<   2006年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

母達

彼の両親(特にお母様)より、うちの両親(特に母親)宛てに1通の手紙が届いた、とこのこと。もちろん英語で。日本語風にいうと、「このたびは・・・」みたいなくだりで。うちの母はそれを独自で翻訳したという。最終的にはその「返事」を日本語で筆にしたため、私経由の翻訳で、太平洋を渡っていった。

私達世代の「世界定規」はかなり短いものかもしれないが、彼らの世代ではかなり「長い」距離であろう。そんな彼らが太平洋と日付境界線を越えて、はっきりと「意思疎通」が出来ている理由はただひとつ。「母」であるから。

母強し。しかも絶対に揺るがないグローバルスタンダード。いつかは私も「母」になりたいと、ふっと思った瞬間だった。

by mikisnet | 2006-01-30 20:27 | Wedding  

両親@恵比寿

今週末は、うちの両親が家に遊びにくる。結婚式の準備ネタトークもあり・・・。昼間からビールを大量購入、大宴会となり、柿ピー等の酒の肴などで盛り上がる。

今夜、「母の想い」を手紙にしていただき、感動する。前日に購入した「和キャビネット」と「ちゃぶだい」をセットした新品同様の和室で日本茶を飲みながら・・・昔を想う。

結婚とか、結婚式とか、「当事者」になってみないとその本当の意味合いがわからないものだなぁと思う。家族と家族とか、そういったことは当然のことだが、それよりも現在・未来・過去全てを包含した時空の中で、真の自分と向き合う「イベント」ではないだろうか。価値観の再形成というか。そしてその結果、自分を取巻くあらゆる環境・人々に心から感謝する。「家族」とか「友人」の在り方における自分の立ち位置を確認する「節目」でもあろう。

パパ、ママありがとう。

by mikisnet | 2006-01-28 19:09 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

今更ながら 渋谷 Legato

ドレス購入祝いの酒に選んだ会場は、グローバルダイニング渋谷 Legato。今更ながらだが、初訪問となる。渋谷全体をいつもとは角度から見渡せるバーが大人気。突如決めたお店なのでもちろん予約などなく、案の定、満員。回転のよい、せわしいグローバルダイニングのことだから、30分くらい待てば大丈夫だろう、と運良く最高の窓際席を頂きながらバーで飲む。想定どおり10分後にすぐメインダイニングへ移動。
e0025789_1602788.jpg

バーの外人率は80%、ダイニングでも40%くらいか。何が、このグループレストランを繁盛させるのか?その鍵はやはりこの「外人御用達」にあると思う。では、なぜ外人御用達なのか?

1.西洋人(特にアメリカ人)に馴染みのあるメニューとサービス
2.もちろん英語は半公用語
3.費用対ボリュームは悪くない
  →1品づつの単価は安くないが、決してべらぼうに高くない。
    むしろ東京在住外人にとっては安いほうに入るか。
4.何よりも東京の英語版メディア露出の巧みさ
5.最後に、「お洒落っぽくて、ハズレがない」こと。
  →東京初心者でも、デートに誘える。はずさない強み。

また、サービサーのルックス粒度を揃えることも、戦略の一つだろう。とずっと勝手に思っているが、いかがだろうか?マーケティング的にもう少し真面目に突っ込んで考えてみたいトピックだ。

by mikisnet | 2006-01-27 23:51 | 食事全般  

ドレスにどーんと・・・。

運命のウェディングドレス(ベール、パニエ、白パンプス含む)を購入するため、再びドレス店へ向う。彼のタキシードのサイズあわせのため、彼も一緒に連れて行く。「ドレスみてしまっていいんですか~」という(周囲の)驚きの声に動じず、もちろん一緒に試着三昧。下手な旧いジンクスより以下のような「実」をとる私。

1.並んだときの身長バランス
  →ヒールの高さ、Aのライン具合に影響する。やっぱり実際並んでみないとね。
2.アイボリー vs 白
  →アメリカ試着時に「絶対アイボリー」限定、とまで係員にいわれた経緯あり。一方で日本ではまだ「白」が定着している。本当にアイボリーのほうが似合うか、の最終判断を彼にしてもらう。
3.ドレスとタキシード小物の色あわせ
  →アイボリー路線でクラシカルゴージャスを追求するため、種々の色組合せを試す。

ということで、どーんと現金で支払いを済ませ、スカッとする。さぁハナキン、次は祝い酒。

by mikisnet | 2006-01-27 21:37 | Wedding  

水槽のあるレストラン

今宵はしばらく連絡をとっていなかった友人と久々にディナーをとる。寒いので、駅近くで、ということで、下記の店を選択してみる。
LUXIS
恵比寿の洒落た焼き鳥や「ももたろう」を展開するグループのお店で前からかなり気になっていた処。一瞬、グローバルダイニング系かと思わせる、都会型ゴージャスな佇まいが地下深くへ続いていく。ここのウリは「アクア」、つまり大きな水槽がある、こと。
e0025789_1217926.jpg

ラッキーにも、大きめな個室風ソファに座れ、キャンペーン中のPIPERシャンパングラスを頂く。料理のボリュームはかなり大きめ。外国人も喜びそうな、「西洋」っぽいメニューの枠組みで提供する「和」の素材あり。グラスワインも3種づつあり、少人数でも使いやすい。いわゆる合コンのシーン(ちょっと年齢層の高そうな)もかなり多かったのが特徴か?なかなか良い。

水槽といえば、外国人の間でかなり話題となるのが、六本木のfusion。レストランのHISIOに行った時にちょこっと覗いたことがある。よく覚えてないが、上半身裸(だったような・・・)金髪女性が泳ぐ巨大な水槽がウリ。

by mikisnet | 2006-01-25 22:09 | 食事全般  

SitCom @ NHK?

懐かしい友人(米国人男性)から、突如連絡がある。しばらく音信普通だったため、てっきりアメリカへ帰ったものだと思っていた。思えば7年以上も前に出会った旧い友。ハーバード大学で日本(とかアジアとか?)の文化を専攻、しばらく出版社へ勤務していたらしい。一方で、「外人」の特権を使い、たびたびメディアにも出ていたみたい。そんな彼の本日の要件は、
女優に興味有る?
飲んでいた会社のタダ茶を噴出しそうになった。よくよく聞いてみるとNHKで今度放送する予定のコメディー番組で、バイリンガルな日本女性を探しているという。何でも、異なる国籍の外人が日本に共同生活をするSitComで、簡単にいうと、アメリカの「FRIENDS」のようなものらしい。もちろん、彼はその中の一人、を演じるという。そして、その「日本人女性」のキャラが私っぽい、らしい。うーん。どんなキャラだか。全般的に真偽のほどは定かではないが・・・。

今から「はい、そうでうか」と女優になれるものなら、なってみたいが・・・と言った上で、丁寧にお断りする。

そうは言ったが、夜にはちゃんと、「チャン・ツィー」「キャサリン・ゼタジョーンズ」等をイメージしながら、演技に励む夢をみる・・・おばかな私。笑)

by mikisnet | 2006-01-24 23:23 | その他  

来客用布団セット

自分でいうのも恐縮だが、都心二人暮らしにしては、結構広めのウチに住んでいる。それと、交通の便が非常によいため、「泊まり客」もやや多い。しかし、問題は、布団が足りないことで、夏なら適当に4名くらい雑魚寝できても、冬はつらい。そこで、結婚式の際の来客もあることだし、いっそのこと布団セットを追加しようと、ネットで購入してみることに。羽毛使いで二組9800円。おそるべし・・・。

by mikisnet | 2006-01-23 23:17 | その他  

運命のウェディングドレス

母と一緒に、ウェディングドレスの試着へ行く。アメリカの旅でめいいっぱい着まくった私だが、今回は本気モードで「決め」に行く。ゼクシー3冊とアメリカ版(ゼクシーみたいな)雑誌4冊を重箱の隅をつつくようにチェック結果、やっぱりアメリカスタイルで行くことを決意。いろんな意味で、日本のアパレル業界は、私のような(華奢ではない)体系には優しくないのだ。ご存知、この春のトレンドは「girly、cute、ふわふわ」路線。そこで本日は、型・スタイル・路線とも私向きのNYドレス輸入専門店へ。

合計4点の試着を行い、見積を頂く。ひょー・・・。現地購入すればもっと安いのに・・・。という軽いショックが体中を襲う。

しかし、母親の見立てで、運命のドレスに出会ってしまう。思ったとおり、サイズはぴったり。気になる胸周りは、ほぼ完璧。特徴は「シンプルクラシカルゴージャス」、「シャンパンを片手にローマの休日」って雰囲気だろうか。笑)

by mikisnet | 2006-01-22 23:25 | Wedding  

Afternoon Tea @ Mandarin Oriental Hotel

恒例となったAfternoon Tea Party。前回、どうしてもっとちょっとお願いしたのも功を奏したか、Mandarin Oriental Hotelでの開催となった。香港発、できたてほやほや高級ホテルのオリエンタルラウンジにて。母も誘って、優雅な午後を迎えることに。
e0025789_13181042.jpg


母の参加や、婚約発表といったご配慮からか、窓際の素晴らしい席にアサインされて、大喜び。前日の雪が東京のビルを覆う様を、36階の高さから見下ろせる。かなり素敵。また、幹事英国人男性Rのこだわりで、メニューにも気合が入っていた。紅茶のシュガースティックがこれまた最高にキュートで、(非買商品らしい)数本、持ち帰ることにした・・・。メニューも今までになるオリジナルで高品質、4400円という会費はかなりお得。ビュー、サービス、話題性と多角的に費用対効果が一番高いパーティとなった。

スィートルームの見学後、素敵な夕日を拝みながら、超優雅なマンダリンデーの幕を閉じた。

by mikisnet | 2006-01-22 23:10 | パーティ・イベント全般  

朝起きて、大変なことになっている。雪。しーん、静まりかえるこの景色。見慣れた恵比寿の町並みが突如知らない世界に変わっている。誰もいない・・・。猫はコタツで丸くなりたい・・・、と心底願った朝。今日はちょっとした勉強会セミナーが朝8時30分から入っているのに。

いつの頃だったか、冬に馴染めない、自分を確信する。大抵のことならOKの私だが、これだけはどうしようもない「Fact」なのだ。通常なら既に冬眠モードなのに、今年はよくやっているほう、と真面目に自分を労わる夜を迎える。

by mikisnet | 2006-01-21 22:58 | その他