<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

Day5:大晦日は両手に花火で、ゆっくりと

バンコクの日本人(に限らずか)御用達ショッピングモール、といえばエンポリウム。突然「現実」に戻ったようないわゆる東京などでみかける普通の高級デパート。見慣れたブランドや化粧品が軒を構える。ある意味、安心する場所である。ここのフードコードがいけてる、らしい。大晦日のランチはここでちょっと冒険。

そのまま、旦那が昔住んでいた、Soi20あたりまで軽く散歩・・・。軽く、ではなく、ともかく重区汚い空気の中の10分が、途方もなく長く感じられた。彼のメランコリックな気分や思い出話も半分に、あやしげな店が増えたことに圧倒され、そうそうと引き上げる。

帰り道の711で、またもやビール購入を拒否される。なんでも、コンビニでの販売はどうやら5時から12時までとなっているらしい。購入失敗、これで2度目。

街のいたるところで、大晦日パーティ案内をいろいろみかけたが、どれもいまいち特別感がない。欧米人を対象とした有名どころのクラブは、ひとり2万円(!!)とかっていう、お国レベルの入場料をとったりする。比較的若いオージーの連中やナンパ目的の人々に混ざる元気もなく、結局いってみたいレストランでゆっくり過ごすことにした。

Face
日本でいうところの、Fujimama'sを思わせる、欧米人ターゲットとしたタイのフュージョンレストラン。隠れ家的なロケーションや、バリウブドかと思わせる山奥リゾートチックなデコレーション、バーやラウンジは必見ということだった。中国だかタイだかのミックスされたインテリア、西洋風にアレンジされたレイアウトは、なじみ深い感じで私は気に入った。フランス人とアメリカ人グループが異常に多かった。ここでコスモポリタン片手にカウントダウン直前までゆっくりすごし、いそいでホテルへ戻った。街のいたるところからあがる花火を鑑賞するため、プライベートな雰囲気で2009年を祝うため!キングサイズのベッドで、海老チップとシンハービールで乾杯。バンコクっぽい感じでしょ?

by mikisnet | 2008-12-31 22:06 | バンコク  

Day4: キックボクシングからのアツイ夜

4日目。アメリカンブレックファーストのあとのテニス、そして、近所のレストラン「Curries and More...」で、最高のトムヤンクンスープを堪能する。コンラッドのアフタヌーンティーで時間をつぶし、ピーターと合流。こちらも彼のお気に入りの「ひまつぶしの場所」というFour Seasonホテルの中庭、AQUA。
e0025789_12562859.jpg

高級ホテルだけあって、現地のコたちも、すごい綺麗でハイソな感じが多く、みとれてしまう。有名な歌手のコなどもいたらしく、男性陣はかなり釘付けに。笑)

そして、メインイベント。実はタイでの一番の楽しみは、このキックボクシング観戦だった。スポーツ観戦にはあまり興味のない私だが、さりげなく見始めたK1は、時折かなりハマル。マフィアと軍?が取り仕切っているらしい、この賭け事ビジネス、その裏側情報も聞き出せて、超満足だった。ファイトより、まるでデジタル化される前の証券取引所みたいな活気と真剣さに圧倒されまくる。
e0025789_1304710.jpg

さらに、ここからがクライマックス。ピーターが帰り間際に選手達の集まる舞台裏へ案内してくれて、ファイター達と写真撮影。興奮さめやまぬうちに、トゥクトゥクで幻想的な街を駆け抜けていく。実は、これが最初のトゥクトゥク体験。現地の人がいるとこんなにも安心して夜遊びできるのに、さらに興奮!

Four Seasonホテルに戻ってリラックスしたあとは、空港近くにある、ピーターの豪邸へつれていかれる。裏の社会のゴッドファーザーとかいう義理父をもつ彼の生活は、想像以上。自称セレブDJという彼の家は、家というより、パーティ用のおしゃれな空間。奥様は、エルメスバーキンのバッグのプロフェッショナルコレクターだということで、そのコレクションも披露してもらう。笑)

深夜に近づき、そろそろ彼らの「夜」がはじまる。

向かったのは、なんとかベラ、というバーラウンジ。高級車が並ぶ入り口で、バレーサービスが必ずつく。ピーターいわく、タイのハイソなたまり場、だという。ピーター奥様と初対面し、彼女のステータスのおかげで、VIP席のような一番奥の席につれていかれる。彼女の取り巻き?というか、アントラージュっぽいひとも引き連れて・・・総計15名くらい。アルコールだけでそんなにハイになれて、いいね、という言葉を幾度もきかされながら、ともかくすごいノリノリな私だったらしい・・・。(皆はほかのモノでハイになっていたのか。さすが、バンコク。)

by mikisnet | 2008-12-30 12:43 | バンコク  

Day3: プチプラとセレブ感をおりまぜて。

3日目。テニスラケットとボールまで持参した、この旅の目的ともいえる、テニス。都会のど真ん中ホテルのプール横にコートが二つ。こちらも、無料で使いたい放題。(予約必須、だいたい1時間単位だとおもうけど)なんだかんだでかなり暑いが、毎日の朝のテニスは気分がいい。

同じ建物内にあるデパート内のスーパー(ちょっと外人向けだったりで、ピーコックみたいな感じかしら)をぶらぶら。数々の本に、この手のフードコートはかなり使える、ってあったのだが、本当だった。50バーツ(150円ほど?)で、パッタイとかその類のタイ料理が楽しめる。ちょっと失敗しても、安いので、次。って感じに。

午後はプールサイドでリラックス。日が落ちると、ライトアップされてとても幻想的。そんな中、(ちょっと冷たいので誰もいない)水の中でひとり泳ぐのも、最高。

旦那のバンコクインターナショナルハイスクール時代の現地友達(ピーター、仮)と合流。彼のライフスタイルはとてもここには書けないくらい、「ちょっと考えられないくらい興味深い」モノなのだが、実はとても人当たりかわいらしい。タイの王室もやってくる超ローカルな路面店につれていってもらう。今では少なくなった炭をきちんと使ったタイ(?)料理なので、本当に貴重だそうだ。そこの「ママ」はタイ国内でもかなり伝説的だとか。でも、やっぱり、安いから驚き!

怪しい地域なども通りつつ、プチプライスを満喫したあとは、一転して、セレブ感漂う「ブティークホテル」に連れて行かれる。ピーターご愛用のホテル(ラウンジ、レストランも有)で、某有名サッカー選手とかもよく泊まっているとか。いわゆる、デザイナー系隠れ家おこもりラウンジ。
e0025789_2075227.jpg

(写真は公式サイトより抜粋)
ピーターとその友人(元全米プロフィギュアスケーター&現モデルの綺麗な女性)と、4人で居心地よくなりすぎ・・・。ここのモヒートに、カイピリーニャ(このあと、結局どこのバーいってもこの二つ+コスモポリタンはどこが美味しいかバトルをすることになった・・・)が一番美味しかったわ~。結局どれくらい飲んだか覚えてない・・・。

by mikisnet | 2008-12-29 19:49 | バンコク  

Day2: MBK、ジムトンプソンに、MoonBar

二日目。というより事実上は滞在1日目か。コンラッドで朝食を頂いたあとは、タクシーでMBKまで。上野のアーケード街のようなカオスの中、いかにも偽者ブランドへのそれなりのこだわりをもつ現地人に圧倒される。シーアムエリアを散歩しながら、Siam Discovery (ちょっと高級デパート?)で買い物。

先にお土産を買ってしまおうと、観光のメッカ;Jim Thompson Houseへ移動。タクシーにかなり回り道をされるものの、ここでの滞在はなかなかよかった。よく中国人に見間違われる私(世界各地でそうなのだが)は、ここでも中国人としていろいろ声をかけられた。

夜は、「EAT ME」というオージー経営のお店にて。アートを前面に押し出した雰囲気はとてもすばらしい!のだが、コストパフォーマンスは悪い。というより、オージーのテイストたっぷりなメインなので、味がいまいち。後から、この国の洒落たレストランでは、ちょっとこだわりのある前菜をいくつか頼んだほうが楽しめる!ことに気づいた。前菜や周辺料理のプレゼンテーションはタノモシイ。

ここから歩いて、バンコクといえば、ここというバー「Vertigo / Moon Bar 」(バンヤンツリーホテルの屋上)によってみた。こちらも心身ともに太めなオーストラリア人と、アメリカ人で埋め尽くされていた。期待が高すぎたからか、コスモポリタンがかなりまずかったからか、意気消沈した感じ。夜景は綺麗だが、どこも同じに思えてくるのも確か・・・。笑)ダイニングエリアからの雰囲気のほうが、断然おすすめ。

他には
RED SKY
Sky Bar-Siroco
等の絶景ビューバーが超有名。
こちらのサイトは参考になる。

by mikisnet | 2008-12-28 18:10 | バンコク  

Day1: サヨナライツカでテンションあげて。

12月27日~1月4日、8泊9日の駐在ライフ体験バンコクステイ。

Day 1:
UA891マイル特典の航空券、エコノミーシートで我慢。ともかく、本を読みまくる。中目黒のM嬢に薦められた「サヨナライツカ」は必読。中山美穂主演での映画上映も予定されている。バンコクでの魅惑の体験を期待して。

到着は深夜11時45分。モルディブでの歓迎を思わせるシックなBMWカーの迎えに応じ、コンラッドエグゼクティブRoom26階にチェックイン。コンラッドらしい、もだんなつくり。この時点で閑散としている雰囲気に気づく。

隣にあるセブンイレブンでビールを買い溜めしようと思ったら、拒否される。この国は深夜12時を過ぎたら小売店でアルコールが買えないという。210バーツ(600円以上)もするルームサービスビールで初日を終える。

by mikisnet | 2008-12-27 19:42 | バンコク  

クリスマス・イブ

最近、スカパーで、昔なつかしドラマ「クリスマス・イヴ」をみてしまった。仙道敦子、吉田栄作、清水美砂、松下由樹とかが出てる、辛島美登里の曲とともに社会現象にもなったくらいのドラマだ。

ともかく、トロイ、決めない男、「そんなにイヴが大事か?」、なんでそんなに結婚したいの、それはセクハラだろ、という突っ込みどころ満載な設定にかなりイライラしながらも、ちょっと軽い衝撃。そう、ちょっと前の日本の女性の現実ってこんなものだったのかもしれない。いや、今でもそれはかなりひきずられている・・・。そう考えると、私って幸せなんだなぁ。
e0025789_18405558.jpg

久しぶりに、今年は日本ですごすクリスマス。旦那の仕事も急に落ち着いて、お休みがとれたというので、急遽、彼が料理&飾りつけ担当に。家についたらかわいいツリーと、小さなギフト達と。おつまみとシャンパンと赤ワインで、ゆっくり時間をすごす。

途中から、中目黒のM嬢も参加してくれて、予期しないほどすっごい楽しいイブを過ごせたわ♪ありがとう!そして、
Merry Christmas!
e0025789_1843565.jpg

このブーツは、旦那からのプレゼントのひとつ。ドイツの有名なベッドメーカーから出てるアクセサリーだとか。ショーウィンドーで「足冷えに悩まされている私にはこれしかない!」と一目ぼれ(?)して、即購入したという「Down slipper boots」。かわいすぎる、温かすぎる!

by mikisnet | 2008-12-24 18:35 | パーティ・イベント全般  

鶏味座 恵比寿店

世の中は、クリスマス前の週末でかなりロマンチックラブラブモード。恵比寿のちょっとした素敵なお店はともかく「カップル」で埋め尽くされていた!!笑) 普段着でふらっと立ち寄った私たちは断られ続け・・・。恵比寿>代官山>広尾・・・などを散策(難民化)するはめになった。

と、そこで、急に「オトナな焼き鳥」が食べたくなって、明治通りからちょこっとはいった角にできた「鶏味座 恵比寿店」にいってみた。
e0025789_17415043.jpg

旦那と私は、2人とも「つくね」派だ。今夜も試金石として、「つくね」を真っ先にオーダーする。卵黄の美しい光具合と、ぼてっとしたみてくれのジューシーなつくね。美味である。

カウンターで、しっぽりと。ソファもあってゆっくりもできる。オトナなゆっくりとした流れのなかで、焼き鳥をどうぞ。

by mikisnet | 2008-12-20 20:38 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

ビストロ シロ.

旦那のドイツ出張も終わり、英国J氏と企画仲間のY嬢と4人でダブルデート&旦那の誕生日お祝いディナーとなった。

渋谷橋近く、九十九ラーメンの向かいにできた「ビストロ シロ.」にて。
e0025789_17334633.jpg


11月にオープンしてから、気になってはいたものの、内容をよく知らずきてみたら、びっくり。ビストロだけど、基本的に「お魚系料理のみ」。だから、「シロ」なのか、(かどうかは不明だが)。アクアパツァとか、ブイヤベースとか、ロブスターに、オイスター・・・。どーん、と存在感のあるお料理が特徴なのかな。でもやっぱり、お魚だからすっきりしていて、胃にもやさしい。そして美味。

階上では、パーティもできるみたい。ここで使っているグラスウェアがとてもお洒落で好き。

by mikisnet | 2008-12-19 17:31 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

HIGASHIYA SABO

久しぶりに、中目黒のM嬢とブランチをした。久しぶりに、360度回転しても話があって、話題が深くはいりこめて、自分に自然と充電機がささったような感覚を味わった。

ありがとう!

中目黒のかわぞいにある「HIGASHIYA SABO」は、ランチも夜もおすすめ。ランチはお料理も素敵だし、夜は「スィーツ+酒」というコンビで飲めないコがいても、みんなのニーズが満たせておとく。民家のつくりも、モダンでシンプルな和菓子も、素敵だ。お歳暮にしてもいい。
e0025789_17302944.jpg

by mikisnet | 2008-12-14 13:39 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

Tight & Quatre Cafe 渋谷

恵比寿の、Neuf Cafe (9)、中目黒のHuit(8)、代官山のeau cafeと、かなりテイストがお洒落なフレンチカフェの渋谷店にいってきた。旦那の誕生日の今日だが、本人はドイツで行方知れず・・・というか出張長引きまくりでいつ帰国かも未定・・・。

というわけで、同僚のお兄様たちの誘いをうけて、まずは、「渋谷ののんべえ横丁」の隠れヒップバー(?)TIGHTで一杯。

ここは、2007年New York Timesで、「Hidden Tokyo」という記事でとりあげられてからというもの、外人にもかなり大人気。わが社の外人軍団も結構いってるらしい。うちの旦那も英国人J氏も、ここと一緒にとりあげられたPiano Barとあわせてよく通っていた時期があった。笑)

と、そのあと小腹がすいたので、同僚H氏がオーナーと知り合いだというカフェにつれていってくれた。それが、なんとQuatre Cafeだった。Neuf や、Huitとなんかつながったところが、非常に勝手に超うれしい!

渋谷もなかなか、開拓の余地がありそうだな。ひさしぶりに朝まで「飲んで」しまったわ。

by mikisnet | 2008-12-12 18:09 | 恵比寿ネタ(主に食事)