カテゴリ:茨城(ひたちなか)( 1 )

 

海からのお中元 ~Rock'n Oysterをワイルドに食す~

夏が旬の天然「海のミルク」を求めて、那珂湊(なかみなと)にある魚のデパート「おさかな市場」へ。「岩がき」は、6月~8月の「一般的な冬牡蠣(まがき)」が、その産卵のためシーズンオフとなる期間のみに市場に出回る、というニッチな「限定もの」だ。期間・流通とも制約がある食べ物は、港で生で食すのがイキなのさ、と母に教わり、引退してからその「食通さ」に磨きがかかった両親と車を走らせる。今回はその旅のオススメポイントを記す。

1.天然岩がきを、その場で開ける(食べる)
2.「さかな」の肌質がキレイ(鮮度高い)で安いe0025789_1752302.jpg
3.スーパージャンボな回転寿司

1.一つ400円~500円。
岩というだけだけあって、見た目は本当に岩そのもの。貝という輪郭を見分けるのは不可。おじさんが開いてくれる貝の中身も、「でかい」。その場で、レモンをかけて、ひと吸いでひゅるっと。うぅぅぅぅぅ・・・旨い。さすが天然、磯とかきのアロマのみを鼻に残していく、透明感のある味。しぼりたてのミルクのような天然の生成りがかった白をベースに、灰色の「オイスター色」が牡蠣の内部構造を形作っている。英語に訳すと"Rock Oyster"なのだろうが、弾けてしまうその食べ応えから、"Rock'n Oyster"と名づけてみる。e0025789_1836294.jpg

2.かつお、さば、あじ、さんま、あさり、数々のカニ達。いわゆる魚市場なのだが、「築地」なんかと比べると、一般人をターゲットにしているせいか、とても庶民的。ともかくびっくりするのがその魚達の肌質。「美肌」という修飾語が浮かんでくる。人間も、魚もやっぱり「鮮度」か・・・。もちろん、その値段もかなりリーズナブル。

3.そんなイキのよい魚をジャンボカットで提供する、マスコミでも人気の回転寿司へ。ランチタイムは長蛇の列。回転しているといっても、ネタは凄いし、安くもない。マグロ赤身は210円、生サバ515円、ジャンボ甘海老で一皿840円也。市場の「食堂」チックな雰囲気と、ぶっきらぼうなサービスも、風情があっていいと思えてしまう。e0025789_18444587.jpg

夏牡蠣という、海からのお中元を堪能した旅の終わりには、茨城県つながりで、焼き物の街笠間市に寄ってみる。昨年の益子焼ツアーから急遽「日本酒ぐい呑み」コレクターになった私達は、そのコレクションを3つほど増やしてみた。真夏の陶芸小道散策は、焼き窯のような暑さだった・・・。

by mikisnet | 2005-08-07 23:50 | 茨城(ひたちなか)