カテゴリ:食事全般( 163 )

 

ポルシェで駆けるTOKYO

とある知人と誕生日ディナー。最近、車を買ったらしいとは聞いていたが、打ち合わせが終わって、現れたのは、シルバーのポルシェ。彼の部下R嬢も便乗して、ポルシェで夜の街を駆け抜けよう、ということになった。カリフォルニアでレーサーになるレッスンも受けたとかなんとかで、運転にはかなりの自信があるらしい。R嬢の仕事のお祝いも兼ねて、着いたのが新宿のパークハイアット。バーでコスモポリタンを頂き、レストランで素敵なディナーを食す。程よい感じの混み具合で、夜景をゆっくり堪能する。
e0025789_11485846.jpg

うぉーん、うぉーんとけたたましい凄い音も楽しみながら、見慣れた東京の光景を耳のうしろに感じて走り去る。自分で車を運転しない私が、車道からみる風景をたのしめるのはタクシーくらい。笑)それとは大分居心地とスピード感が違う。つかの間の贅沢を味わう。ちなみにこの車、旧式のなんちゃらっていうスポーカー型で、なんだか価値があるらしい。彼の薀蓄をR嬢とともに、ふーん、ふーん・・・眠) と聞いていたわ。

by mikisnet | 2007-10-23 20:59 | 食事全般  

いつもの寿司と着物とケーキ

家族との誕生日ディナー。父親の行きつけ(そして、幼い頃からの私の行きつけ)のすし屋、にて家族集合。ここの赤身(マグロヅケ)が食べたくて、食べたくて。なんて単純なんだろうとも思いつつ、あの味はなかなか他では食べられない。いつもながら、ご馳走様。ありがとう。

ママからの誕生日プレゼントは、なんと「着物」。来年の花見パーティにぴったりの、さくらをちりばめた小紋。祖母の口キキで、特別に仕立ててもらったもの。何色というのだろうか、ブルー、緑の間くらいに、少しくすませた、和の独特の色合い?浅緑、苗色(なえいろ)、青磁色(せいじいろ)の中間くらいだろうか。

あとは、誕生日ケーキ。甘さの苦手な私好みの、幼い頃からのお気に入「御手製くるみケーキ」。美味。

by mikisnet | 2007-10-13 22:44 | 食事全般  

My Humble House

銀座のお洒落系シンガポール料理、といえば、ここ。「My Humber House」。系列は、Den、NOS、ラファブリーク等、トレンディなところ。NY帰りの友人T嬢と、久しぶりのキャッチアップディナー。直前予約でなんとかカウンター席をGET、赤ワインとシンガポール料理(というか、中華?)に酔いしれる。

話題のスポット、マロニエゲートもチラ見して、有楽町からプランタンあたりの再開発状態に、びっくりしまくり。浦島太郎状態になりつつ、東京”ギンザ”のバブルさを観察する。

今までの友人が(仕事や結婚で)物理的にだんだん分散していく中で、良い遊びパートナーが見つかって感激だわ。これからもよろしく。笑)

by mikisnet | 2007-09-28 14:38 | 食事全般  

山の上エクスタシー

マンションネタで、何かと非建設的な時間の使い方をしてしまっている9月。まだまだ本格的な解消はないので、ストレスはたまる一方。深夜残業続きの夫の健康対策にも一考を投じながら、日々の家事雑用をこなす。普通の生活、といえばそれまでだけど、なんだか鬱憤も溜まる。

そんな中、夫同僚の香港系ロンドンボーイ(イケメンリッチ)の送迎会に便乗したみた。六本木ミッドタウンの最上階レストラン「山の上」でてんぷらをたらふく食し、日本酒を飲みまくる。ご馳走様でした!笑)そのまま、六本木界隈のバーをさまよい、最後はクラブで踊りまくる。深夜残業三昧の彼らも、久々の夜遊びだったらしく、皆ハイテンションに。AMRITAは相変わらず大人気だった。日本人らしいクラブ、ということでエーライフにも足を伸ばす。朝までのダンシングエクスタシー、これぞ、ストレス解消という感じ。

by mikisnet | 2007-09-23 23:40 | 食事全般  

うなぎと雨と、夏の終わり。

会社からもそう遠くない、東麻布の「野田岩」。7月の丑の日にうなぎを食べられず、なんとなくひきづっていた「うなぎ熱」。同僚らが仕事のお礼におごってくれるというので、野田岩と注文。うなぎ談義と、周囲の怪しい(?)カップル達のネタで盛り上がる。美味しい。

たらふくうなぎを食べた上で、お洒落なレストランバー、「PINO CHIKA」へ移る。カウンターで、ウィスキー三昧。ご馳走様です。

そこへ、Glenelg Girl嬢から電話が入り、彼女の友人デザイナーM嬢のコレクションパーティ@六本木へ移動する。大雨の中、お洒落系外人達が大勢集う。ちょっとした活動の準備のため、一足お先に家路に着く。もやっと温い湿気のベールをまとう夜空に、晩夏の雨が容赦なく刺してくる。

by mikisnet | 2007-09-05 23:56 | 食事全般  

離れてても。

やっぱり、わかってくれる友人がいる。価値観とノリと、興味と悩みどころとか・・・。離れてても、話さなくても共感できる友達がいる。お互いの溜まった膿やら余分なエネルギーやらを、一緒に混ぜ合わせて、消化できる彼女がいる。そんな彼女が、急遽仕事で来日(一時帰国)したので、二人で再会ディナーをすることに。
e0025789_11133610.jpg

世間ではお盆明けの初出勤の日。夜の六本木は、予想以上に静か。大混雑と噂されていたミッドタウンのビアガーデンも意外とすんなり入場できた。(写真左は公式サイトより)1000円のチケットがいわば入場料。ビール(700円)と残りの6枚で唯一買えた春雨スープをシェアしながら、御互いの近況をキャッチアップ。その後は、近くの「旬味 草ぼう」にて、純和風な小鉢料理にしっぽり梅酒・日本酒を頂く。長いブランクの語りあいには、このくらいのしっぽり度がパーフェクト。

8年前のこの界隈、二人でよく朝まで遊んだよね。変わり行く街並みに、昔の面影を投影しながら、時の流れを痛いほど実感する・・・。とはいえ、ずっと変わらない「何か」がある、のも確か。暑さと悪運続きを言い訳に、ダレて凹んでいた私も、なんだか元気が出てきたわ。sisydney嬢、ありがとう。週末は二人で伊豆温泉旅行だぜっ。

by mikisnet | 2007-08-20 20:38 | 食事全般  

honey pairs @ 槐樹

挙式した八芳園からの1周年記念のディナーギフト券「honey pairs」を使う。御庭の見える和食レストラン、槐樹にて、フルコース+シャンパン(ワンドリンク)というセットだ。
e0025789_16114454.jpg

思ったより狭く、まぁ、どこにでもありそうな和会席ではあったが、式場となるとやはり趣きが違う。やたらと感慨深くなるものね。周囲も、同じようなハニー達ばかりだったし。

by mikisnet | 2007-07-21 20:08 | 食事全般  

鴨のコンフィ

すし屋に行ったら赤身。タイにいったら、パッタイ。フレンチビストロにいったら「鴨のコンフィ」。定番かつシンプルであるだけに、「その店らしさ」が出やすい。じっくりと煮込んだやわらかさと、外側のぱりぱり感。この感覚がやめられない♪

というわけで、最近紹介されてチェックしたお店を3つ。
ビストロピュイドール(恵比寿)
割と有名な個人店。照明が暗く、全体的にパンチ不足な感はあるが、基本の味と気負わない雰囲気は良い。フレンチに慣れない人にも優しい感じ。
Le petit restaurant epi (恵比寿)
テラスがイイ感じ。ブイヤベースがオススメだそう。ビストロといよりは昼下がりのカフェとして使いたい雰囲気。
ビストロ ブルゴーニュ(赤坂見附)
雑居ビルにあることで損をするかも。知人・オーナーの紹介なので、とても良くしていただいた。コンフィは、ぎゅっとした肉肉しい感じ。ハト料理もオススメだとか。関連の「セレブール 赤坂」はワンランク上。

by mikisnet | 2007-07-18 22:33 | 食事全般  

七夕は書のお稽古で

2007年7月7日。7人で七夕のお稽古というちょっとした粋な計らい。書道家の先生をお呼びして、「書道」のお稽古だった。レッスンの締めは、「短冊」へ願いをこめて筆をしたためる。ここは、本音で「祈願」を書いておく。
e0025789_951381.jpg

ところで、書道。自慢話をすると(笑)、小・中時代の「書初め」展は県大会で上位になり、高校・大学も趣味&授業で継続していた。ちなみに某S玉県は、習字・書道のハイレベル圏とのこと(書道家談。)毎年の年賀状、誕生日カードも(自称)書アートでこなし、私にとっても唯一の「道」とよべる嗜みだった。が、「マイクロソフトの成長」とともに、急速に衰退していった私の達筆力。うーん。改めて筆を持ち、その「喪失感」に苛まれる。これは、いかん。長い歴史と努力の歳月をこのまま見捨ててはいかん。

by mikisnet | 2007-07-07 13:46 | 食事全般  

丸の内ハウス

e0025789_155113100.jpg前職同僚との久々のディナー。気になっていた「新丸ビル」の偵察をかねて、場所は丸の内ハウス。御目当ての「リゴレット ワイン&バー」は、満席のためNG。よりリーズナブルで気軽な「SO TIRED」で中華を頂く。噂どおり、ドリンクを片手にうろうろする自由度の高いフロアがとても新鮮。リフレッシュされてイマドキスタイルの東京・丸の内のビル群を背景に、外のテラスで飲むシャンパンはいつも以上に美味だわ。

ビル自体は、シックで大人っぽく、控えめで良かった。濃い茶を基調に、淡いクリーム色や、オレンジ、たまに紫や黒を効かせた感じ。今後のキャリアの方向性、年金問題からトークは始まり、最後はやっぱり恋の話と男と女。最近、こういったガールズ・サシでの時間がこれまで以上にとても貴重だわ。

by mikisnet | 2007-06-26 22:41 | 食事全般