じに。笑)楽しみだわー。

by mikisnet | 2008-06-22 15:43 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

揚げプリン。自由が丘のセレブプリン

無添加で、名古屋コーチン仕様。ヘルシーで濃厚なプリン。雑誌やTVでもかなりとりあげられているみたい。自由が丘では超有名店らしいこの「ケミュ」。恵比寿の家の近くに、いきなりオープンしてた。商標登録してある「揚げプリン」や、看板商品ケミュプリン、人気No2の白プリン・・・。
e0025789_13213131.jpg

スィーツは基本食べない私だが、プリンだけはなぜか別格。たまにムショウに恋しくなる。しかも、甘すぎない大人な味なら、なおさら・・・。笑)白プリンが私のお気に入り♪
(写真は、ケミュのサイトより拝借)

by mikisnet | 2008-05-22 13:14 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

オープンテラスでランチ@da IVO ダ・イーボ

グレイな日々が続いた4月もあと数日で終わり。世間はGWに突入する。今日はうってかわって、最高の散歩日和。禁酒生活でなにかと、くさくさしていた気分をとっぱらうべく、お気に入りのイタリアンへ向かう。欧米の外食事情と比べると、圧倒的に『外テラス』が少ない東京。恵比寿界隈の素敵なレストラン群でも、オープンエアを気軽に楽しめるところって、意外と少ない。

恵比寿から広尾に向かう、明治通り沿いにある『da IVO(ダ・イーボ)』は、その数少ないところのひとつ。緑色に染まった桜並木を目前に、通行人も邪魔にならない程度の数。ワンちゃんたちや、広尾近辺に住むインターナショナルな家族などがとおりすぎていく景色は、とても和やかだ。

恵比寿界隈オープンテラスでランチがおすすめなところ
(他にいいところあれば是非教えてください!)
●da IVO
ポルセッコ
●Le Lion(プラスチックな壁が若干NG・・・)
●シェルイ・カフェ代官山(人通りが多すぎるかな)
ダオルト 中目黒
La Collezione 東京

by mikisnet | 2008-04-29 15:10 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

Junkadelic@中目黒

夫の友人の誕生日パーティ@Junkadelic(ジャンカデリック)中目黒。駅からちょっと離れた隠れ家的なメキシカンレストラン。狭い外人社会の中で、口コミでいかに有名になるか、時々驚かされることがあるが、ここも例外ではない。大抵50%~80%くらいは外人で埋まっている。
e0025789_14212120.jpg

今回の主役はカナダ出身の弁護士R氏。彼の一番のお気に入りという場所が、ここ、Junkadelicらしい。ゲストはほかに、アメリカ、オージー等英語圏のロイヤー達と、そのパートナー。言い換えると、皆Blackberryの奴隷と化して(笑)、常に仕事の電話がはいりまくり、ばたばたしている人々。そんな彼らのココのおすすめは、グアバのFrozon Margarita。禁酒中の私は残念ながら、少しだけ。(一時的に解禁!)もっと健康なときに飲みまくりたい、夏の味だ。

by mikisnet | 2008-04-25 23:07 | 恵比寿ネタ(主に食事)