<   2007年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

神楽坂 かみくら

神楽坂ブーム、というのは去ったのだろうか。私の神楽坂イメージは、父の接待に便乗した「1日1組限定」超高級料亭と、神楽坂上にある父の行き着け「カラオケスナック(?)」。それから、これも父と度々行った「カナルカフェ」。最近は、フレンチブームなので、日仏学院などのイベントや、フランス料理ネタくらい。

今宵は、「和とフレンチの融合を、隠れ家で味わえる、究極の神楽坂っぽいレストラン」に行ってみた。袋小路のような小道にひっそりたたずむ「かみくら」。よくある高級料亭っぽい見かけだが、お食事は「箸で食べるフレンチ」。個室からみえる庭もとっても素敵で、「外人」接待にもかなりつかえそう。
e0025789_1147135.jpg

御値段もぐるなび等を使って、コース5000円などもあり、そこまで高くない。ワインもしっかり全世界のバラエティがそろえてあり、満足できる。御料理のプレゼンテーションは、和の感覚もちりばめられ、味もあっさりめ、だと思う。使えるレストラン。この近辺には、噂どおり個性あふれる御食事どころがいっぱいで、興奮する!うふ♪

by mikisnet | 2007-10-29 22:40 | 食事全般  

ここはどこでしょう。

e0025789_16182265.jpg

日曜の夜は、ゆっくり自宅でディナー。自称「隠れ家・恵比寿テラス」で、のんびり秋の夜風を味わう。夫特製のベーコンチーズポテトと、タンドーリチキン風、お手製カレー。

by mikisnet | 2007-10-28 22:17 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

Aftrenoon Tea @ Tea Museum 代官山

久しぶりに英国友人R氏企画の「Afternoon Tea Party」に参加してみた。代官山に最近できたTeaの専門店「Tea Museum」を貸しきって、おもにアジアのハーブティーを味わう。ハーブの専門店でもあるようなので、お茶のおともの軽食もハーブケーキが中心。なんでも、高級薔薇の輸入先は、イランのものだそうで、米国人ではなく英国人だから輸入が可能なんだ・・・みたいな対抗意識まで披露していただき・・・。笑)
e0025789_1655777.jpg

確かに、ローズの香りが広がるハーブティや、ゼリーは美味だった。体によさそうなハーブケーキ達は、正直「あっさり」すぎるところがあったが、それはそれで良しとしよう。

by mikisnet | 2007-10-28 16:57 | パーティ・イベント全般  

薔薇づくし。

香りの女王といえば、薔薇。誕生日ギフトで頂いた薔薇グッズ達。POLAのバスソープは、本当にオススメよ。キャンドルをともしながら、フランス好きM嬢からもらった「快眠」CDを聞き、薔薇の香りに包まれる。至極のバスライフ。寒くなってきましたから。
e0025789_16162057.jpg

by mikisnet | 2007-10-28 10:07 | 美容・健康・ファッション  

The 40th Tokyo Motor Show 2007

海浜幕張駅。うわさでは聞いていたが、こんなに車好き(別名;カメラ小僧)が集まる光景はみたことがない。友人のJ氏がデザインした「松田大気」のデビューを、この目で確かめるべく、人生初の「モーターショー」やらに来てみた。はるばる海浜幕張まで、大雨の中を・・・。会場に入るやいなや、実は乗り気でなかった夫も、急に「カメラ小僧」に激変。笑)既に先週から通いつめているJ氏じきじきの案内をうけながら、子供のようにはしゃいでいた。
e0025789_11361231.jpg

会場はとっても広く、明るく、そして大混雑。カメラ小僧もそうだが、世界中から来ている人々が真剣なまなざしで車に寄せている熱意は異様だ。と、同時に、車産業がいかに世界の共通関心事項であるか、ある意味、とっても自由な市場の舞台であることを感じる。テクノロジーの集合。男の夢の象徴。
e0025789_11413585.jpg

2階の関係者席から見た光景。

ポルシェ、アウディー等は、階上に別途素敵なラウンジが設けてあった。もちろん、対象は「オーナー様のみ」。笑)
e0025789_11453171.jpg

e0025789_11454815.jpg

by mikisnet | 2007-10-27 09:22 | パーティ・イベント全般  

七尾

前職及び現職でもいろいろお世話になった、上流コンサルA氏と久々の会食。場所は、彼のお気に入りの七尾、麻布十番。数年前の誕生日、深夜残業続きのコンサルティングプロジェクトの合間に、当時上司だった彼がサプライズでつれてきてくれた。それ以来、「情報交換会」と称して、誕生日を入れて年に2回くらいはご馳走になっている。笑)月代わりのメニュー(だと思う)1種で、確か7000円程度。お食事の量も時間の感覚もぴったりで、いつ来ても本当に美味しい。食器やプレゼンテーションも優しいスタイルで完璧。梅酒タイプの私ではないが、ここへ来ると、加賀の特別梅酒のペリエ割が定番だ。ご馳走さまでした!
e0025789_16512651.jpg

by mikisnet | 2007-10-26 22:51 | 麻布十番  

なつかしのキャンパス

大学の母校に立ち寄ってみた。学力よりも、メディア系で有名なミッション系大学。笑)赤レンガにツタの絡まる佇まいは、小さいながらも素敵な校舎である。どちらかというと、アメリカ流の、大規模校舎をチャリで駆け抜けるキャンパスライフに憧れがあったのだが、今思うと、都会好きな私にはぴったり合っていたのかも。

駅から歩くキャンパスロードも、途中のカフェも、教会も、本屋というかコピー屋さんも、信号すらも、愛らしい。懐かしい思い出が、予想以上にこみ上げて少しセンチメンタルになる。あの頃の葛藤も、不安も、興奮も、未来への根拠の無い自信も・・・。講義を終えた学生が行きかう様子に、デジャブーを感じ、しばし余韻に浸る。と、同時に、「年をとった」ことも痛いほど実感する。笑)

今、さまざまなSNSを通して、その時代の友人・知人とつながったりする。「再会」はやはり嬉しいものだわ。

by mikisnet | 2007-10-26 17:57 | ひとりごと  

恵比寿ツアー

大阪の同僚が、最近都内に住み始めた。別の同僚も最近恵比寿に越してきたこともあり、なぜか度々話題にあがる、恵比寿ツアー。私の誕生日を祝ってくれるということで、早速実行。「恵比寿らしいお洒落な立ち飲みで軽く」というリクエストに、おなじみ17番・18番へ連れて行く。これまで、東京中心に考えてきたものの見方がだいぶかわり、「大阪事情」などもよくわかり、異文化勉強みたいでおもしろかったわ。笑)

ともかく面白くないとNG、というところはステレオタイプどおり?で、そんな彼らに囲まれているので、思った以上に楽しい仕事生活を送っている。定番、「マッシュルーム陶板焼き」はやっぱり旨い。ご馳走さまでした。

by mikisnet | 2007-10-25 22:33 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

ポルシェで駆けるTOKYO

とある知人と誕生日ディナー。最近、車を買ったらしいとは聞いていたが、打ち合わせが終わって、現れたのは、シルバーのポルシェ。彼の部下R嬢も便乗して、ポルシェで夜の街を駆け抜けよう、ということになった。カリフォルニアでレーサーになるレッスンも受けたとかなんとかで、運転にはかなりの自信があるらしい。R嬢の仕事のお祝いも兼ねて、着いたのが新宿のパークハイアット。バーでコスモポリタンを頂き、レストランで素敵なディナーを食す。程よい感じの混み具合で、夜景をゆっくり堪能する。
e0025789_11485846.jpg

うぉーん、うぉーんとけたたましい凄い音も楽しみながら、見慣れた東京の光景を耳のうしろに感じて走り去る。自分で車を運転しない私が、車道からみる風景をたのしめるのはタクシーくらい。笑)それとは大分居心地とスピード感が違う。つかの間の贅沢を味わう。ちなみにこの車、旧式のなんちゃらっていうスポーカー型で、なんだか価値があるらしい。彼の薀蓄をR嬢とともに、ふーん、ふーん・・・眠) と聞いていたわ。

by mikisnet | 2007-10-23 20:59 | 食事全般  

セカンドライフ

「セカンドライフを考えようと思って・・・」という私に、「まだ早いよ~」と真剣に応える上司50歳。うっ。そっちじゃなくって。笑)と思いつつも、軽く流してしまった私。ITリテラシーGAPというのだろうか、ジェネレーションGAPというのだろうか。

私が考えたかった「セカンドライフ」とは、インターネット上の3次元仮想空間サービスのこと。ゲームでもなく、SNSでもない、Web3.0ともいわれる「世界」だ。約850万人の「住人」(登録ユーザ;アバターという)を持っているらしい。新たな広告媒体としても注目を集め、日本企業も大手は参入している。2007年9月17日の日経新聞掲載によると、参加日本企業・団体は85。

米国アパレル企業では、「その効果が未定」として、既に撤退しているところもある。何かと、全世界で「話題先行」すぎる、などの厳しい評価もあるだろうが、未来のキーワードを考える上ではとても興味深い。お進めなのが「爆発するソーシャルメディア」という本。とても分りやすくまとめてある。とあるWEB大企業の幹部と話す機会があったのだが、「SNS・ユーチューブをインフラとして育った世代の行動様式は、今の実社会人とは根本的に異なるはずだ」と。その感覚を新しいものとして、受容し、「発信」していけるか。そこが「何かの」分かれ目になるんだろうな。

by mikisnet | 2007-10-23 15:42 | ひとりごと