カテゴリ:ひとりごと( 113 )

 

(大震災)大阪疎開から帰京

(備忘のため、後日回想記載)

都内では、ミネラル水不足(1歳以下の乳幼児でも入手困難なくらい)、納豆やヨーグルトが買えない事態が発生。そのあおりを受けて、大阪でも大量購入は制限(一人一本までとか、)されていた。しかし、準備も万全ではない、旅行気分でもない、かといって、この地でやらなければならない仕事もさほどない、外食続きで先がみえないホテル滞在ライフにも相当疲れてきた。およそ10日間の大阪疎開に終止符をうち、東京自宅へ戻ることにした。

3月の19日~21日の3連休で、卒業式シーズンや桜などでもともと混雑している大阪に、大震災避難・疎開企業組などで、大阪もなんだかキャパオーバーに。ホテル予約がまず取れないという事態。そんなこんなで、何かと不便が続き、わがままも言えない状況に、正直疲れたのよね。自分のベッドで、寝たい。ただ、それだけだった。特に、お腹がかなり大きくなってきた今、いわゆるビジネスホテルの堅いベッドがあわないあわない。愛用している抱き枕がむしょうに恋しくなって、というか必要になって、帰るのを決めたといっても過言ではない。

妊娠してなければ、許可されていた海外オフィスでの勤務やら、旦那のいるNYオフィスでにも、すぐさま飛んでいったんだけどね。さすがに、この状況で戻れなくなったら滞在ビザ的にもリスク的にも困るし、現地出産なんてことになったら費用やら保険やらで困るしね。ま、まだ東京が普通に生活している以上、東京で自分のペースで過ごそうときめた。

旦那はNYへまた一時帰国。最終的にNY滞在を終了・アパート引き払いなどをするための準備のためだ。なんともあわただしい2週間。この先どうなるんだろう、でもどうにかなるかな・・・など、不安と懸念の絶えない日々だった。

by mikisnet | 2011-03-26 22:32 | ひとりごと  

(大震災)旦那一時帰国

(備忘のため、後日回想記載)

地震、津波、余震、まではよかったが、ここにきて、福島の原子力発電の問題が一気に浮上。放射能に気をつけよ、とのことで、今まであまり警戒したことがない事態に、日本中が戸惑う。ネットでのリアルタイム検索などで、人々のTweetをみていたら、どんどん不安になったりして・・・。ニュースも一刻一刻、大変なことになっていくようで、精神的にはよくない。

元同僚などは、ドイツの会社の素早い対応で、週末からすでに大阪に避難をはじめていた。南西方面に疎開?したほうがいいのでは、という案もひきずりながらも、ニンプ一人で、パソコンやら何やら数週間分もってゆかりもない土地への移動もしんどいな~、ということであまり深く考えずにいた。

と、この日の早朝、NYの旦那から、「今JFK。これから二人の大阪行きのチケットもって、日本に帰るから。火曜日夜羽田着だから」と。帰国は3月末で決まっていたのだが、事態も事態なので、いったん帰国してくれるという。頼もしい。というわけで、翌日15日から期間未定で、大阪疎開となったわけなのだ。

by mikisnet | 2011-03-14 10:24 | ひとりごと  

東日本大震災

(備忘のため、後日回想記)

オフィスビルの20数階のデスクにて、地震を感じる。横揺れではなく、縦にがくっとくる感じが印象深い。そのあとは耐震構造ビルにありがちなぼわんぼわんという酔いのような揺れが続く。しかも、長い。長い、長い。え、長くない?このビル、耐震構造だからこそ、こんなに揺れるのかしら?なんて、周囲とも話して、立ったり座ったり。間もなくビル防災センターよりアナウンス。とりあえず、エレベーターには(危険&とまってるので)乗らないように、なるべく広いところでスペース確保。防災ヘルメットなどの利用も促された。この近辺&高さからでは、下手に外に出たほうが危ないかもしれない、ということで、しばらくオフィス内で皆で様子見。

と、そこへ、お台場の黒い煙情報・・・そして、何よりも、仙台の津波の映像がネットで流れてきた。やばいかも。そして、「電話がつながらない」「電車はとまっているらしい」「携帯メールならいける」という声。

両親・兄と連絡をとり、しばらく仕事を続ける。午後4時を回ったころ、ラチがあかなそうなので、歩いて帰ることにした。六本木から恵比寿への帰途は、妊娠中の運動ということで、最近週に3回くらいは徒歩帰宅していたこともあり、あまり気にせず、普通に歩き始めた。20数階からの階段徒歩降下は流石に予定外の運動で、疲労したが・・・。道にいるタクシーは全滅。階下にあるホテルのタクシー乗り場も外国人で大混雑。

とはいえ、日が暮れる前の、比較的早い時間に出たこともあり、まだ歩道も、そのあと見られた洪水のような「帰宅徒歩者」であふれかえってはいなくて、楽だった。広尾駅の神戸屋キッチンで次の日のパン、商店街で、ちょっとしたものを買う余裕すらあった。5時半くらいになって、暗さが増してきたころには、急に冷え込んで、最後10分くらいはきつかったかな。でも、本当に、会社から家まで近くてよかったなぁと実感しつつ、家でシャワーをすぐあびて(ガスは自動で止まるらしいので、近所にいった方に聞きつつ、ガス線の復旧(黒いボタンを押してどうこう、というマニュアル的なもの)をして、)、テレビニュースを見入っていた。

30年以上のマンションだが、意外と頑丈で、本棚から本が半数以上飛び出していたほかに、なぜか倒れそうもない植木が傾倒したくらい。心配だった背の高いフラワーの活けてあった花瓶やら、棚そのもの、ガラスグッズなどはびくともしていないようにすら見えた。

NYにいる旦那にメールをして、家族の無事と予定を確認し、防災グッズとダウンコートや温かいものなどをバッグにつめて玄関に用意し、すぐ出られるようにと気持ちの整理を。とはいえ、何を詰めてどうしたらいいのかわからず、ちょっとキョドウ不審になったかもな。何はともあれ、妊婦で一人でこの状況は、さすがに心細いわよね。でも仕方ない、この程度ならなんとかなるわ、と開き直り、今後の事態をいろいろ想定してみることに。

寝れないかも、なんて思いつつ、やっぱり体力的にも精神的にもそれなりに疲労していたとみて、気が付いたら、土曜日の朝だった。携帯メールとスカイプ(ネット環境)はばっちりだったことに感謝。

by mikisnet | 2011-03-11 14:46 | ひとりごと  

I-94W廃止とESTA有料化

いつのまにか、アメリカ出入国カード(一般日本人が機内で渡される、緑の長い記入用紙のこと、I-94W Formとよばれる)が廃止されていた。え、そんなの聞いてない。と、入国手続きでなぜか疑惑の目を向けられ、てこずることが多い私は、一気に心臓どきどき。

ESTAで入国されますか?

なんて、JAL乗務員に聞かれたけれど、そんな聞き方はされたことない。他にオプションがあるかのよう。ま、ESTAはすでに登録済みだけど、前は共存したし、あれ?あれ?と。実際、6月から、順次廃止されているようだ。(DHSの発表

事前申請で手続きの簡略化が目的か、とされるが、今回の入国にはやたらと時間がかかった。尋問?のような入国の際の質問も、かなりDeepだったし、ビジネスの名刺をみせさせておいたり、仕事の内容をやたら聞かれたり、ホテルの住所を改めて別紙に書かされたり。

あと、今後9月以降はESTAの申請(と、再申請)が有料化するらしい。クレジットカード支払い限定で14ドル。来年の期限が切れたら、再申請?で支払うことになりそうだ。というか有効期限も忘れないようにしないとね。

by mikisnet | 2010-08-22 04:15 | ひとりごと  

気がつけば8月も半ばで

今年にはいって、ブログを書くという行為をすっかり、あきらめてしまっていた。仕事関係のネタが多くて、書きづらくなったものの、やっぱり、時間がないというのがいいわけだったのかな。

とはいえ、やっぱり、私には書くことが必要だと、再認識することが機会がたまってきた。何かと避けてきたのには、それなりの理由があったのだろうとおもう。でも、これだけ情報源や情報提供先が増えていているからこそ、自分のことは自分なりに整理しておくことに、もっと注意をはらうべきだったのかも。Facebookのステータスや、Twitterの登場で、流れるようにinput outputしては消えていく情報にはソノトキソノトキの新鮮さしか価値がない。自分の頭で落ち着いて書いたものが、一番信用でき、そして、迷った時の一番頼りになり、一番刺激になる、ということを、しばらくの間忘れていた。

とはいえ、時の立つのは早い。もうお盆がすぎてしまった。お盆を過ぎると、同じ35度という猛暑でも、残暑という響きが似合うのはなぜだろう。心なしか暑さのレイヤーも、秋を意識しているからか。サマーセールが終わって、秋冬ものファーをまとってたっているマネキン達。百貨店から夏という色がが突如末梢されるからか。

何かと仕事優先で突っ走ってきてしまった、半年。ここらでちょっと振り返りが必要なのかな。勢いのある波にのるのは楽しいけど、その「変化の多い」状態がずっと続き、それ自体に「変化がない」ことがわかってしまうと、それはそれで飽きてくるのかしら。なんて、かなり贅沢な悩みだけどね。

「達成」と「安定」がダブルで幸せをよぶ、天王星人+霊合星人の2010年。その通りになっていることは間違いない。さて、残り半年をどう生きるか。

by mikisnet | 2010-08-15 14:04 | ひとりごと  

2010年前半

今年は本当に飛行機三昧だった。Jet Setter(ジェットセッター、本当は自家用飛行機で地球を飛び回る人のことをいうらしいが、最近は、よりすそ野が広がって、ビジネスなどで似たような感じで海外を飛び回るような人々のことを総称するらしい)に近い、生活をしていた。

というわけで、後で遡及投稿するためのメモ
★1月プーケット&バンコク旅行
★2月香港出張
★3月ロンドン、ニューヨーク出張
★4月ニューヨーク出張&旅行
★5月ニューヨーク出張
★7月ソウル出張
★8月サンフランシスコ出張、ニューヨーク&カリブ海かフロリダ

特別すべき変化、出来事としては、
★旦那がニューヨークへ単身赴任開始(東京とマンハッタンに二つのおうち生活)
★大好きな友人夫妻(Y嬢とJ氏)が同時期にパリへ引越し
★ほか仲よくなった友人が次々と帰国&海外異動
★社会人生活10年を超える
★新しい夫婦友達を探すのはかなり困難だと実感
★そろそろ新しい家族づくりなのかな、と感じ始める
★日本の競争力低下(?)に漠然とフラストレーション
★活字あとがきデビュー?(発信、の本)
★およそ20年ぶりくらいのホストファミリーと連絡がとれる
★APACの国々との公私ともにつながり
★オフィスの引越し

by mikisnet | 2010-08-14 14:54 | ひとりごと  

明けまして、も松の内。

ということで、昨日までの挨拶限定。やや遅かった。でも考えてみれば、こんなにブログアップを空けてしまっていた。われながら、残念な結果だ。

言い訳
①仕事ネタが多くて、かつそのメンバーも見ている可能性があるので、正直なところ書きにくい
②インターネットのブラウザーChromeと、Exciteブログとやや相性が悪いので、手間がかかる
③書きたいネタの需要と供給(書き先)が複雑になりすぎてきた。Twitterやらミクシー、Facebookやら、その他英語のSNSやら会社のつぶやきサイトやら、となんかいろんなところで管理不能になってきた
④発信したいコンテンツ・目的の軸がやや不明確になってきた
⑤人生、いろいろ曲がり角。

とはいえ、単純な正確なので、新年になるとやはり、「がんばろう」という気になってくる。今年は家族で体調を崩してしまったりと、何かと落ち着かない新年の幕開けであった。が、ま、一方でマンネリ化している生活にやや刺激があったというふうに捕らえると、めちゃめちゃいい機会だったのかも。

数ヶ月ぶりではありますが、皆様今年も何卒よろしくお願いします。

by mikisnet | 2010-01-07 18:56 | ひとりごと  

おんなトーク。

だいぶ時間がたってしまった。いろいろココロの葛藤(主に仕事のこと)があったり、なんだか悶々としていて、かといってあまり仕事のことはかけないし。

というフラストレーションの期間がようやく終わった、と思う。

7月くらいからいろいろ環境がかわり、政治がかわり(あ、本当の政治もかわったしね)、外国勢力との外交スキルが交錯したり、とあわただしかった。何よりも、その状況を、ぶっちゃけることができなかった状態にフラストレーションを感じていた。

が、

先日、ブログでもおなじみの、元同僚のYury嬢との4時間くらいにわたる会話で、なんだか救われた。社会人1年目の同僚って、本当に宝。といってしまうと俗っぽいのだが、本当にそう実感した夜だった。この時のDNAレベル?というか種類というか、その目線で今の状況をシンクアップでき、客観的にも意見をいえて、でも、お互いの存在をとても素敵に思う。単に、仕事目線だけじゃなく、女としての生き方や、物事の捉え方、選択の仕方。

感情と理性のバランスがちょうどいい。(男性パートナーや同僚と話すと、この理性だけにやや偏りがちなのと、彼らがうまく感情の出し方がわからない場合などは変にこっちがオトナにならなきゃならないし、問題に巻き込まれるので面倒くさい)笑)

というわけで、台風がさって、ぱーっと晴れた感じを久々に味わうことができた。

Yury嬢、本当にありがとう。
日本酒ネタも続くわよ。笑)

by mikisnet | 2009-10-30 12:22 | ひとりごと  

今ほしいもの

久しぶりに、カメラがほしい。そろそろ、買い替えの時期なんだろうか。かなりモノもち、がいい性格なのと、あまりモノに執着しないほうなので、そんなに気になるわけじゃないんだけど・・・。ただ、周囲のとってる写真のあまりにステップアップしている(綺麗だし、なんとなく新しい感がわかる)ので、やや危機感を感じた、というわけ。笑)

狙いは、
パナソニック、LUMIXの新商品、GF1でしょう!
ボディもレンズも小さい、軽い、一眼レフ対応。

と、おもって値段みたら、10万円近い・・・。うっ。旅行にいける・・・。笑)悩む・・・。

by mikisnet | 2009-09-29 20:27 | ひとりごと  

なんだかんだで

仕事にずっぽりはまっている生活。シルバーウィークはどうでした?なんだか、あっという間に過ぎていったわ。一番優雅でかつ怠惰なすごし方、を東京でやってみた結果、ともかく十分に休めたことが幸せだった。

訴求して書くのがつらいくらい、いろんなことがあったけど、もっともっとブログにも思いをぶつけていかなれければいけないわね。

がんばるぞ!

by mikisnet | 2009-09-29 20:08 | ひとりごと