カテゴリ:恵比寿ネタ(主に食事)( 123 )

 

人を知ろうとしない人。

ほとんどがいわゆるエクスパット(現地駐在員)たち、そして奥様たちという会合に出席した。夫の同伴で来ているだけだが、これほど社交好きな私でも、こういう席は若干、息苦しいこともある・・・。笑)なぜなら、『望んで東京に来たわけではないわ』的なやたらタカビーで自国第一主義な人も必ずまぎれてたりするから。いちいちそれに噛付いて説き伏せるほど暇じゃないし、そういうタイプの人と『話をあわせる』ことも自体もエネルギーの無駄だから。

そういう人は、初対面での会話のなかで、絶対に相手のことについて質問したりしない。えんえんと自分のこと、自分のペースでしゃべりまくる。こういうタイプに限って、また『声がでか』くて話の中心にならないと気がすまない。たまに質問を他人ふっても、それは自分の『自国が一番よ』論理を裏づけるための、一般論を聞くための質問だけだったり。エリート主義の中で自分をがんがん主張することでがんばってきたんだろうけど、社交スキル的には最悪だとおもう。

コミュニケーションは双方向で成り立つもの。相手への関心・質問が礼儀としての第一歩。普段一番気をつけてはいることだが、反面教師的に、今夜はしみじみと感じ入ったわ。

by mikisnet | 2008-04-24 23:59 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

6年ぶりの再会

桜の季節に来日すれば?ともちかけてから早6年。ちょっとしたご縁でスイスに1ヶ月くらい滞在しているときに出会った友人C氏。中国に1年飛び込み滞在したりと、なにかと冒険好きな彼。「大人になってきちんとappreciateできるまで東京にはいけない」と、ある意味かなり日本びいきな彼が初来日した。そう、私の花見パーティにあわせて!笑)

お互いのルックスも若干かわっていることもあってか、某ホテルのロビーでの待ち合わせも戸惑い・・・。しかも、彼の旅トラブルは来日直後からあったようで、なんとスーツケースが届かなかったとのこと!最近新しく拡張オープンしたロンドン空港のシステムトラブルにまんまとハマリ、結局荷物の所在が不明だとか。これから3週間の日本全国の旅、とーーーっても身軽なものになりそうね!笑)

桜が舞い散る中目黒を散策し、恵比寿「時の間」で再会の祝い酒。

by mikisnet | 2008-03-31 19:39 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

恵比寿で独占的花見スポット

この日はこれでは終わらない。やっぱり好きなエリアで飲みなおしたいわね、ということで恵比寿へ移動。先週末から気になっていた「隠れ家的花見スポット」へ。特にメディアに掲載されていないせいか、ともかく誰もいないプライベート感を楽しめる。

恵比寿から広尾に向かう、明治通り沿い
e0025789_1814669.jpg

まだ若い木々だが、満開の桜をつけて、堂々と車道を桜色に染めている。
e0025789_186298.jpg

昨年の2月にY嬢の誕生日パーティをしたスペインバルまで散策する。こちらも意外と空いていて、ラッキー。コーナー席から窓越しに桜街道を見守る。このエリア、小さなバーなども多いので、おすすめ。喧騒を避けて、プライベート独占的にしっぽり桜をみながら飲むには、最高よ。

結局、この日はそれでも物足りなくて、Glenelg嬢たちに便乗し、深夜のBlackListPartyに顔を出す。深夜残業の夫の帰宅にあわせて、一日を終えた・・・。

by mikisnet | 2008-03-29 23:45 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

High School Reunion at ON HOA 恵比寿

高校2年のときの仲良しメンバで、新年会を開催。うち、T嬢の結婚が決まったのもあり、そのお祝いもかねて、6人でランチ。1500円でボリュームたっぷりランチがいただける、ベトナムフレンチOn HOA。昼のプランは、本当にお得で、案の定すでに予約で満席だったらしい。
e0025789_1836263.jpg

12時からはじまって、4時半近くまで。15年近くたっているのに、あまりかわらず・・・。2次の母あり、双子ちゃんのママ予備群あり・・・で話題はやっぱり結婚、子育て、仕事、家族、そして教育費・・・など。妊娠・出産・子育てネタは、(かなり無知な私にとって)本当に参考になる一方で、ますます考えられなくなってきたり。笑)これからもよろしくね。やっぱりあの時代の友達は瞬間的にも長期的にも、最高の資産であると実感。

by mikisnet | 2008-02-17 15:29 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

バレンタインからみる日本のコミュニケーション

Happy St Valentine's Day!
チョコに加えて、本日はちょっとしたギフトを夫に渡し、朝からちょっとロマンティックに演出。笑)会社も、チョコの話題でもちきり。ギフト交換などもあり、多少うわっついたところがお祭り気分を盛り上げる。

日本に馴染みの無い仕事海外ゲスト達に、日本スタイルのバレンタインを説明しながら、ふと考えた。日本では女性がバレンタインに能動的に愛を告白して、1ヶ月後のホワイトデーに男性が答える。これって日本人の一般的なコミュニケーションスタイル(および、課題?)をうまく表していると思う。ポイントは①一方的(双方的ではない)、②時間がかかかる、ということ。笑)

国際結婚の私たち、アメリカ流「(一般的に)男性が女性にもてなす」か、日本流「女性だけがチョコをあげる」か、どちらのスタイルをとっているかよく聞かれる。答えは「両方いいとこどり」。ということで、お互いが好きなふうに盛り上げる。夜、夫と合流したのは「カフェHEAVENS」。結婚式の夜に親しい友人たちと二次会をしたところ。その後もたびたび使わせていただいている居心地のよいカフェ。フランス語レッスンの後だったので、深夜に近いスタートだったが、こういった思い出のところで、スマートにカジュアルに、でもきちんとお祝いをしていく。双方向的に、そして、その日のうちに・・・。ね。

by mikisnet | 2008-02-14 16:57 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

中目黒で過ごす午後

カリフォルニアのノリは、やっぱり私に会うらしい。仕事でも、入社以来、すっかり仲良くなった同僚達は、圧倒的に(割合からいくとめっちゃ少ない)カリフォルニアンばかり。笑)久々の外資系企業、前々職(ヨーロッパ系企業)の環境よりもはるかに英語。というか、かなりアメリカン。もともと乖離していた感覚が、どんどん離れていっているような不安もちと残る・・・が、ま、いいか。このまま突っ走るしかない。

というわけで、最近近所に越してきた、半エクスパット(駐在員)同僚F氏を連れて、中目黒でまったりすることにした。相変わらず、夫は緊急の仕事で休日返上。一人で「くさくさ」しててもなんなので、おなじみ中目黒のM嬢を誘って、3人で「上目六さくらショッピングセンター」のカフェでランチ。中目黒と、目黒の違いを知りたがってた彼も、大喜び。

アンティークショップを巡りながら、まったりまったり、会話を進め。最後はいつもの彼女のいきつけカフェ。Bunga Bunga。しゃべる、しゃべる、しゃべる、語る、語る。昼の12時からなんと7時まで!話題は主に、「日本女性について」と「日本の恋愛事情」について。深いわね。

by mikisnet | 2008-02-11 21:28 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

四旬季 恵比寿

恵比寿の日本酒どころ、四旬季
e0025789_2117578.jpg

種類も多く、お値段もリーズナブル。日本酒が駄目な女性にも、とても大人気だった梅酒もキチンとある。居酒屋スタイル、ローカル感も出しながら、きちんと食べて飲めて。海外ゲストにもかなりお手ごろで使えるお店だ。

by mikisnet | 2008-02-09 21:16 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

雪景色。

シーズン初の雪を堪能した夜。絶景のバーが有名な、Legato 渋谷にて。食事も美味しいが、高層階から見下ろす渋谷の夜景と、いついってもインターナショナルなバーもお薦め。友人S氏の誕生日パーティもその一角で行われていて、少しだけ顔を出す。元アーティストだけあって、揃ったメンツもお洒落っぽい。久しぶりの面々にも挨拶できて、新しい人も知り合えて、とっても堪能。雪とみぞれが混じる渋谷の道を歩きながら・・・。最近、本当に「渋谷」づいているな。行動範囲がどんどん狭くなってきている・・・?

by mikisnet | 2008-02-09 18:21 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

大人の宴 Bar Robe  中目黒

恵比寿拠点のプチバケの締めくくりは、中目黒にある大人のバー。中目黒在住のM嬢を急遽お誘いして、遅めの新年会とする。昨年10月にオープンした比較的新しい「隠れ家」バー。Bar Robe 代官山のタブローズラウンジをもう少し控えめにして、小さめにした感じのこじんまりゴージャス。日本では珍しい、「リムジン送迎サービス」があることが今回の一番のチェックポイント。次回のガールズナイトでは是非使いこなしたい。
e0025789_13301775.jpg

4杯のコスモポリタンも、全て、違ったデザインのグラスで提供された。ディテールがお洒落で、サービスもフレンドリー。夫のマーティーニ、そのオリーブなんかもとっても素敵なプレゼンテーション。シガーも充実しているらしく、全体的にかなりヒットだった。おすすめ。

by mikisnet | 2008-02-02 22:24 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

テオブロマ 広尾

ちょっと早めのバレンタイン。目指すのは、夫が一番大好きな「テオブロマ」。ギリシア語では、神様の食べもの、という意味のチョコレートブランド。
e0025789_1317133.jpg

広尾店のカフェで一服しつつ、毎年恒例のオランジェット等を多数購入した。
e0025789_13162756.jpg

(写真の木のプレートは、Cherriot嬢から頂いたもの、テーブルマット群は、昨年のクリスマスギフト。)

チョコーレートの後は、広尾店の目の前にある、ワイン専門店「ENOTECA」へ。毎週土曜のワインティスティングにもサインアップし、2回のレストラン・ワインラウンジも見学する。次回はここでのランチ(セパージュ)を試そう。

by mikisnet | 2008-02-02 15:13 | 恵比寿ネタ(主に食事)