カテゴリ:妊娠( 10 )

 

妊娠中に役に立ったもの

はじめての妊娠で、ともかくいろいろ購入してしまったが、本当に役に立ったもの、お世話になったもの、そしてあまり使わなかったもの達はこちら。(あくまで私見ですのでご容赦を)

<絶賛・超有益>
抱き枕(ベネッセ、マルチクッション)
→このなんともいえない抱き心地。今でもかなり愛用中。
②妊婦用黒パンツ、ジーンズ
 ・ストレッチスキニー (たまひよ)
 ・エンジェリーベ 美脚P・パンツ
着圧ソックス・スリムウォークなど
→冬だったし、むくむし普通に大活躍

<うーん、不要だった>
パンツウェストアジャスター 
→かなり役に立つ人も多いようだけど・・・
②たんぽぽコーヒー
→ネット広告に誘導され、珈琲好きな私が反動で大量買い・・・苦笑

<その他>
◎カシュクールワンピ
→普通のものでも、胸部分もVでゆとりあるし、お腹もゆとりが。いかにも妊婦って感じではなく、働く妊婦にはかなり有難かった
△ぺたんこ靴
→7cmヒールとかに慣れている生活から突然Tory Burch(トリー バーチ)等のフラットシューズみたいなペタンコは失敗。逆にものすごく疲れて腰痛に。3cmとかのヒール(太め)がしっかりある靴のほうが最後まで(というか産後も)重宝する。
◎妊婦用下着
→ワイヤレスブラやハーフトップなどは授乳する産後も普通にマストアイテム。
◎プルーンジュース
便秘に悩まされていたのでほぼ毎日。鉄分もとれるし、一石二鳥。いまだに概して美味しいとはいえないが、継続愛飲中。
◎メモリつき婦人体温計
→おもに妊娠前だけど、今後のために妊娠初期も使った
△妊婦用タイツ
→結局冬はヘビロテしたけど、自分のお腹サイズ・脚の長さにあったのがみつかるまで失敗も多く・・・。
モーツァルト
→胎教としてベビー用に聞いていたが、それ以上に自分の仕事がはかどってよかった。

by mikisnet | 2011-10-20 10:07 | 妊娠  

陣痛遠のく。

(助産師さんに電話でいわれたとおり)ゆっくりお風呂入って、旦那帰宅の面倒みてご飯温めなおして、リラックスして・・・時間も時間なので、ベッドについて普通に寝たら、陣痛はどこかへいってしまった。笑)とはいえ、夜中3時くらいに空腹と痛みで目をさめることもたびたび。でも、朝には、単なるレベル3(マックス10とすると)くらいの生理痛くらいのみ。初産だとよくあるみたいだが・・・。

e0025789_12481012.jpg本日38週と4日。午前8時半に起床したときも、腰の鈍痛のみ。そして旦那の朝ごはん準備をしていたら、また痛みはどこかへ。昨晩の7分おきくらいのてんやわんや(痛みそのものというより、よくわからんことによる戸惑い)はなんだったんだろうか。ま、いっか。これでまた今日も予定通りランチプラン実行できるし、予定日までまだ時間あるし。

by mikisnet | 2011-05-12 09:53 | 妊娠  

陣痛って・・・。

数日前から、俗に言う「前駆陣痛」らしきものがあり、今朝は、こちらも俗に言う「おしるし」があった。一人産休ライフをあと1週間は堪能する予定だったので、ややビビって、ネットで「陣痛始まり」をめっちゃ調べる。

そんなにすぐに、分娩がはじまるわけではなさそう・・・

ということで、午前中は家事に精を出す。ついでに、かれこれ10年くらい使用してるアイロンに愛想をつかして、ネットで比較的新しい機種のアイロンと、iPod対応CDプレイヤーミニコンポたるもの(結局、思い出深いCDそのもの達と、どうしも決別できず、プレイヤーも必要という結果に)をネット購入。午後は平日ランチを求めつつ、昨日にうってかわって、寒い雨の中、恵比寿ガーデンプレイスまでお散歩。と、そのまま、三越やらなんやらと、恵比寿界隈を、また2.5時間くらい歩きまくってしまった。
e0025789_1242467.jpg

それで促進されたか?
今夜にはいって、
①生理痛の全体的な重たい痛み
②生理のときの腰痛
③お腹のはり
がやってきている。

もしや・・・?これって陣痛か?
「誰にでも絶対わかります。生活できない痛みです」
っていわれてたけど、
わからん。

by mikisnet | 2011-05-11 22:15 | 妊娠  

妊娠初期の話

そもそも、今回の妊娠、確定したのは2010年9月。35歳前にとりあえず一人は・・・という滑り込み?タイミングで考えていたので、その意味計画通りといえるだろう。ただ、そんな去年の春の矢先、突如決まった旦那の単身赴任やら、私の出張三昧やらで、「タイミングよくないかな~」なんて、やっぱり、後回し後回しになっていたのだった。笑)

でも、そんな私にダメだしをしたのが、母の下記の一言。
「女の人生に、完璧に良いタイミングなんて一生こない!」
結婚のタイミングも母のリズムでまとまった感じだったけど、今回もまた妙に説得力のある論理?にのっかってしまった。確かに・・・。あのまま、計画してなかったらきっと、私も旦那の延長赴任に便乗してNYで働きたいなんてことになって、異動願いなんかを出したり(実は実行しかけてたし)、必要だったら転職したりってことになって、ますます先延ばしになっていただろう。ま、それはそれで楽しめたんだろうけど、俗に言う年齢的なリスクはどんどん高まっていくことは事実だから、環境が恵まれてるのに先延ばしすぎるのもあまり懸命とはいえないんだろうな。なんて、ことがきっかけだった。笑)

ちょうどよくNYの旦那と合流し、カリブ海か、マイアミ・サウスビーチで夏休みをとる予定だったのも、何かの縁(?)で、第二のハネムーンモード?笑)のバケーションが待っていたのだった。笑)夏のマイアミ、って何かあるとはよくいうけれど・・・。ふふ。笑)ビバ、マイアミビーチ。

ちなみに、妊娠が判明した頃に書きだしたメモはこちら。 このあと10月に入ってツワリが襲ってきたので、記載は3日坊主なみに終わっている・・・。

by mikisnet | 2011-05-09 18:05 | 妊娠  

臨月にて体重減る

産休に入ってから、ともかく今まで通り(いや、家事やら改装やら、物理的な徒歩でのショッピングやらで、肉体的労働的にはデスクワーク以上のレベルか?)、かなり忙しく動き回っていたせいか、なんと臨月に入って痩せてきている!なんて喜んでいる場合ではないのよね。笑)ドクターには、この時期にきて太りまくる人が多いので、なかなか珍しいけど、悪くないよ、なんていわれたが・・・。

とはいえ、自分の体重そのものはいいとして、カロリー摂取&燃焼度合いからかんがみて、ベビーの最後のふんばり成長にも影響があるといけないので、
①次の1週間はちょっと安静めに大人しくすること
②特に、食後に安静にしていること(胎盤をとおして栄養をうまくいかせるためだとか)
と言われてしまった。

ノンストレステスト(胎児になんらかの刺激ビーム?を40分間あてて、その反応・元気度をみるんだとかいうテスト)では、元気そのものだということなので、心配はないらしいが。わが子よ、すまん。必要カロリー、母親だけで独占してしまっていたかしら・・・今週は大人しくしてます・・・。

by mikisnet | 2011-05-06 21:35 | 妊娠  

産休突入

4月15日をもって、とりあえず、しばしのお休みに入った。4月いっぱいは有給を消化し、5月1日から正式に『産前休暇』というものを取得することにしていた。そう、今日から、いわゆる『産休』なのだ。人生初の産休。社会人になって12年目になろうとする今年、人生初の『社会人お休み期間』をとるということだ。というわけで、逆にこのブログもこのタイミングで基本『復帰』しようかと考えている。笑)

なんて、感慨にふけっているのもつかの間で、我が家は、4月の旦那の帰国とともに、インテリア大改装プロジェクト中なので、てんやわんやでめっちゃ大忙し。年末くらいから本格的なプランニングをしてきたものの、さすがに妊婦一人で、大型家具を配置換えしたり、そのためのチェックをしたりとかっていうのができなくて(普通以上にはやっていたが・・・)、ようやく4月半ばくらいから超本気で実行モード突入というわけなのだ。賃貸大家さんも巻き込んで、畳を新調してもらったり、家具をほぼ入れ替えたり、もちろんベビー用スペースを作って、モノを購入&レンタルしたり。あと3週間で予定日というのに、まだまだプロジェクトはばっちり進行中。先が見えない・・・。

ちなみに、産休というものは、出産日を境に『産前休暇は6週間(任意)、産後休暇は8週間(必須)』というのが決まりだそう。有給などをくっつけて、結構産前を長めに取る人も最近周囲には多い。私は体調がかなり絶好調だったので、キリよく月始から産前3週間ほど、って感じだから、あまり長く感じないのかも。特にGWはさんでるから、基本一般社会の皆様もお休み中だし。笑)

いずれにしても、普通に権利が認められて、働く周囲も認めてくれて、っていう環境にいることに、大感謝である。妊娠系雑誌とか、ネットとかみると、日本社会ではそんなに理解のある会社はまだまだ少ないようだから。体調が不良・不調の体験談などを聞くと、やっぱり必要なお休み制度であることは間違いない。特に精神的に、社会人モードから母準備モードに切り替えたり、っていう感覚なのかな、私にとっては。

by mikisnet | 2011-05-01 11:27 | 妊娠  

マタニティ撮影

妊娠がわかった時に、真っ先に思い描いた希望が、『マタニティ(ヌード)記念撮影』。笑)妊娠時には、そのうれしい事実と同じくらい、この先どんだけデブるんだろうか、その後の体型にはどこまでどう影響があるんだろうか、これで肉体的な盛り(?)とも、ひとつの縁の切れ目なんだろうな、などと、自分勝手な恐怖感を描いていたのが正直なところ。というわけで、せっかくだから、このときにしかない姿を残しておくように前向きになろう、という結論に。

今回、お世話になったのは、渋谷松涛にあるこじんまりとしたスタジオ、
Happy Birth Photo』さん。
ここ2年くらいで、かなり急速大ブームらしく、予約も数ヶ月前からちゃんと予定しておいたほうがよい。時期的には臨月くらい(予定日1ヶ月弱くらい前がお腹の大きさと、その他リスクなどもかんがみて)無難っぽい。1時間くらいゆっくりかけて、希望のポーズやら色合い、トーン、表情などで柔軟に対応してくれる。

都内にいくつか同サービスがあるが、ここを選んだ基準は
★データ全部もらえる
★白黒などを中心としたアーティスティックな仕上がり
(単なるファミリーフォトっぽいのはいらなかった)
★プライベート感・お手製感
★近い
★メール・電話対応などがとても心地よく温かかった

さすがに、公開はできないショットだらけ(笑)だが、かなりイメージどおりで大満足。お腹だけの『月』っぽいショットはこちら。
e0025789_1395555.jpg

一枚選択したら、木製の大きなパネルでの納品もあるらしい。1ヵ月後のそれも、楽しみだわ。

by mikisnet | 2011-04-23 12:57 | 妊娠  

冬の終わりがウキウキの元

ここ数日15℃以上の日があったりと、春の訪問を感じずにはいられない。今日は突如、雪が降ったりしたけれど、それも三寒四温。一歩ずつ、一歩ずつ、そして確実に春が近づいてる証拠だ。妊娠中の適度な運動として、『歩け』と言われることが多いが、最近は六本木の職場から恵比寿まで歩くようにしている。それもこれも、春めいてきた天候のおかげよね。

そんな私の内なるリズム(もともと冬嫌い、冬は冬眠、エネルギーレベルが下がる)に気がついてか、お腹のベイビーもいたって順調。というより、私自身の体調(と気分)がものすごい絶好調。妊娠中は、エネルギー(体力)が6割とか7割になるとのことで、これまでそのような疲れやすい自分に地味に凹んできたのだが、最近は『普段の自分』を感じる。それが、ものすごい気分いいのだ。(あ、でも、ようやく妊娠8ヶ月に入って、ようやく妊娠体に慣れただけ?かも?笑)

今日で2月も終わり。旦那の帰国日も1ヵ月後と決まり、この別居生活も終わりに近づく。やっぱり、動きのある季節はいいわ。よくもわるくも、次のフェーズに突入しかけるときの期待と不安とワクワクみたいな。笑)

冬の間、よくがんばった。私。

by mikisnet | 2011-02-28 22:31 | 妊娠  

赤ちゃん本舗

今週末で8ヶ月に突入する。あと3ヶ月弱で、出産なんて、いまいち実感がわかないのが正直なところ。とはいえ、『そろそろ入院用品を準備』などというメールが送られてくると、何かしなければ、という気になってくる。

赤ちゃんグッズの王道として、まずは、赤ちゃん本舗(五反田TOC店)にいってみる。うぁー、と圧倒されて、気後れして帰ってくる。笑)結局、自分のマタニティ用パンツをいくつか、産後用のショーツとか、そんなものだけ購入して終了。子供の世界と、家族の世界が、どわーっと押しかかってきて、軽いめまいが・・・笑)

これまでの買い物は基本ネットで行ってきたし、きっと最終的にはネット購入が安いのかもしれないが、実物も見てみるといい、と思った。この世界観は、リアルでみてみると、よりリアリティが増す。

出産準備用リスト

by mikisnet | 2011-02-26 22:45 | 妊娠  

母になる。

というわけで、だいぶ、だいぶ、ご無沙汰していたが・・・。
突然再開してみたくなったので、書き連ねることにする。

かれこれ、妊娠が発覚してから5カ月が経過。妊娠そのものは、ちょうど今7カ月半くらいで、25週目。この同じブログに今後も書こうか書くまいか(初期は別途、細かい記録を残そうとブログを立ち上げたが、ツワリに突入するとともに自然消滅。笑)、いろいろ悩んでいるうちに、なんだかな、この時期まできてしまった。

書きづらかった理由は、時機を逸してしまったことと、心と頭に浮かぶのがあまりにもプライベート&センシティブなことばかりで、書くにもどこから手をつけていいかわからなかったこと、単に様子をみようと思っていたこと、そして何よりも、自分の「変化」に自分が一番戸惑って整理しきれてなかったこと、なんだろうな。もちろん、意思もタイミングも全て計画通り(?)だし、大変喜ばしいんだけど、それだけでは何かが欠けているような未知への戸惑い。

いつか雑誌CREAで、「母になる」みたいな特集あったけど、そう、その「タイトル」に対する、自分のスタンスというか心構えというか、距離感というかが、微妙にその「変化の波」に乗り遅れていたのかもしれない。ある意味で、前向きに乗りたくなかった自分もいるのかもしれない。これまでの生活の「捨てる」「あきらめる」部分がどれほどあるのか・・・。不安というよりも、自分の中で、「先送り」にしていたという感も否めない。

とはいえ、今のところ(必然的な地味なマイナートラブルを除けば)すこぶる順調で、やっぱり日々の生活もこの「母になる」ことをはずしては進んでいかないので、ここは素直に喜びを受け止めつつ、前向きに書き連ねていこうかと思う。

遊びやパーティのお誘いも断って、社交生活をかなり限定していたために、疎遠になってた皆さま、すみません!また復活(?)したおりにはぜひ声かけてくださいな。

by mikisnet | 2011-02-08 19:49 | 妊娠