<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

這い上がる

I have a dream that one day this nation will rise up...
Martin Luther King, Jr.: "I Have a Dream"


で締めくくられる映画、「RIZE」。とある知人は「8マイルのダンス版、リアル版、とでも言っておこう。ともかく背負っているものが凄すぎる、としかいえない」と。「DNA」のなせる業、に興味・関心をこえて、ともかく衝撃的だった。LAのゲットーと呼ばれる最貧地域で、始まったクラウンダンス。そこから派生したクランプ・ダンス。クラウンVSクランプのダンス・バトルシーン等は、ラップバトルそのもの。何より印象深かったのは、彼ら(主に黒人)のダンスとアフリカの民族のダンス(儀式)の映像が重なるところ。ルーツに基づく、ダンス。エネルギッシュで、超高速な彼らのテクニック以上に、何よりもDNAにしみついた「表現力」のパワーに、ただただ畏敬の念を覚えた。
e0025789_12391195.jpg
特有のリズム感も、体の力も、そしてそのエネルギーも、彼らの「文化」なんだということ。同時に、そこまで貧しい現実が「そこ」にあること、何十年も続いていること。そんな怒りの中から「這い上がる」ためのエネルギーが、それであること。数々の事実に、とても衝撃を受けた。のほほん、と生きている自分にムチを打たれたような気になる。人間の本当の力とエネルギーは、この「這い上がる」力のことをいうんだろうか。

by mikisnet | 2007-02-28 12:12 | 映画/DVD/TV  

移民つながり@CAMARADA

ひとえに、「国際結婚」といっても、対象となる国によって状況がだいぶ変わってくる。周囲の「国際結婚率」はかなり高いほうの私だが、「今、どんピシャで同じ状況にいる人」はそんなにたくさんいるものではない。今宵は、その数少ない私の「移民つながり」フレンドのK嬢と、情報交換。というより、いろいろ教えてもらう。前述の「移民あつかい」も、彼女からの情報がベース。ありがとう♪
e0025789_11314918.jpg

中目黒在住のK嬢の御用達ラウンジ「CAMARADA」を貸切状態で、ゆっくりくつろぎながらの移民トーク。笑)アートな空間に大型ソファ、グラスワインも、美味だし、テラスも最高。超おすすめ。極めつけが、海老チリマヨの1品。

by mikisnet | 2007-02-26 23:18 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

移民のあつかい

テクノロジーの発展で世界が狭くなったとはいえ、「国」という単位をまたがる行為は、いつの時代にも困難を伴う。国際結婚もそのひとつ。異なる文化、異なる指標・価値観で管理される舞台への進入は、必要以上に慎重にならざるを得ない。管理する側も、される側も。

日本時間2007年1月23日、移民ビザのプロセスについての法律改正があった(らしい。)「家族呼び寄せ移民ビザ請願書はUSCISでのみ受理」Adam Walsh Child Protection and Safety Actにより、米国外の大使館・領事館でI-130請願書を提出することができなくなりました。

つまり、日本で米国市民と結婚し、その配偶者としての「移民ビザ」申請手続きが、日本の大使館ではできなくなってしまった、というもの。全てカリフォルニア州の移民局が執り行う、と。Adam Walsh~法の項目の中に、「性犯罪経歴のあるアメリカ市民は移民ビザのスポンサーになることが不可能」という規定があり、在日アメリカ大使館ではその規制対象となる「移民ビザを申請したアメリカ市民」の過去の性犯罪暦を調べるシステムが導入されてない、とのこと。導入してよー。っていうか、今まではそんなスポンサーを許していたのか?っと突っ込みどころは多いが、ここは我慢するしかない。ちなみに、USCISによると、その支店はバンコクを中心に、北京、広州、ホーチミン、香港、マニラ、ソウルに存在するが、日本には無い。「属国」扱いなゆえに、規制拠点は必要ない、とのことか?!

いずれにせよ、なんとなくダークな雰囲気の残る「移民」という言葉の響き。「移民」になるのね、私。移ってきた民。日本で外人が「エイリアン」と呼ばれるのよりはマシかしら?笑)

by mikisnet | 2007-02-26 22:25 | Wedding  

Coffee and...

海外(特に西洋ね)で社交をする秘訣。ワイン(他アルコール)、映画、音楽、そしてコーヒー。語学やスキルよりも、重要だと思う、今日この頃。コーヒーそのものも、カフェという「空間」も、やたらと好きである。そんな私が本当にコーヒーに目覚めたのはポルトガルのホームステイ時。遅い朝の始まりとともに現地の人とエスプレッソバーに入り浸る。やがて知人が増えていく。パリでも、ショッピングや観光よりも「とりあえずカフェ」に、いる時間が一番好きだったな。

と、そんなコーヒーにまつわる想いは、すでにれっきとした「市民権」を獲得しているようで、雑誌の特集まで発見した。「食」から広がる豊かなライフスタイルを提案する雑誌、「アテス」。迷わず購入、日本の、世界のコーヒー文化に想いを馳せる。
e0025789_1215449.jpg

(写真は、バレンタインギフトで夫からもらったフレンチのエスプレッソカップと、ママから夫への義理?チョコ。@うち)BGMには、白黒映画のCoffee and Cigarettes。(M嬢に早く返さなきゃ。)

今宵の締めは、「da Gino」をチェック。前日に近所にオープンしたイタリアンワイン&エスプレッソバー。亀やフェレット等のペットショップから一転、赤い情熱的な店構えとなって堂々登場。立ち飲みバーがひしめく恵比寿銀座に新しいイタリアの灯がともった。
e0025789_12262770.jpg

by mikisnet | 2007-02-23 11:27 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

エジプトナイト@ネフェルティティ東京(目黒)

家族で兄の誕生日を祝う、食事会。今宵のテーマは「エジプト」。ちょっと前にオープンした目黒の本格派エジプトレストランにて。カイロの5つ星ホテルで経験を積んだエジプト人シェフ、というのがウリの、ネフェルティティ東京。目黒駅から徒歩2分、も嬉しい。
e0025789_1049176.jpg

イタリアン、ポルトガル料理にも通じるスープやら、独特の香辛料がききまくるライスやら。写真のコロッケはかなり美味で大好評。ライス・マカロニ・ひよこ豆・レンズ豆を混ぜ、トマトソースをかけたエジプトの伝統料理「クシャリ」等は、別途専門店があるほど、有名らしい。意外に味が無いくらいあっさりしている。運良く、(水曜と金曜のみ)ベリーダンスショーがあるとのことで、家族みんなでダンサーとノリノリ撮影もしてみる。思ったより長いショー(かつ音楽のボリュームがでかい)なので、しっぽりがっつり話をしたい時は避けたほうが良いかも。
e0025789_10534433.jpg

現地エジプト人のスタッフがこの上なく、「本場の雰囲気」を出しているのだが、若干サービスが遅いことも・・・。最後には、お決まりの「水たばこ(アップル味がおすすめ、だとか)」で締める。

ベリーダンスといえば、日暮里の「ザクロ」。超おすすめなんだけど、まだあるのかな?

by mikisnet | 2007-02-21 20:42  

良い歯医者

久しぶりの歯科医院。幼い頃から「定期検診」以外では言ったことないような、なかなか強い歯の持ち主だ。その後、いくつか治療もしたが、基本あまり「歯で困る」ことは無い。恵比寿に移動してきてからは、やたらと乱立?する「審美歯科」に戸惑っていたほど。別にハリウッドスターなわけでもないので、何十万円もかけて「ホワイトニング」は必要ない。(と思う。)代わりに「ホームホワイトニング(歯の漂白)」を試したこともあったが、知覚過敏になりそうだったので(面倒だったので)、2週間で断念。笑)また、そのクリニックが突然閉院してため、かわりの「適当な」クリニックを見つけるのに苦労していた。近いこと、週末営業、保険診療あり(土地柄か?審美専門やホワイトニング専門が多い)、綺麗、信頼できる、予約がとれやすい・・・。等。

というわけで、ようやく「良いところ」を発見。虫歯になりそうなところも軽く「やっつけて」もらい、あとはひたすらクリーニング、クリーニング。これを機会に、もっともっとお手入れに気をつけてみようっと。ホワイトニングも方法含めて、再検討せねば。

by mikisnet | 2007-02-19 20:10 | 美容・健康・ファッション  

コッポラ ナイト

最近、恵比寿の食べ歩き&外食熱も冷め(というより、夜の外は寒い)、できるだけホームクッキングを目指している。今宵は、食事は照り焼きチキンと温野菜添え。でも本当の主役は、「ソフィア・ブラン・ド・ブラン」と、いつも飲んでるコッポラ赤ワイン。映画とナパヴァレー好きな私と夫なので、このワインはよく登場する。リーズナブルかつ外れない、日常使いにはお奨め。
e0025789_1011671.jpg

e0025789_16452038.jpg

ソフィア・ブラン・ド・ブランは、その彼女の父親へのリクエストの通り、「気泡性」があまりなく、リーズナブル。シャンパン好きとしては、やっぱり物足りない感じだが、「やんわりソフトな初恋の味」としては、面白い。

by mikisnet | 2007-02-18 23:20 | ワイン&シャンパン  

腰筋を鍛える

「和を学ぶ」レッスン、本日は「立ち居振る舞い」編。主には、着物を着たときの佇まい全般。姿勢、歩き方、畳の常識、襖の開け閉め、お盆や扇子の使い方、間の取り方、挨拶の仕方、お茶の出し方などなど。昔から、「パレエ習ってるの?」と必ずいわれるほど、姿勢のよさは定評な私だが、それはあくまで「洋的」の振る舞いでのこと・・・のようだ。本日の2~3時間のレッスンでは、なれない「腰筋」(帯の下くらいのところ)を使ったためか、ともかく疲れる疲れる。姿勢も腰から鍛えなおさないと駄目だわね・・・。

とはいえ、師匠(?)が持つ、(京都時代に柄から色から全てオーダーメード)着物などを眺めたり、その出来る様子を学んだり、舞妓のナマライフ・着物事情を直に聞けるのはかなり貴重な経験。前日に今度出版する本の表紙撮影があったらしく、高価な着物がズラリ。東京にいながらに、別次元ともいえる空間にいるのが、とても新鮮かつ心地よい。次回からついに着付け講習スタート。気合がはいるわ。(※GWには、京都で舞妓体験、すでに予約済みだし♪)
e0025789_162203.jpg


ちなみに、日本文化全般、特に「道」がつくものなどに汎用的にあてはまるスタイルとして、「真」「行」「草」の3つが根本にあるという。(書道だけはちゃんと嗜んだ)私の場合、「書体」で考えるとわかりやすい。和室や、空間の作りかた、スタイル全般に関してもこの3つのカテゴリがあるみたい。簡単にいうと、「真」は「正式・正当」、「草」は「正式なものを風雅に崩して自由に楽しむ(レストラン金田中 草のぐるなびサイトより)」、「行」はその中間・・・みたいな感覚だろうか。場合によっては、「格」や「位」の違いと解することもあるようだ。こういう視点で自分の振る舞い・言動も考えていかねばならない、と思った。

by mikisnet | 2007-02-18 15:46 | 日本文化  

岩手美人の送別会&婚約祝

一昨年の私の誕生日パーティをきっかけにカップルになった男女が、ついにゴールイン、ということで、中目黒のM嬢も呼んで女3人の祝福会を催す。当面、岩手の実家で待機するらしく、来週には東京を離れてしまう。会場は、ネパールの居酒屋マーダル@目黒。目黒駅徒歩1分、やたらとゆったりくつろげるラウンジ?空間である。グラスシャンパンが630円だったり、全体的にリーズナブルな価格設定がGood♪

お二人の式は、夏になりそう、とのこと。今年も、(1月)、4月、7月、11月と、結婚式三昧だわ~。何はともあれ、お二人さん、おめでとう♪

by mikisnet | 2007-02-17 22:29 | 食事全般  

女は「総合力」と「バランス」

学校通いで多忙なU嬢と、久々に二人で食事会。大学生の2月はヒマなように、彼女も、テスト・レポート後のつかの間の休息らしい。私がここ数週間、食べたくて食べたくてたまらなかった「海老マヨ」をリクエスト。彼女の会社近くの「上海バール」で、落ち合うことになった。

恋バナ、仕事、介護、がばいばぁちゃんの本等、さまざまなトークネタで一番盛り上がったのが、「女の総合力」について。一つの三角形の内角の総和はとうやっても180度であるように、その人のキャパや総合力の和は決まっている。(評価軸は3つでなくても同じこと)ひとつが伸びれば、他の二つは減ってしまう。キャリアに突出しすぎて、何かを忘れてしまったり。総合力とそのバランス力。これらを忘れて、「英語とMBAだけでつりあがった年収」と「過去の美貌によるプライドと成功体験」にとらわれ過ぎて怪しい言動に走るコワイお姉様が市場(特に外資系)に蔓延しかねない・・・。笑)「知」と「艶」のバランスがとれずにモガキ苦しむ30代女性が、今後も増えていくのかしら。きゃ、気をつけなきゃ。

今読んでいる本、「不美人論」ともリンクして、かなり興味深い議論分野である。笑)ちなみに、海老マヨは、ポテトサラダにように、店オリジナルの味が出るメニュー。バランスの取れた最高の1品にはまだ出会えてない。

by mikisnet | 2007-02-16 23:29 | 食事全般