<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

酒イベント 2009秋

もう明日から9月。公式に?秋になる季節。9月、10月そして年末へと加速する多様なイベントに向けてちょっと整理しておこう。

2009年8月28日~9月13日東京ミッドタウン ドイツビアガーデン
2009年9月16日~18日アサヒビールオクトーバーフェスト・日比谷・秋の収穫祭2009
2009年9月19日~23日サッポロ恵比寿麦酒祭
9月20日純米酒フェスティバル(もう満員!)
10月1日 日本酒の日
10月23日 『日本酒天国2009 東京大試飲会』
10月28日東京秋の吟醸酒を味わう会@飯田橋

by mikisnet | 2009-08-31 19:34 | 日本酒  

キャリアについて

というタイトルで、いろんな相談がもちかけられる。ちょうど出張先のサンフランシスコでも、その話題はホットだったようだし、社外の人からもつっこまれたりした。帰国後も会社でそのような討論会・相談会があったり、外出先の会社でもその話題でもちきり、別途知り合った人からも、キャリア形成について個別に面談依頼が相次ぐ。

と、そこで・・・

いつの間にか、「経験のある人」部類、にシフトしている自分の存在に気がついた。今までは、会社を見渡してもどうみても「若い人たち」とくくられうほうが多かった。今の会社が比較的若いのもあるけれど、社外の人からみても、そうらしい。ちょうど、10年前に、10年上だった先輩がいっていたのを思い出した。

「まだ若いのに、経験豊富な先輩とくくられるのって結構さみしいし、なんか恐怖なんだよね」と。その先輩は次なるチャレンジを求めて、転職の上、独立していった。確かに、22歳の子たちからすれば、2度も転職をし、イマドキっぽい会社でばりばり働いてる、という外側をみると、相当スゴイ人にみえるのかも。笑)

IT関連の業界では、今だにいうのかな、ドッグイアーとかって1年で6年分?のスピードとかいわれたので、それを考えると、少なくとも2倍くらいのテンポで動かされてるのは確かかな。しかも、転職ってやっぱり、環境かわるから、ゼロから自分の信頼感を構築していかなければいけないし、中途組との「微妙な関係」とかってのの生き残り方法も身につくことも確か。うわぁ、そう考えるとやっぱり、「経験豊富」っぽくて、なんか怖い。

というわけで、それなりに教科書的な答えと、よりひねった答え方、メッセージングも用意しておかないといけないわね。お姉さんキャリア組とかっていわれはじめてしまったし・・・。なんかさみしい!?

by mikisnet | 2009-08-31 19:14 | 仕事  

今年最後の下田

イギリスで無事結婚式を終えた、J and Y カップルと一緒に、もう一度いつもの下田にいってきた。サンフランシスコ出張のあと、ともかく連日なにかとつまりにつまったスケジュールで、なんとかのんびりしたいということで、丁度よいプチバケになった。今回もカップル4人での旅行は、本当に楽チンで、和める。勝手知る4人なので、お世話になる宿側もかなり自由気まま。まるで自分の別荘のごとく、柔軟に対応させてもらえる。2009年最後の下田ビーチは、接近する台風の影響もあって、風と波は高かった。が、前回にくらべ、水温はかなり高く、それでいて透明度はばっちり。

海の水って本当に皮膚にいいことが、一度入ればよくわかる。蚊だかなんだかストレスだか、よくわからない虫刺されがいくつか手足に残っていたのだけど、きれいに治癒しはじめた。ちょっとした肌荒れも、いっきにふっとぶ。この快感はやめられない。

e0025789_18504214.jpg
e0025789_1851177.jpg


夜は、今回は海ガメはみられなかったものの、いくつもの流れ星を海辺でみることができ、かなり興奮&感激。2時間半の電車の旅で、ここまで非日常が味わえるのは、やっぱり、下田。花火もひとととり終わったあとは、恒例のビーチポーカー大会(with ワインボトル)も忘れずに。

by mikisnet | 2009-08-29 18:44 | 伊豆&御蔵島  

サマー プロヴァンス at テラス フレンチ キッチン ブラッセリー アンド バー

はれて、皆ヨメという立場になって、ひと段落したところで、企画嬢3人娘の会合が開かれた。誕生日パーティたる大きな節目のイベント企画もあってか、久々に、水入らずの?ガールズディナー@六本木グランドハイアット。2階の しかも、3人だとフルボトルシャンパンがつくのはとっても嬉しい。夜風が気持ちいテラスも、なかなか。これで一人5000円程度というのは、ガールズとしては使える。

というわけで、そろそろまたぱっと企画したいところ。もう33歳になってしまうけど、ま、お祝はお祝いよね。10月16日あたりで、大人なパーティ企画をしましょうか。笑)

by mikisnet | 2009-08-28 22:56 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

シドニーつながり、ガールズ焼き鳥。

オーストラリアつながりのS嬢と、彼女のハワイ結婚式で出会った、K嬢と、3人でディナー。思えば、こういった形は初めてでは?共通点は、世代が一緒で国際結婚ということ、バイリンガルで、S嬢の友達ということ。ちょうど出張で一時帰国していた彼女と、3人で予定があったのも、奇跡!くらいの勢いだったが、しっくり焼き鳥などをつまんでのガールズトークもとてもよかった。

何かと変化はおきていくものの、こうして物理的な時間を少しでももてるのは、恵まれていることなんだよね。また、これもまた新たなお互いの章へのスタートということで、前向きにとらえていきたいわね!

店員さんおすすめの越乃景虎、梅酒がまた美味だった。覚えておこう。やっぱり新潟、すばらしい。笑)

ちなみに、焼き鳥は鶏味座 青山店 (とりみくら) 噂の究極の親子丼、はやや甘めだったので、まあまあ。というより、調子にのってたくさん頼んでしまったから?かなり満腹すぎ・・・。おしゃれ焼き鳥などはシドニーにないそうなので、楽しんでもらえてよかったわ。

by mikisnet | 2009-08-27 19:02 | 恵比寿ネタ(主に食事)  

友達のうつりかわり

気がつけば、かつて周囲にいて、いつも気兼ねなく連絡して、飲みに行って・・・となんだか物理的にも精神的にも近しいところにいた女友達も、みんな『嫁』にいった。イイトシなので、別に不思議でもないし、同時に10年も仕事していると、責任も出てくるし、ということで、なにげに、みんな家庭でも仕事でもすごく忙しくなった。

優先順位がかわってきた、というのが俗っぽいけど正しい表現なのかな。家族、だんな、仕事、のこともあり、なかなか気軽に遊びにいくこともなくなってきた。それと追いかけっこのごとくか、無意味に遊びにいくことに対する情熱や胸の高まりも、なくなってきたような気がして、ますます、ぱーっと時間を華やかに皆で過ごすことはなくなった。

あんだけ、ぱーっと華やかに遊んできた自分自身がそうなのだから、周囲はもっとそうなのだろう。かといって、人間は自己中なもんで、それはそれでなんだか寂しくなってきたりもする。あの子から返事がない、連絡もない、挨拶くらいあってもいいのに、などなど。

そんなことを思ってしまうのも、立て続けに延々と放送されるSex and the Cityのせいかも。20話とか90話とかともかく入り組んで放送されるので、いろんな時代の彼女たちをいっぺんにみてる。あまり当時はハマらなかったものの、今よくよくみてみると、結構しっくりする心境やきめ台詞があったりで、勉強になる。笑)というのも、なにごとも脚光を浴びえるのに一足遅い時代(76世代の特権よね)のせいか、今こそ、ちょうど女30云々の走り。今こそ、彼女たちの初期の心情とぴったりくるのかも。

ネイルサロンでみた『映画版』のほうでは、それぞれが自分の道をみつけていく。結婚や出産もまたしかり。それでも過去10年くらいの4人の歴史があるからこそ、信頼しあえる女4人でいれる。

私、ふりかえってみると、フェーズでの女友達グループがいたな、と思う。仕事や結婚を機に、それぞれが物理的にも精神的にもなんだか遠くなってしまって、ふとわれにかえるとなんだか一人ぼっちな気分にも。出発があって、それは大変いいことなんだろうけど、諸行無常をひたひたと感じざるを得ない。性格的に、前しか見ない女なので、普段気に留めないことなんだろうけど、今宵はやたらとそんな一抹の淋しさがとおりすぎていく。

by mikisnet | 2009-08-16 20:11 | 美容・健康・ファッション  

野田岩

どうしても、うなぎが食べたくて、同僚をさそって赤羽橋の野田岩へ。お盆だし、とおもって甘くみてたらとんでもない、結局正味1時間くらい外で並びました。気が利く同僚からビールの差し入れがあったので、東京タワーをみあげながら、都会のお盆に乾杯!

うなぎ、ってどこにでもありそうだけど、なかなか初めてのところは入りにくい。名店とかうまい店、ってのもおそらくたくさんあるんだろうけど、不便な場所だったりするから、気軽には企画できない。というわけで、この東京タワーのふもと、そして、天然うなぎで、歴史があり、味のあるたたずまい、ワインもある、という5点そろったこの店はとってもすきなのだ。

とはいえ、下町東京にはもっともっといろんな名店がありそう。夏が終わる前に、もういちどうなぎ企画をしないとな。

by mikisnet | 2009-08-13 22:25 | 食事全般  

悩む!

今は夏休みまっさかりだけど、私のバケーションプランは、すでに年末年始。いくつかホテルを変えるんだけど、うーん、悩む~!!ブティークホテル派の私だけど、せっかくだからいわゆる豪華なのも堪能したいし・・・。ってな感じで、かなり現実逃避に走ってるわ。

仕事がわさわさ入ってくると、遠い南のビーチリゾートだけが、心のよりどころだったりして。どうか、地震がこれ以上きて、世界をより不幸にさせないでくださいよー。

by mikisnet | 2009-08-12 22:51 | ひとりごと  

コミュニケーション ストラテジスト

昔、LA系香港ボーイの同僚Jが、私にタイトルをつけてくれた。

パーソナルソーシャルコーディネーター

社交ライフをその人なりに楽しめるよう、東京イベントやら、個人企画などといろいろプライベートにカスタマイズしてコーディネートしてくれるからだ、という。なかなか気に入っていたが、なかなかソーシャライズする時間も気力もやや劣ってきたな、という感があった。笑)

そこで、最近よくいわれるのが

ストラテジック コミュニケーション コンサルタント
とか
コミュニケーション ストラテジスト

という肩書き。実際の仕事でも、こういった(俗にいうヨコモジタイトル)ばっかりなんだけど、それもあって、上の肩書きがよくしっくりくるような気がしてきた。マーケティングや広告をかじった仕事をしているので、イマドキのバズワードとしてもよく耳にする系のものだ。

何かっていうと、この混沌とした価値観や文化意識、世代ギャップが漂う中に、さらに大人になれない男女、バブルのノリでいきてきた人、加えて、なんちゃって外資系のドメスティックな人、究極のアメリカン思考の人、もともとマルチカルチャーな人、といったようなカオスのような人間関係で、相手に与える影響を考えてからコミュニケーションの仕方を考える、といったことらしい。

マルチカルチャー的な環境に置かれて、それを習得し、サバイバルした人にとっては当たり前のことなのかもしれないけれど、それを改めて客観的に、そして怒らずにふわっと「アドバイス」してあげる人(頼まれれば、だけど)って少ないらしい。どちらかに偏ってしまうこともあるし、言語で人格を切り替えるだけ、といった簡単なものでもないからだ。とはいえ、別に私自身がその達人である、というわけではない。むしろ他人のことになるとすべてが客観的にクリアに見えて、客観的にそしてなんだか母親的な寛容か気持ちでアドバイスできる、というだけなのかもしれない。

社会人になって3日めくらいに、仕事先の偉い社長さんとの雑談で、
「ま、所詮、どんな仕事だって、極めればヒト商売ですからね」
といった生意気な私。それにマジでびっくりしていた、そのK社長。

今になって思う、確かにね。40とか50近くになっても、それがわからない男性陣が世の中に多いこと、多いこと・・・。ふぅー。って、結局ぐちってしまったわ。しっけい。

by mikisnet | 2009-08-12 21:44 | 仕事  

来週はサンフランシスコ

急きょ来週からサンフランシスコ出張が決まり、大忙し。なので、あまりプライベートも顧みず、それなりに?働いているわ。この会社にはいって、1年と半年、かなり事情も課題も把握できてきたので、今回は実りある出張になりそう。

この不況下で、海外出張などがかなり控えられている中で、いただいたミッション。というわけで、前向きに、そして積極的にむかっていきたいわー。日本代表みたいになっていて、ちょっと責任もあるけれど、今の私に必要なドライバーとなってくれてる。20代には多々あった、この手のドライビングファクター、セルフモチベーションファクターというか、これが天から満を持して与えられたようで、とても感謝!!

by mikisnet | 2009-08-12 00:00 | 仕事