カテゴリ:ワイン&シャンパン( 19 )

 

マルケ州、運命の出会い。

とびっきりの高級スーツが手に入った。さて、あなた(男)なら、いつ使う?という問いに、

1.for work (もちろん、ビジネス用)
2. after work (仕事が終わってから着替えて遊びにいくとき)

仕事用、とはりきって答えるのが、アメリカ人。当たり前さと、2. (デート用)と答えるのがイタリア人・・・らしい。笑)よくある、お国の特徴をデフォルメしてジョークにするもののひとつとのこと。そういえば、うちの旦那も、すんなり1.って答えてた。ぷっ。なお、ロースクール時代の友人で100%イタリアン人の彼は2. を実行していたことを思い出して、妙に納得してた。笑)

というのは、おいておいて、最近妙に、はまっているのが、下のイタリア自然派ワイン。
Marche Rosso "K'un" Clara Marcelli
e0025789_21571714.jpg

イタリアのマルケ州という、あまり馴染みのないワインの産地らしい。が、自然派ワインで、最近かなり頭角をあらわしてきているんだとか。マルケ州は、ちょうどイタリアのふくらはぎの上のあたりでアドリア海に面するところ。

毎週2回は通っている、自然派ワインのバー&アンテナショップ、トロワザムール <3amours>。バーが充実して使いやすくなったのもあり、かなりマイナーだけど、本当に自分にあったワインがいろいろ試せる。コストパフォーマンスもよいものが多い。
 そこで、気に入ってからというもの、ここ数カ月はそのまとめ買いに走っている。といっても、マイナーワイナリー(日本酒の地酒とかに近いものがある)なので、流通量がいまひとつ。売り切れてしまうもの、また魅力の一つかしら?笑)

いろんなモノを試しているうちに、このマルケ州、なかなか好みに合うものが多い、ことが判明。先日であったのも、やっぱりマルケだった!!とおもって、マルケ州とやらを調べてみたら、な~んと!私が人生最初で最後と思われる超セレブ旅を経験できた、スイス人B氏の別荘のある州ではないか!あの優雅で夢のようなサマーバケーションを21歳にして体験してしまった私と、こんな形でマルケがめぐってくるなんて!運命としかいいようがないわ。ビバ、マルケ。ビバ、ビオワイン。ビバ、あの夏の思い出・・・。笑)

写真はトロワザムール <3amours>
e0025789_22171670.jpg

by mikisnet | 2009-07-28 21:36 | ワイン&シャンパン  

パークハイアットのワイン飲み放題

飲み放題、というとややセコイ響きがするので、このホテルにはにつかわしくない。でも、やっぱりお得感をあらわすには最高のフレーズ。笑)新宿のパークハイアットホテルのデリで開催されている平日限定イベント「グレープグレイジング」は、かなりおすすめ。
<概要>
午後6時~午後8時(最終入店時間は午後7時)
¥2,500(アペタイザープレート、ワイン、税金含む)
季節のおすすめワインをお好きなだけのめる!
オリーブ、生ハム、チーズなどを盛り合わせた
シェフ特製アペタイザープレート付
e0025789_1857059.jpg

たまたまこのエリアに5時までのアポがあったので、誘ってくれた同僚と迷わず直行!普段はかなりの行列らしいが、今日はがらがら。ちなにに、コツは7時過ぎになるとカウンター販売のデリ(パスタ、パンなど)が50%になるので、これらを「イートイン」として追加注文すること。それでお腹いっぱいになっても、一人3000円くらいですむ。すばらしすぎる。

ちなみに、「Peak of Joy(ピークオブジョイ)」といって、ピーク ラウンジ & バー でも5時~9時まで女性 4,500円 男性 5,200円でドリンク(カクテル、 ワイン、 ビール、 ウイスキー、 ソフトドリンク)飲み放題のディナープランがある、みたい。これも素敵!!

by mikisnet | 2009-02-05 18:49 | ワイン&シャンパン  

Taste Washington 2009

ワシントンワイン協会が、日本でのプロモーションをがんばっているのは、前にも書いた。ワインといえば、「フランス」という固定概念が根強く残る日本市場では、アメリカワインといえば、ナパなどのカリフォルニア。そん中でも、「州として」まとまったプロモーションを徹底してやってくことで、「ワシントンワイン」というブランド認知をあげていく。

今年も、そのティスティングパーティ「Taste Washington 2009」が、開催された。会場が恵比寿のウェスティンだったこともってか、前売り券もすごい勢いでsold out。(昨年はRoti,その前は米国商工会議所かどっか古めかしいところ)

会社のワイン愛好家倶楽部や、いつものガールフレンド達にみんなに声かけて、いざ出陣。150種類以上とかっていうワインはいろいろありすぎて、選択するのが大変!一応、値段が一番高いところはチェックしておく・・・。(せこい)

でも、この時期、「冬眠+ダイエット+節約」プログラムで、外出を控えていた私にとって、何がよかったかって、4~5年ぶりの昔の遊び仲間たちと再会できたこと。っていうか、会場は知ってるような顔がかなり並んでいてびっくり!実際、ワインを味わうより、近況報告の社交場みたいになってたかな。
e0025789_16485982.jpg

by mikisnet | 2009-01-29 19:09 | ワイン&シャンパン  

雨のワイン+ポーカーナイト

麻布十番の納涼祭りは、今年はあいにくの雨、雨、雨。そのとたんに行く気がうせ、J氏とY嬢カップルを捕まえ、ワイン+ポーカーナイトとすることにした。

アペリティフ+待ち合わせは
恵比寿 スペインバル ボデガス ガパ
ですませ、カヴァで乾杯。

メイン+ワインは
wine bar M
で、カリフォルニアものと、フランスものを楽しむ。

彼らのハッピーニュースなどを中心に、語り合う。そのまま、うちになだれこみ、軽井沢で購入した任天堂メイドのトランプを使って、ポーカーナイトへ突入。

by mikisnet | 2008-08-23 22:23 | ワイン&シャンパン  

BISTY's Omotesando Hills

ワイン倶楽部活動で、今回会場となったのは、表参道ヒルズのBISTY's.80種類以上のグラスワインを楽しめるところ、だそうだ。でも何が驚いたって、雨が降り出した月曜夜8時どき、表参道にほぼ誰も人がいなかったこと。ヒルズの中もがらがら。週末の超混雑したイメージしかないため、この光景には衝撃すら覚える。

知らない種類のワインも多く、ちょっと戸惑うこともあったが、何よりもいろいろ楽しめるのがいい。席も大人な感じの開けたテーブルで、(ほぼ貸切状態だった)雰囲気に乾杯、といった感じだ。

某大学で博士号取得中のカリフォルニア人やら、その英国留学時代の才女(なんと、日本酒好き!らしい)やら、とおもしろい人にも会えたし。素敵な夜と、素敵なワインと、素敵な邂逅に乾杯。

by mikisnet | 2008-08-04 20:52 | ワイン&シャンパン  

青山ワインホール

オンラインの接触は多いものの、オフラインでの会合が少ないGlenelg Girl嬢と久々に飲むことに。これまたオンライン・ブログつながりの素敵な女性のパーティへ向かった。二人の待ち合わせ場所は、『青山ワインホール』。表参道駅からすぐ近く、ふらっと、とも、がっつりとも使い勝手のよいお洒落なスペインバル。
e0025789_18473538.jpg
青山ワイン、でググれば、すぐみつかる忘れないキーワードもうれしい。グラスあり、ワインボトル価格も悪くない。表参道で、まずは待ち合わせを兼ねてフラッと・・・という場所が意外と少ないのでかなり重宝しそう。

by mikisnet | 2008-05-21 18:38 | ワイン&シャンパン  

Produced in Champagne, but What Do You Call It?

ご当地ブランドで、世界的に有名なのは『シャンパン』だろう。ご存知、スパークリングワインの中で、フランスのシャンパン地方で、さらに特定の手法にしたがって作られたものしか、『シャンパン』というラベルがつけられない。日本でいうと、(北海道産)夕張メロンや(魚沼産)コシヒカリ、といったところだろうか。

そんな『シャンパン』の呼称権利に対して、ひとつの決定が下り、近隣スイスでは物議をかもしているようだ。
『フランスの裁判所は9日、スイスの小村シャンパーニュ(Champagne)で生産されたワインやビスケットに「シャンパーニュ(シャンパン)」の名称使用を禁じる決定を下した。これを受け10日、人口わずか713人のこの村では「フランスの帝国主義」に対する強い非難の声が上がった。』
e0025789_17345416.jpg

写真はA sign in Champagne, Switzerland, was recently knocked down to protest a ban on the use of the town’s name on local products.By JOHN TAGLIABUE from NYtimes World Europe

NYtimesの記事はこちら。

確かに、ここまで一般化してしまったブランド用語を好き勝手に使われてしまっては困る、との思いは理解できる。とはいえ、これまで使ってきたものがいきなりNGってことになったら怒るのも当たり前。ブランドコントロールと、名称キーワードコントロールって難しいなー。

by mikisnet | 2008-04-28 10:24 | ワイン&シャンパン  

Australian Shiraz

同僚たちと、ワインの会合第2回目。会場は、駐在できている上海系チャーミングなC嬢のお宅。松濤の一等地にある、贅沢でお洒落なマンション。前回の会合の飲みの勢いで決まったテーマは、Australian Shiraz。個人的には、今はまっているのが、Taylors - Shiraz。最近行きつけの酒屋、信濃屋目黒店オススメのワインで、2000円弱とはおもえない、スムーズでまろやかな口当たり。
e0025789_22491630.jpg

ワイン会のセレクションは、違った種類・価格帯の飲み比べ。でも、さすが良く働いた平日の夜ともなると、まずは食事・・・といわんばかりの食欲が先にたつ。次から次へと追加オーダーしたデリバリーイタリアンを食べ干すメンバー。

ワイン会よりピザの会になってる・・・というひとことから、次のテーマは老舗イタリアン+イタリアワインに決定したり。メンバのコネを使い、超老舗イタリアンの特別メニューとか・・・。企画と夢はどんどん膨らみ、ボトルはがんがん空いてくる。10数名程度で6本のワインと、C嬢の隠しコニャックが登場しても、お一人様3000円也。カリフォルニアの風を吹かせる仲間達と、オージーワイン。イタリア素材の料理に、中国のおつまみ。ビバ、インターナショナルいいとこどりライフ。

by mikisnet | 2008-03-25 22:41 | ワイン&シャンパン  

ホワイトデーのはなきん

体調もまだ復活しないまま、なんだか仕事も急に忙しくなっててんてこまい。あー、入社当時のヒマな時期がすでに懐かしい・・・。まだ小さい会社なので、よくも悪くも「なんでもあり」なところが、時には皆を苦しめる・・・。笑)

と、気がついたら「ホワイトデー」。同僚男性陣がたからは、なんともお洒落なチョコレートやら、紅茶セットやら。帰宅後は、夫から普段よりツーランクくらい上等の「シャンパン」が!ふー。もう3月も終盤に差し掛かっている・・・。早い。喜びもつかの間、なんだか素直にハナキンな気分にはなれない季節の変わり目。

by mikisnet | 2008-03-14 23:12 | ワイン&シャンパン  

ワイン会キックオフ

「知の集結」は個人の結びつきから。

という哲学が理由かどうかは定かではないが、会社にはいろいろな「クラブ活動」があり、積極的に奨励されている。ドイツクラブ、映画クラブ、甘味クラブ、中国語クラブ、カメラクラブ、サッカークラブ・・・等。私がまずジョインしたのが、カラオケクラブとワインクラブ。縁あって、創業者と仲良しになったので、今後その企画・運営にも携わることになった。

まず、今日はその「キックオフパーティ」。渋谷の新しいワインバーで気軽に集結、今後の企画案を練っていこうというものだ。会場は「BOCA」。ボトルは3000円代から気軽にのめるものが多く、タパス形式でスタンディングもテーブルもOK.

次々といろんなアイデアがわいてきて、盛り上がる、盛り上がる。アフターファイブの超充実。深夜残業の夫には申し訳ないけれど、Social Coordinatorとしての実力を見せなければね!

by mikisnet | 2008-03-04 20:02 | ワイン&シャンパン