<   2008年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

上目六のさよならパーティ@中目黒

中目黒のM嬢を誘って、上目六(かめろく)さくらショッピングセンター(SC)のさよならパーティイベントにいってきた。仕事を持ち帰ってきた週末、旦那もドイツ出張で不在だし、どうしようかなーと思っていた矢先、夜には時間ができたので。

民家を改装して、牛のオブジェが置いてあるとてもユニークなカフェ・レストラン。これまでにも何度となく訪れていた。とても愛着のある、おうちカフェ。恵比寿バブルというか中目黒バブルというか、このあたりの再開発にともなって、クローズ。ゲリラ豪雨が襲う中、夜遅くまで最後の宴を楽しんだ。

レストラン「おまもり」は同社直営の「bio ojiyan cafe」(8月20日に移転)などが出店していた原宿のビル(渋谷区神宮前3)に移転し、同5日にリニューアルオープンする
渋谷経済新聞より抜粋

by mikisnet | 2008-08-31 23:34 | パーティ・イベント全般  

かわいいPCバッグ

今の仕事になって、PCを持ち歩くことが増えてきた。もともとIT企業育ちなので、多いときは多かったが、会社仕様のバッグで何とか間に合わせるか、持ち歩かないですむようにしていたんだよね。笑)

でも、最近はPCの小型化や、どこでもネットがつながるなど、モバイル環境が整ってきたためか、PC持ち歩き人口も普通に増えた。それでか、(女性用)バッグにもやっとバリエーションがでてきた気がする。とはいっても、まだまだかわいくないものばかり。たまに、PCメーカーとバッグメーカーが期間限定で出してたりするけど、いまいち。

私の場合、PC持ち歩きが100%ってわけでもないから、『PCもはいります』系の大きな普通のbagはちょっと違う。PC専用のbagが欲しかったのよね・・・。というわけで、ここ1ヶ月くらい購入検討していたのがaritisan aritstのバッグとNYブランドのabbi.
e0025789_1292771.jpg

結局、abbiのminaシリーズ黒Sサイズを購入。ブリーフ方の小さめなのがよかったのと、標準PCプロテクト装備がありながらもキルト素材だからとても軽い。お手ごろ価格だから、季節によって他のコレクションも買っちゃおうかしら。笑)

by mikisnet | 2008-08-31 11:57 | 美容・健康・ファッション  

予告 日本酒で乾杯フォーラム&SAKE ACADEMY TOKYO

まだ湿度が残るものの、ファッションと食欲はすっかり秋モード。すでに、ビールや冷えた白ワイン・シャンパンよりも、しっぽり日本酒や赤ワイン、がほしくなる感じだ。

というわけで、毎年恒例のパーティのご案内。

開 催 日 : 平成20年10月2日(木)
会  場 : 東京會舘
開催概要 :
①16:00~16:20 総会(12Fロイヤルルーム)
②16:20~18:00 フォーラム(12Fロイヤルルーム)
③18:15~20:30 懇親パーティー
定  員 : 500名
参 加 費 : お一人様 3,000円

事前申し込みが必須なのだけれど、興味ある?

あと、

【SAKE ACADEMY TOKYO 2008 概要】

◎ 日時 2008年10月5日(日)  12時受付開始 13時~17時
◎ 対象 日本酒に興味のある飲食店ホールマネージャー・スタッフ
◎ 会場 ぐるなび内 ぐるなび大学 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル2F
◎ 参加費 お一人様 2,000円 (当日受付にて)
◎ 募集人数 240名
◎ 申込締切 2008年9月10日(水) (定員になり次第締め切り)
◎ 受講証 開催1週間前までに「受講証」を郵送いたします。
◎ 内容 基調講演 + 前半講座1つ + 後半講座1つ (お一人計3つ受講)
◎ 主催 和醸和楽

by mikisnet | 2008-08-31 01:21 | 日本酒  

オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭 2008

アサヒビール特別協賛の、オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭 2008がやってきます。

会期:9月17日(水)~19日(金)
会場:東京都千代田区・日比谷公園)

by mikisnet | 2008-08-30 22:51 | パーティ・イベント全般  

grace under pressure


The elusive half-step between middle management and true leadership is grace under pressure. (John F. Kennedy, 35th U.S president)

(中間管理職と真の指導者のごくわずかな違いは、プレッシャーの下で優雅さが保てるかどうか、である)

USの民主党大統領候補のオバマ氏の宣言スピーチを聞いて、鳥肌をたてながら、上の名言を強く思い出してしまった。何が人をひきつけるか、って、ここでいうある種の「Grace;優雅さ」なのだろう。事前のアイゼンハウワー元大統領の孫娘のスピーチでは、「Great Temperament(最高の気質)」という表現も使っていた。

夫とその両親はイリノイ出身で、かつデンバー居住歴もあるので、今回の民主党大会の歴史的な演説には格別の思いがあったようだ。

by mikisnet | 2008-08-30 17:47 | ひとりごと  

Cause you had a bad day

So where is the passion when you need it the most
Oh you and I
You kick up the leaves and the magic is lost

Cause you had a bad day...

何かが足りない。うまくいっているようだけど、何かがしっくりこない。
それを一番必要としている時に限って、自分を駆り立てる何かが失われて、
それまでの魔法は解けていく。

そんな日々が続く・・・。(LyricsはDaniel PowterのBad Dayより)

それを示唆してくれるかのごとく、丸ビルで行われた彼のアコースティックライブに誘われた。ニューアルバムのプロモーションで精力的にライブをやってるようだ。
e0025789_1729135.jpg

今回は、同僚のおかげで、そのライブの特別席チケットをもらえたので、ステージの目と鼻の先で彼の生歌がきけた。むしょうに声をあげて、ピアノを弾きたくなった。

by mikisnet | 2008-08-29 19:24 | ひとりごと  

フラストレーション

仕事をすること、サラリーマンであること、プロフェッショナルであること。この3つは同じような文脈で使われることもあるが、だいぶ違う。

サラリーマンであること、つまりそれは企業という組織で働くこと。組織とは、人の集まり。つまりたくさんの、多くの人と働くことなのだ。いやでも、しかたない。自分ひとりではない、のだ。プライドの高い人が、それぞれのプロフェッショナリズムをもって、それぞれのキャリア、経験をもって、それなりの「仕事」をするには、それなりの「摩擦」もある。それは仕方ない。その摩擦をどうやって、解決し、どうやって、前に進めるか。売上や利益、という数字へのプレッシャーがひとつの「共通のゴール」とはなりえるが、だからといって、その摩擦を「なくす」ものにはなりえない。むしろ、それが理由で「摩擦」から「火花」が散り始め、「大火事」にすらなりえない。

摩擦は、仕事そのものが生じるのではなく、人が生じるものだ。人の問題は人しか解決できない。学歴や華々しいレジュメ的なキャリアと、この「原理への理解度」は比例しない。最近、それがよく身にしみている。

by mikisnet | 2008-08-28 17:31 | ひとりごと  

太陽電池

凹む。天気悪いすぎ。Summer is Over....
ものかなしい・・・。

太陽電池がエネルギーの私としては、この寒さと曇りと雨は痛い・・・。

by mikisnet | 2008-08-25 16:08 | ひとりごと  

雨のワイン+ポーカーナイト

麻布十番の納涼祭りは、今年はあいにくの雨、雨、雨。そのとたんに行く気がうせ、J氏とY嬢カップルを捕まえ、ワイン+ポーカーナイトとすることにした。

アペリティフ+待ち合わせは
恵比寿 スペインバル ボデガス ガパ
ですませ、カヴァで乾杯。

メイン+ワインは
wine bar M
で、カリフォルニアものと、フランスものを楽しむ。

彼らのハッピーニュースなどを中心に、語り合う。そのまま、うちになだれこみ、軽井沢で購入した任天堂メイドのトランプを使って、ポーカーナイトへ突入。

by mikisnet | 2008-08-23 22:23 | ワイン&シャンパン  

古典だけどモダンに。

11月に京都の料亭で行われる結婚式に向けて、訪問着を購入した。といっても、いつもお世話になっている「たんすや」さんで、リサイクルものを発掘してきた、というところだが。

それっぽい、黄色や薄いピンクなどのものを見ていたら、お店の方々に大反対される。いつものことだが、「私には卒なく一般的なそれっぽいのが似合わない」といわれる。確かに、華奢でもないし、華奢なデザインや色会いは、かえって変にアンバランス。というわけで、深い青色の着物をチョイス。濃い目の色に、古典柄が少しはいった、落ち着いたものという印象はあるが、意外と現代的にもみえる。アレンジ次第で、センスよいモダンスタイルなれるかな・・・。笑)

当日は着付け師のauntiyoko嬢もいるので、安心だわ。同期の女子達で、皆「着物」を着て出席しよう!という試み。理由は?そりゃ、きまってるわ。だって、京都の料亭ですもの!笑)

by mikisnet | 2008-08-23 18:04 | 美容・健康・ファッション