カテゴリ:日本文化( 31 )

 

関守石

義母から、「日本庭園風なお庭をもっているアイダホの友人から、日本庭園で使う、「立ち入り禁止」を醸し出す石がほしいといわれてる。正式名称はなんていうの?」という問い合わせ。立ち入り禁止だけど、文字ではいわない、石にひもがまいてあるやつ、とのこと。

えー??

と思いつつ、ネットで「庭園 石 立入禁止」と調べてみた。どうやら、日本庭園での案内石の一つだそうで、「関守(せきもり)石」とか「とめ石」とかいうらしい。日本庭園で、入られたくないところにそっと「ここは行き止まりですぜ」と案内してくれるんだそうな。「禁止」とか「入らないで」という文字はとてもネガティブなので、そっと表現されているという、なんとも日本的な心遣い。わが夫両親やその庭園つながりの友人老夫妻らも、いたく感動して気に入っているのだそうだ。また、いろいろ迷ってしまいそうな迷路のような庭園内を、茶室にうまくたどりつけるよう、ガイドとしても作用するんだそうな。
イメージは、ここ。

勉強になりますな。

by mikisnet | 2009-08-09 21:17 | 日本文化  

The city of your dreams

Financial Times のHouse and Home 欄にあった記事。

The city of your dreams

一番すみやすい都市ランキング。
(基準は、おそらく、この国際的ジェットセッター、ハイエンドなライフスタイルトレンドセッター、タイラー氏の独断と偏見?ぽい感じはするけどね)

2009年は東京が第3位に浮上。No1.は、スイスのチューリッヒ。スイスに愛着のある私としては、納得がいくわ。昨年1位で、今年が2位のコペンハーゲンも、要チェックよね。
e0025789_16375542.jpg

by mikisnet | 2009-06-22 15:50 | 日本文化  

なりきるのがお得。

カラオケの次は、「アニメ」キャラになりきる。歌手ではなくて、声優に。おもしろいゲームがいまにわかにはやっているらしい。カラオケのJOYSOUNDのゲーム「アフレコ!」はぜひやってみたい。母をたずねて三千里、のマルコになりきってみるのも悪くない。

英語の勉強で、「映画のセリフを覚えよ」といったような教材があったが、これは本当に使える。下手にビジネス英語の勉強などで、職場ロールプレイのセリフを自分で考えたりするよりも、プロの脚本家が考えたセリフと言い回しに従って何度も何度もそれを頭に叩き込むのはかなり有効だと思う。アニメキャラでも、女優にでも、なりきって気持ちよくなって、習得できるのなら、ダブルでお得。

by mikisnet | 2009-03-19 14:06 | 日本文化  

テディベアの世界旅行

アメリカのとある小学校では、他の土地の人とのコミュニケーションを促して社会と地理の勉強をさせるために、「テディベアの旅行プロジェクト」を推進しているらしい。というわけで、旦那の友人の家族つながりの小学2年生の女の子から、かわいいテディベアが東京に到着した。これから約1週間、東京の旅を堪能することになる。

受け取ったほうは、そのテディベア「Fuzzy(ファズィー)」ちゃんを連れて、足跡を残し、証拠として写真をとる。そして、Fuzzyのリュックサックにしまってある「旅日記」に、Fuzzyになりきって、日記を書いていくのだ。それを、その小学生、家族、友人、知人にどんどんまわして郵送していき、できるだけさまざまな場所のことを知ろうというものなのだ。このプロジェクト、受け取った側の責任もかなりある。笑)「誰の宿題なんだか・・・」って思いながら、一生懸命写真スポットを探したり。いざ、人形と一緒に「観光写真」をとろうとすると、意外とベストスポットがみつからなかったり・・・。
e0025789_1373655.jpg

まずは、東京といえば、「夜の新宿?」ということで、歌舞伎町デビューさせてみた。(小学生にはあまり適してないかしら?)これから、東京タワーの見える元麻布マンションでホームパーティ、渋谷の交差点でスターバックスを飲み・・・っていうツアーがまっている。

このプロジェクトがおわったら、本人はきっとその人たちに感謝メールを送り、Fuzzyが訪問した国や州をGoogle Mapでマッピングし、それぞれの日記をメモとして打ち込んでいくんだろう。さすが、インターネット大国アメリカ。ネット世代の小学生には、時代にあった形での勉強法をいろいろ工夫している、らしいわ。

by mikisnet | 2009-02-18 12:25 | 日本文化  

オーダーメイドのつづら

突如、着物に目覚めた私に、両親からお祝いの品が届いた。あれ、なんの祝いだっけ?(誕生日?転職祝い?)というのも、オーダーメイドでつくる、日本伝統工芸品のため、完成は半年くらいかかるとか。で、頂いたものは、こちら。
e0025789_1314637.jpg


日本橋人形町「岩井つづら店」のつづら箱。家紋と、名前まではいって、かなりオーダーメード感いっぱい。

さて、つづら、とは。
つづらとはー
昔話の「舌切り雀」にも出てくる「つづら」は昔から日本人の入れ物として親しまれてきました。竹などの植物を編んでそれに和紙を貼り、漆などを塗ってできた箱、それが「つづら」です。・・・・たんすのない時代には収納する道具として使われていました。 防虫効果もあり、通気性がよく、樟脳(しょうのう)を入れなくても虫がつかない大変機能的な入れ物でした。昔は必ず嫁入り道具の一つにもなっていたようです。
「にほんのこころ」より抜粋。

ちゃんとした着物入れがなかったので、これからはこの伝統技術品にいれて、より一層楽しんでいこうとおもう。まま、ぱぱ、ありがとう。あ、嫁入り道具ってことだったのね。笑)

by mikisnet | 2008-07-12 19:43 | 日本文化  

日本ってすばらしい。

と、今回ほど思ったことはない。先日深夜のタクシーで携帯電話を落としてしまった。しばらくそれにも気がつかず、時計は深夜2時をさしはじめていた・・・。タクシー乗車中にメールチェックをした記憶があるので、それまでにいたお店ではないことは確か・・・。うっ。よりによって今回に限って領収書ももらわなかった。

夫の携帯から自分の携帯に、Callしまくる。お・・・お願い、運転手さん、出てくれ。

と、8回目くらいのコールで、「天使のような」運転手さんの声。「おお、お預かりしております。きちんと貴重品袋にはいってますから安心してください。貴女をおろしたところまでお届けに参ります。」

待つこと20分弱。到着時間も正確に、「天使のような」タクシーが現れた。おおお。チップとしていくらか差し出して御礼をいいまくったが・・・。「いや、とんでもない。受け取れません!これも当然の業務の一部ですから。」ですって!ちょっと前に友人が夜の街のバー(しかもトイレ)でお財布を忘れた・・・が、もちろんきちんと戻ってきた。これが究極の日本のよさ、だよね。笑)

by mikisnet | 2008-05-30 08:54 | 日本文化  

2008年 神楽坂・初夏の着物でコンシェルジェ

着物で神楽坂歩きをしたい人にGood News♪ 

2008年 神楽坂・初夏の着物でコンシェルジェ
開催日時  2008年5月17日(土) 13時~16時半 ※雨天中止
集合場所   神楽坂毘沙門天善國寺境内
参 加 費    お一人1000円(オリジナルマップ、お茶・お菓子付き)
※別途着付けサービス(要予約/1000円)あり。

必要に応じて、またカメラマン手配する(?)ので、参加しません?

by mikisnet | 2008-04-30 14:02 | 日本文化  

お雛様

桜の話で頭がいっぱいになっていたら、父から突っ込み。まずは、桃の節句でしょう・・・。と。
e0025789_13472675.jpg

うちのお雛様は、おっとり癒し系、なタイプなの。顔は、私に似ている、ってよく言われる。笑)

by mikisnet | 2008-02-21 18:44 | 日本文化  

日本の未来のアート。「六本木クロッシング」

連休最終日は、アートな東京を楽しもう。六本木ヒルズの森美術館で開催中の「六本木クロッシング」へ、Y嬢&J氏とダブルデート。近代東京アートに加え、夕日に染まる富士山と、夜景、六本木のクリスマスイルミネーションとを満喫できる、欲張りコース!
e0025789_18444575.jpg

恵比寿方面に見える、富士山シルエット。
e0025789_18445434.jpg

シティビューの青いツリーと、窓の外の東京タワー。お約束ショット。右は毛利庭園の赤いイルミごしに見るヒルズ。
e0025789_1845669.jpg

ツリーの銀のオーナメントに映る私。笑)これも、お約束ショットかな?

by mikisnet | 2007-11-25 18:28 | 日本文化  

「型」の力を抜いて・・・。

国の内外を問わず、おもてなしに、マニュアルは無い。TPOによって、もてなされるほうの趣味や、相対的な立場、時間軸などの関係によって、対応もかなり変わる。ホテルやレストランのサービスとも異なり、「とりあえず、これ」といったものはなかなか無い。ビジネスと、ビジネスカジュアルと、それ以外と、遊びと、の分け方(崩すときは崩す、みたいな)もちょっとしたコミュニケーションのTipsとなる。

そんな中で、実にマニュアルに頼りすぎる人が多い。日本文化には「型」があって、それが美しいとされる。そんな日本文化を少しでも知っている海外の人は、逆に必要以上にその「型」「プロトコル」を期待してくる感もある。で、日本人側もそういわれると、「こう応えなきゃ」みたいな心理になってきて、自分の頭の中の「マニュアル」を探す。無い、でも、それっぽいマニュアルをどこからか仕入れる。それで、変な「型」が出来る。といったような悪い循環になってしまう。

「一般」論は、こうだけど、「私は」こう思う。TPOにあわせて、そう柔らかく宣言できる、それがツボだと思う、今日この頃。

by mikisnet | 2007-11-13 14:49 | 日本文化