カテゴリ:白馬・軽井沢・菅平( 10 )

 

6月の軽井沢、結構穴場。

心も体も、「友人たちの、結婚式三昧」な日々がようやく終わった。気がぬけたというか、節目をおえたというか、なんだか急に都内を離れたくなった。前日くらいにおもいたって、到着したのが軽井沢。勝手を知ってるのもあるし、まだオフシーズンなので、宿もすんなり、道もすんなり。テニスをしまくり、パターゴルフや、宿とセットだったボーリング、卓球、カラオケまでめいいっぱい楽しんだ。新緑、新緑、時々大雨、そして、日差し。そんな自然の移り変わりが、とっても心地よかったわ。

週末のリフレッシュ、最近はこれが必須。
e0025789_912758.jpg

by mikisnet | 2009-06-20 09:03 | 白馬・軽井沢・菅平  

軽井沢と菅平高原。緑に包まれる避暑の旅

突如思い立った、避暑バケーション。中学3年のときの夏の思い出を頼りに、ちょっとマイナーな菅平高原を選んでみた。フランス料理や、西洋の香りにかなりの憧憬を抱いていたころ。あまりの素敵な雰囲気とパンの美味しさに感動したペンションを検索したら、まだ健在だったので即予約。テニスとハイキングと、美食をおもいっきり楽しめる緑の旅、をテーマにしてみた。笑)
e0025789_17154572.jpg

ハイライトは以下の6点。それぞれ順次アップしていく予定。
1.軽井沢でカフェ三昧
2.美術館&ワイナリーでナパ気分
3.別荘族美食家が集う、川上庵とプリモ
4.花の百名山「根子岳」ハイキング
5.オーベルジュでリトルフランス
6.ラグビーに負けじとテニス合宿?

by mikisnet | 2008-08-10 22:32 | 白馬・軽井沢・菅平  

気分だけモデル、かるた、キャンドルナイト

自然の光は人物をとても綺麗にみせてくれる。
e0025789_1749485.jpg

今回は旅は、素敵なショットが多くとれたものだった。カメラマンはいつもながら、夫。
e0025789_1750981.jpg

だんだん腕をあげているわね。笑)

そうそう、ハイライトからもれたいくつかのネタ。

1.かるた美術館
旧軽井沢の銀座通りからちょっとそれたところに、素敵なエリアを発見。そこに、百人一首などからさまざまなカルタを取り扱うお店があって、吸い込まれるようにはいってみた。とても熱心で親切な老夫婦が印象的だ。奥野かるた店 神保町店、という東京にもお店をもっているとか。そこでギフト用に購入したのが、素敵なトランプセット。(ポーカー用ね)なんと、そこで任天堂って会社が実は日本発のトランプメーカーである事実に驚く。笑)今ではwiiとかで世界を圧巻しているNintendo、原点のトランプは、外人用ギフトにもぴったりね。笑)

2.サマーキャンドルナイト
結婚式でとても人気のある「軽井沢高原教会」と、「石の森教会」とで、夜のライトアップがおこなわれていた。サマーキャンドルナイト。8月いっぱい開催しているみたい。ロマンチックな夜は一見の価値あり。
e0025789_17591599.jpg

by mikisnet | 2008-08-10 12:47 | 白馬・軽井沢・菅平  

ラグビーに負けじとテニス合宿?

菅平、といえば、ラグビー。夏には全国各地の少年たちが、ラグビー部が合宿にやってくる。昔からそうだった。でも、最近の少子化&経済停滞で、その活況は若干やや低迷しているとか・・・。本当のことは不明だが、確かに、いわれてみるとそんな気もしないでもない。とはいえ、あたりは見渡す限り、夏合宿真っ最中。若干古くなりすぎたホテルも、その団体客目当てで、なんか不思議な感じ。それ以外の客にはあまり関心がないような・・・。笑)ほぼ皆無に近いという、私たちのような「観光客」にはあまりやさしくない。あいているレストランの数も一握り。テニスコートは年々つぶれ、ラガーマン誘致のために、そのプレイグラウンドと化しているとか。
e0025789_17442535.jpg

でも、せっかくだからテニスをしまくろう。なんとかレンタルコートをみつけて、二人で丸々2日間、テニスにはまる。もともと最近テニス熱が高くなっていたのだが、美味しい空気と夕刻には寒いくらいの涼しさの中、気分は中学生ばりに燃えてみた。

Nikeのアウトレットで、テニスウェアも新調し、今後のテニスライフが楽しみだわ♪

by mikisnet | 2008-08-08 17:33 | 白馬・軽井沢・菅平  

オーベルジュでリトルフランス

今回、お世話になったのは、元ペンション「ヒゲ」さん。今は、ばっちりフレンチの「泊まれるレストラン」オーベルジュ「ひげ」さんになっていた。元、というのは、実は中学生だったころ、両親と夏休みに一度きたことがあったのだ。子供心ながらになんだかとても美しい風景と「フレンチ」なところにとても心地よい衝撃をうけた。そして、やたらと、パン、が美味しかった思い出が強い。笑)
e0025789_17242724.jpg

今回、なにが衝撃だったかって、なんと麻布十番にあるTemple大学の学生さんがそこでアルバイトにきていたこと。到着したら、黒人のボブと、ラテン系の子と、サウジアラビアからのナイト君が出迎えたのだからかなりウケた。日本語勉強中、とのことだが、結局いつものノリで英語で国際交流しながら、勤務後はみんなでポーカーナイト。笑)星とすごい近くの距離にいながら、携帯電話がなかなか通じない山奥にいながら、話題は「麻布十番」やら「日本語の勉強」やら、「日本の外資で働くこと」やら。世界は本当に、狭い。

13歳。世界の人と普通に話して交流したい。強力なエネルギーとパッションが芽生えた頃にすごした緑の高原。10年近くたって戻ってきて、家庭的なフランス料理を食べながら、10年もののワインをのみながら、遠くサウジアラビア出身NY住まいのお坊ちゃまやらと英語で語りあう。不思議な縁というか、奇妙な運命というか。

by mikisnet | 2008-08-08 17:16 | 白馬・軽井沢・菅平  

花の百名山「根子岳」ハイキング

今回泊まったオーベルジュ(泊まれる、レストラン・フランス語)のすぐ目と鼻の先に、ある「根子岳」。菅平牧場をつっきったところで、ともかくその緑と白樺と、高原花々が美しい。朝イチに上ってみるかといってみたところ、これが結構きつい。勾配がおもったよりずっと急で、「ハイキング」というよりは「れっきとした山登り」。
e0025789_1781382.jpg

旦那のハイペースに途中、なんどかくじけそうになったものの、最後はランナーズハイのような気分でゴールまでいっきに上りぬけた。
e0025789_17121542.jpg
e0025789_1712324.jpg

by mikisnet | 2008-08-08 17:03 | 白馬・軽井沢・菅平  

別荘族美食家が集う、川上庵とプリモ

軽井沢でどうしてもチェックしてみたかった2点。ミーハーだが、お洒落な蕎麦屋の「川上庵」(青山と麻布十番にもある)本店と、イタリアン「プリモ」。
e0025789_1652610.jpg

黒こげちゃのウッドデッキテラスと、ジャズが流れるこのお店。軽井沢たる雰囲気を象徴している。てんぷら蕎麦や、くるみだれ蕎麦ももちろん美味しい。

30分や1時間待ちも普通である、というイタリアン「プリモ」。「たっぷりのボリュームと、本格的な味わい、良心的な価格が地元客、別荘客問わず人気のイタリアンレストラン。」だとか。幸い、20分程度の待ち時間ではいれた。お洒落すぎないカジュアルな感じが、その有名度と乖離していてびっくりしたが、本当においしかった。きちんと、正統派?といった感じ。

この近辺には美味しそうなレストラン・カフェが集まっていて、歩いているだけでも本当に楽しい。

by mikisnet | 2008-08-08 16:49 | 白馬・軽井沢・菅平  

軽井沢でカフェ三昧

軽井沢ってかなり近い。恵比寿駅近くにあったマツダレンタカーが消滅したときいて、交通はとりあえず電車を使うことにした。大宮経由で新幹線、たったの1時間半程度。お盆ちょっと前の平日なので、おもったより人も少なめ。
e0025789_1133040.jpg

もう10年前くらいになるだろうか、知人の結婚式であわただしく来て以来、8年ぶりくらい?の軽井沢。夫は初訪問になるため、その都会的お洒落度と、カフェの多さにびっくり。

今回、たちよったカフェは下記の4つ

1.はるや(上記写真参照)
  器のお店でもあるらしい。超おきにいり。
2.Bar Chocolate
  チョコレートとシャンパンのセットがおすすめ。
3.カフェ ラ・ヴィーン
  家庭的なたたずまいとベトナムコーヒーと。
4.軽井沢高原文庫 ライブラリーカフェ
  一房の葡萄
e0025789_11152162.jpg

e0025789_11165913.jpg

素敵な緑に囲まれて、センスのよいカフェが多く立ち並ぶストリート。これからもたびたび訪れよう、ということになった。10月の義理両親来日時にも是非、ということに。

by mikisnet | 2008-08-07 16:55 | 白馬・軽井沢・菅平  

美術館&ワイナリーでナパ気分

軽井沢メルシャン美術館。侮れない、素敵な緑の楽園。軽井沢でしか蒸留していない、ローカルなウィスキーもあってこれがかなりオススメ。もちろん、ワイナリーツアーや試飲(一部有料)もあって、お酒好きにはたまらない。新鮮な緑と空気のためか、カリフォルニアのナパな気分を存分に味わえる。カフェやレストランも併設していて、私はとても好き。
e0025789_1813248.jpg

その後にむかったのが、軽井沢からちょっと離れたところの小諸ワイナリー。業務的な感じがするので観光用には若干むいてないが、併設の日本庭園との組み合わせがユニーク。
e0025789_17561591.jpg

軽井沢にはいくつか有名な美術館があるが、このセゾン美術館(下)のお庭がおすすめである。緑の綺麗なこと、こじんまり隠れ家的な雰囲気もある。
e0025789_17564399.jpg

ともかく緑の綺麗な写真がとれた、旅だった。ちなみにお気に入りの1枚は、右上のプロフィール写真。

by mikisnet | 2008-08-07 15:47 | 白馬・軽井沢・菅平  

白馬紅葉ハイキング

女心と秋の空。女心と山の天気。この連休で夫が学んだ大切な日本語表現。笑)そう、私達は一足お先に紅葉ハイキングと日本アルプスを楽しむべく、長野県白馬に旅に行ってきた。嵐、風、晴れ間、そして、また小雨、霙、雪。変わりやすい天気にもめげず、晴れ女パワーも終盤にやっと発揮でき、最高の秋景色をカメラに収められた。時系列で旅日程をたどる。

<DAY1>
午前8時。新宿から高速バスを利用。4時間半の道のりを、1時間オーバーで現地13半着。安曇野あたりまで快晴だった天気も日本海が近づくにつれ、不安定に。意気消沈したわれらは初日は手打ちそば、と絶景露天風呂・・・のはずの「倉下の湯」でぼーっと過ごす。パンの美味しいリーズナブルな隠れ家ペンションで、雨の山ライフを思い知る。

<DAY2>
午前8時。小雨に混じって顔を出したサンシャイン。希望に胸を膨らませながら、今週末が紅葉見ごろの栂池高原へ。バス、ゴンドラ、リフト等を乗り継いで、スキーシーズンとはまったく異なる黄色い山地を堪能する。標高の上昇につれ、豹変する天気。雨、風、嵐、霙、風、風、雪。それでも雨脚が弱まったタイミングで高原ハイキングを(半ば意地で・・・)実行する。
e0025789_21362042.jpg

午後3時。運良く、本日8日。白馬八方にちなんで、毎月8日は温泉半額、とのこと。露天風呂のみ、のかけ流し温泉。「おびなたの湯」で冷え切った体を温める。洗い場も着替え場も全て露天。この地方でも一番源泉に近い、風情のある温泉。お薦め。言葉どおり、女風呂貸切状態で堪能する。ラッキー。

<DAY3>
午前8時。嵐の去った後。年にも少ないほどの晴れっぷり。ど快晴。日本アルプスが聳え立つ、豪快優美な自然を目の当たりにして、感激感動の嵐とかわる。
e0025789_21414752.jpg

道端のコスモスが10月を彩り、全てが美しくみえる、澄み切った空。鹿にまで遭遇する。
e0025789_21435859.jpg

そのまま、待ちに待った八方池と周辺の山々。スキーの時には、味わえない、紅葉と雪景色。コントラストが最高にゴージャス。八方池に反射する北アルプス。これのためにここまで来た、という存在感。お決まりのように、持参したワインボトルで乾杯♪
e0025789_21474776.jpg

e0025789_21493731.jpg


帰りは渋滞に巻き込まれ(連休最終日、よみが甘かったと反省)、結局6時間の道のり。11時半に帰宅。ちなみに、このエリアでは遭難死亡事故があったみたい。頂上は全て冬の雪山。公共バスが止まっているところも出ているので、注意が必要。また、今年は熊の出没が多いらしく、普通に道路で出くわした人々がかなりの重症を追っているらしい。おそるべし、長野。

by mikisnet | 2006-10-07 23:33 | 白馬・軽井沢・菅平