<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

舞妓ブーム

花魁をモチーフにした映画「さくらん」をはじめ、最近、「新しい着物感とそのファッション性」に注目が集まっているのを感じる。いつの時代も、女性として、「華やかに着飾る世界」にあこがれるのは、当然のことといえるだろう。歌舞伎もそうだが、やっぱり「見せるための」着物は、きらびやか。圧倒的な存在感で、目立ちまくる。

というわけで、6月16日公開の映画「舞妓Haaaan!!!」も、興味しんしん。そのプロモーションの一環で、「表参道ヒルズで祇園『おこしやす』企画-舞妓の芸や衣装展」イベントが開かれる。京都祇園を舞台に、いろんな体験やら、着物展示があるみたい。(6月2日~4日)
e0025789_19473218.jpg

また京都の舞妓体験したくなるどす。笑)

by mikisnet | 2007-05-30 23:43 | 日本文化  

GAPのある女

ミスユニバースでの2年連続の快挙。すばらしい。美しい。そして、うらやましい~(本音)笑。陰の仕掛人、イネス(仏)嬢が重視したのは、「外交的な強さ」というキーワード。まだ世界では、「控えめで従順」というステレオタイプがまだ残る日本人女性像。それとのGAPが総合的に醸し出す魅力が勝因になるんだとか。

実は、私が通っているお稽古も、素敵なキャッチで最近紹介されている。「その二面性が魅力的「ギャップ」のある女たち」(ヴァンテーヌ 2007.212号)

日本を離れた、いわゆる「海外」モノに接すれば接するほど、日本以外の標準マナー・共通言語を理解すればするほど、うちなる日本文化の強さを再認識し、とても惹かれていく。両方装備したいと思う。客観的にどう見られているかを認識し、良い意味で加工し、違った側面も磨いていく。女性の生き方として、今後の意識していきたいと思う。

さて、そんな想いをつづった私の師匠の本が出ました。日本という舞台を越えて活動する女性が増えたこの時期に、改めて自分を見つめなおすのにいいのかも。
和学塾―美しい日本女性の生き方 (単行本)中島 よしゑ (著)
e0025789_19353071.jpg

by mikisnet | 2007-05-30 18:18 | 日本文化  

夏に向けて

冷やし中華、アイスコーヒー、ビアガーデン。夏色メニューが踊る季節についに突入。2007用の水着、浴衣、サマードレスを購入し、夏の週末旅行の企画で忙しい。

と、同時に、からだのケアにも気合をいれはじめる。週末の九十九里ビーチで、ジョギングをしてしまった。夫をはじめ、ブログつながりのNYのニャーママ嬢や、auntieyoko嬢の影響もあり、なんとなく「やらなきゃ」と思っていたこと。ビーチにつながるのどかな川沿いで、5キロのランニング。時間的には「朝飯前」だったが、実際にはそんなかなりの体力消耗。1日たった本日は全身筋肉痛で動きが鈍い。笑)一応、陸上部だったこともある私なので、今後時間をみつけてやっていこうと思う・・・。気になっていたフィットネスクラブからも、キャンペーンの案内が・・・。なんとグッドタイミング。

水泳、ヨガ、ジョギング、そして、ジム。週末には、たまにサーフィン、ボディーボード。ビバ、夏♪遊んで、遊んで、運動するぞ~!

by mikisnet | 2007-05-29 23:57 | 美容・健康・ファッション  

ランドヨット@九十九里浜

湘南ボーイ(自称)でヨット好きだった父のDNAか、ヨットには必要以上の浪漫を感じる。スイス湖上で友人とセイリングした経験は、未だに人生最高の体験のひとつ。
e0025789_18441875.jpg

この週末は、ヨットの砂浜版、というべき「ランドヨット」というスポーツを体験するために、千葉県九十九里浜までやってきた。Y嬢とJ氏、夫と私の4人で車をかり、ナビ頼りの珍道中ではあったものの、さくっと1時間40分くらいで到着。近い。海開き前の日本のビーチは、本当に人がいない。ペンションも貸切状態、離れのコテージを使い、なかなかの別荘リゾート気分。
e0025789_18522460.jpg

第2の目的でもあったテニスもみっちり2時間強。5年以上のブランクでも、元テニス部としての勘は残っていたようだ。笑)緑と花の色がまぶしいお庭で、リフレッシュしながら初夏の風を浴びる。
e0025789_18582621.jpg

夜は第3の目的であった、「ポーカー」。専用チップで、気分はカジノロワイヤル。笑)

そして、日曜日。ついに、ランドヨット。天気よりも大きな関心ごとである「風」。無くても、ありすぎてもNG。体重に比例して、必要となる風力が違い、風が良いと、男性素人でも70Kとかいう、速度が出るみたい。結局、ぎりぎり必要くらいの強さしかなかった為、男性陣はちょっと残念ムード。私はかなり満足だが、できるならジェットコースター並みの速度をもっと体感したい。風の強い日にまたチャレンジだな。
e0025789_1965685.jpg

お世話になったのは、TVなどを通じてランドヨットで有名な「Happy Pension」。コテージも、家庭的なお料理も、お値段も、ランドヨットも、とってもオススメ。今度は、ペンションのお奨めサーフショップでのレッスンを目的にリピート予定♪

by mikisnet | 2007-05-27 18:25 | 九十九里浜  

ハズれない、出産祝。

ロンドンへ帰国してしまっていたR&Kカップルのベイビーとの初対面。滞在先ホテル近くの居酒屋「箱庭」にて、簡単な顔合わせパーティ。都会の喧騒もものともせず、おとなしくとっても良い子だった彼女。言うまでもなく、本当にかわいい。ハーフ(4ヶ月)なので、今後どう「変化」していくかもとっても楽しみだわね。

そこで、今回悩みに悩んだのが「出産祝・赤ちゃんギフト」。経験もなく、周囲にもあまりいない。ベビー服は絶対誰かと「かぶる」し、おもちゃ系も、先約あり。そもそも実際に会ったことも、詳細も聞かずの状態のため、ニーズや個性もわからず・・・。いろいろ探しまわったあげく、ひとめぼれしたのが、こちらのベイビーソックス。
e0025789_1513411.jpg

米国LA発のベビーソックス、trumpette(トランペット)。靴をはいたようなデザインで、足をいれて立体的になると本当にかわいらしい。靴下なら体の大小にも服や帽子、靴ほど左右されないし、たくさんあっても重宝するってことで、お店でもイチオシ♪

ママのK嬢はちょうど「靴下」不足だったということで、ビンゴ。初ギフトだったけど、ハズレなくてよかった~。ほっ。笑)

by mikisnet | 2007-05-25 22:56 | 食事全般  

これぞ、富士

香港やニュージーランド等ではおなじみの、チャリティーウォークイベント、Oxfam TrailWalker。100KMを延々と歩き続けるというもので、時間にしておおよそ20時間以上。日本初開催の今年のコースは、小田原から山中湖という山間の険しい道のり。金曜の午前9時から出発し、土曜午前にかけてゴールしていく。わが夫と、そのメンバ達はもちろん参加した。

高速バスに乗り、一人山中湖へ駆けつける。レース中は生憎の大雨・嵐だったようだが、晴れ女(私・・・)参上で、この晴れっぷり。笑)大空を舞う鷹に出迎えられての最高のお天気。
e0025789_11285320.jpg

この週末は、一年でも稀で貴重な程の「絶好の富士山鑑賞日和」と、地元のおじさま。富士山麓のアルカリ水で有名な「石割の湯」につかり、富士山を見ながら露天の「紅富士の湯」につかり・・・。美味しい空気でかなりリフレッシュ。ワイン、チーズ、パテを持ち込み、夫は葉巻を吸いながら、絶景富士山のふもとでピクニック・オン・ザ・ボート。最高♪
e0025789_11355859.jpg

e0025789_11424871.jpg

「花の都」に立ち寄り、菜の花が咲き誇る春色の富士山を撮影。これでもか、っていうくらいの富士日和を堪能できた週末だった。
e0025789_11464171.jpg

e0025789_11521628.jpg

お世話になったペンションは、テラスからの富士山絶景がウリの「カントリーハウス・スターダスト」。ボリューム満点のお食事と、ともかくオモテナシ上手のマスター夫妻。お食事どきのちょっとしたサプライズ、貸切風呂等、ディテールでも感心できるお薦めの宿♪

by mikisnet | 2007-05-19 16:24 | 山中湖  

世界を愉しむ

東京コスモポリタンなどと副題をつけながらも、最近はめっきり仕事と自分の日本回帰ブーム?に追われていた。肝心なインターナショナルな遊び情報からは程遠く・・・。笑)

というわけでいくつかリストアップ
タイフェスティバル@東京は代々木公園、全国展開中
ジャマイカフェスティバル@代々木公園(済)
日本を感じる~酒~@SuperDeluxe(済)
 ~John Gauntner "Mr. Sake Guy"~
ジャーマンフェスタ 2007@日比谷公園25日~6月3日
●スリランカフェスティバル@代々木公園 26日、27日
第9回地ビールを楽しむ会@田町
Happy Apéritif in 東京@六本木ヒルズ
横浜フランス月間(06月01日ー07月15日)

by mikisnet | 2007-05-18 23:49 | パーティ・イベント全般  

スイスと日本

スイスと日本は絶対似ている。どこか共通点があるはず。

ひょんなことからドイツ語を勉強し、スイスに縁があって滞在し、さまざまな現地の人と時間をすごしていたときからの私の感覚的持論。それが実はさまざまなところで論じられていることを、最近知った。プライベートバンキングやらを切り口に、日本の進むみちを模索する特集などが媒体等いろいろ組まれていたみたい。

とあるブランドの研究をするべく、買いあさったスイスの本。中でも、とてもわかりやすかったのが「スイス探訪―したたかなスイス人のしなやかな生き方 國松 孝次著」。この副題が、私のここ10年くらいの持論を言い当てていて、感動すら覚える。笑)投稿記事「東京コスモポリタン」でも書いた、今後の東京のあり方として、とても興味深い。

by mikisnet | 2007-05-18 22:37 | 日本文化  

東京コスモポリタンライフ

皆様は、「コスモポリタン・シティ」と聞いて、思い浮かべるのはロンドンだろうか、ニューヨークだろうか。それともシドニー、バンコク等?要は、いろんな民族や文化等が混ざり・融合し、発展しながら一つの都市としてユニークな「文化圏」を形づくっているところだろう。

東京は果たして、コスモポリタン・シティなのか?これは私にとって永遠のテーマである。笑)遊び方、生活の仕方によっては、東京は国際色が強く、一部の場所にいけば、パスポートの不要な世界旅行だって簡単に体験できてしまう。と、同時に、英語を中心に外国語を操る人達(いわゆる外人)の社会がかなり狭いものだということは、中にいる人間ほど痛感しているはず。特殊な環境の特殊な状態の特殊な興味を持つ人間のネットワーク。そんな世界にあこがれて、そんな世界を謳歌して、グローバルな環境にいる人間たち。

しかし、ふと客観的にみてみると、メインストリームであるその外の世界との乖離を感じずにはいられない。要は、コスモポリタン・シティとしての要素は多々あるが、うまくブレンドされていないような気がする。自国の文化とアイデンティティーを保ちながら、国際人が住みやすい世界都市になるためのバランス感覚を模索していかなければならない。

by mikisnet | 2007-05-18 20:28 | ひとりごと  

2007初ビアガーデンと吟醸バー

どしゃぶりの雨にもめげず、お仕事イベントも好調。雨上がりの夕日の下でくぅーっとキンキンに冷えたビールが飲みたい。今年初のビアガーデンは、「韓流ビアガーデン@東京ビッグサイト」にて。イベント疲れのオジサマ達で異様な混雑状態、お店の人もかなりパニクっていた。笑)全品300円は嬉しい価格。

夜も更けてきたところで、移動。同僚が試したいということなので、東京駅の吟醸バーを再訪する。茨城・石岡酒造の生原酒やら、またまたかなり飲んだくれる。1杯300円はここでも嬉しい。

by mikisnet | 2007-05-17 22:46 | 日本酒