<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

(大震災)大阪疎開から帰京

(備忘のため、後日回想記載)

都内では、ミネラル水不足(1歳以下の乳幼児でも入手困難なくらい)、納豆やヨーグルトが買えない事態が発生。そのあおりを受けて、大阪でも大量購入は制限(一人一本までとか、)されていた。しかし、準備も万全ではない、旅行気分でもない、かといって、この地でやらなければならない仕事もさほどない、外食続きで先がみえないホテル滞在ライフにも相当疲れてきた。およそ10日間の大阪疎開に終止符をうち、東京自宅へ戻ることにした。

3月の19日~21日の3連休で、卒業式シーズンや桜などでもともと混雑している大阪に、大震災避難・疎開企業組などで、大阪もなんだかキャパオーバーに。ホテル予約がまず取れないという事態。そんなこんなで、何かと不便が続き、わがままも言えない状況に、正直疲れたのよね。自分のベッドで、寝たい。ただ、それだけだった。特に、お腹がかなり大きくなってきた今、いわゆるビジネスホテルの堅いベッドがあわないあわない。愛用している抱き枕がむしょうに恋しくなって、というか必要になって、帰るのを決めたといっても過言ではない。

妊娠してなければ、許可されていた海外オフィスでの勤務やら、旦那のいるNYオフィスでにも、すぐさま飛んでいったんだけどね。さすがに、この状況で戻れなくなったら滞在ビザ的にもリスク的にも困るし、現地出産なんてことになったら費用やら保険やらで困るしね。ま、まだ東京が普通に生活している以上、東京で自分のペースで過ごそうときめた。

旦那はNYへまた一時帰国。最終的にNY滞在を終了・アパート引き払いなどをするための準備のためだ。なんともあわただしい2週間。この先どうなるんだろう、でもどうにかなるかな・・・など、不安と懸念の絶えない日々だった。

by mikisnet | 2011-03-26 22:32 | ひとりごと  

(大震災)旦那一時帰国

(備忘のため、後日回想記載)

地震、津波、余震、まではよかったが、ここにきて、福島の原子力発電の問題が一気に浮上。放射能に気をつけよ、とのことで、今まであまり警戒したことがない事態に、日本中が戸惑う。ネットでのリアルタイム検索などで、人々のTweetをみていたら、どんどん不安になったりして・・・。ニュースも一刻一刻、大変なことになっていくようで、精神的にはよくない。

元同僚などは、ドイツの会社の素早い対応で、週末からすでに大阪に避難をはじめていた。南西方面に疎開?したほうがいいのでは、という案もひきずりながらも、ニンプ一人で、パソコンやら何やら数週間分もってゆかりもない土地への移動もしんどいな~、ということであまり深く考えずにいた。

と、この日の早朝、NYの旦那から、「今JFK。これから二人の大阪行きのチケットもって、日本に帰るから。火曜日夜羽田着だから」と。帰国は3月末で決まっていたのだが、事態も事態なので、いったん帰国してくれるという。頼もしい。というわけで、翌日15日から期間未定で、大阪疎開となったわけなのだ。

by mikisnet | 2011-03-14 10:24 | ひとりごと  

東日本大震災

(備忘のため、後日回想記)

オフィスビルの20数階のデスクにて、地震を感じる。横揺れではなく、縦にがくっとくる感じが印象深い。そのあとは耐震構造ビルにありがちなぼわんぼわんという酔いのような揺れが続く。しかも、長い。長い、長い。え、長くない?このビル、耐震構造だからこそ、こんなに揺れるのかしら?なんて、周囲とも話して、立ったり座ったり。間もなくビル防災センターよりアナウンス。とりあえず、エレベーターには(危険&とまってるので)乗らないように、なるべく広いところでスペース確保。防災ヘルメットなどの利用も促された。この近辺&高さからでは、下手に外に出たほうが危ないかもしれない、ということで、しばらくオフィス内で皆で様子見。

と、そこへ、お台場の黒い煙情報・・・そして、何よりも、仙台の津波の映像がネットで流れてきた。やばいかも。そして、「電話がつながらない」「電車はとまっているらしい」「携帯メールならいける」という声。

両親・兄と連絡をとり、しばらく仕事を続ける。午後4時を回ったころ、ラチがあかなそうなので、歩いて帰ることにした。六本木から恵比寿への帰途は、妊娠中の運動ということで、最近週に3回くらいは徒歩帰宅していたこともあり、あまり気にせず、普通に歩き始めた。20数階からの階段徒歩降下は流石に予定外の運動で、疲労したが・・・。道にいるタクシーは全滅。階下にあるホテルのタクシー乗り場も外国人で大混雑。

とはいえ、日が暮れる前の、比較的早い時間に出たこともあり、まだ歩道も、そのあと見られた洪水のような「帰宅徒歩者」であふれかえってはいなくて、楽だった。広尾駅の神戸屋キッチンで次の日のパン、商店街で、ちょっとしたものを買う余裕すらあった。5時半くらいになって、暗さが増してきたころには、急に冷え込んで、最後10分くらいはきつかったかな。でも、本当に、会社から家まで近くてよかったなぁと実感しつつ、家でシャワーをすぐあびて(ガスは自動で止まるらしいので、近所にいった方に聞きつつ、ガス線の復旧(黒いボタンを押してどうこう、というマニュアル的なもの)をして、)、テレビニュースを見入っていた。

30年以上のマンションだが、意外と頑丈で、本棚から本が半数以上飛び出していたほかに、なぜか倒れそうもない植木が傾倒したくらい。心配だった背の高いフラワーの活けてあった花瓶やら、棚そのもの、ガラスグッズなどはびくともしていないようにすら見えた。

NYにいる旦那にメールをして、家族の無事と予定を確認し、防災グッズとダウンコートや温かいものなどをバッグにつめて玄関に用意し、すぐ出られるようにと気持ちの整理を。とはいえ、何を詰めてどうしたらいいのかわからず、ちょっとキョドウ不審になったかもな。何はともあれ、妊婦で一人でこの状況は、さすがに心細いわよね。でも仕方ない、この程度ならなんとかなるわ、と開き直り、今後の事態をいろいろ想定してみることに。

寝れないかも、なんて思いつつ、やっぱり体力的にも精神的にもそれなりに疲労していたとみて、気が付いたら、土曜日の朝だった。携帯メールとスカイプ(ネット環境)はばっちりだったことに感謝。

by mikisnet | 2011-03-11 14:46 | ひとりごと