<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

築地市場 見学 再開&ルール変更

クリスマスから年始にかけての夫家族訪日に向けて、いろいろ観光ネタを調べていて、みつけた話題。

築地市場マグロ卸売場見学者エリアにおける見学再開
及び見学方法の変更について


いつの間にか、外国人締め出し?とかで締まってたのが再開されて、でも東日本大震災でまたクローズして、今年7月に再開したらしい。午前5時から見学者希望受け付けで、先着順120名、とのこと。受付場所は「おさかな普及センター」1階 (勝どき門入り口)だとか。忘れないようにしないと。

by mikisnet | 2011-10-31 22:56 | 東京観光  

Jack-O'-Lantern かぼちゃ提灯

e0025789_2245734.jpg

さすが、アメリカン人。夫がめっちゃ手慣れた手つきでささっとくりぬいたハロウィーン提灯。Jack-O'-Lantern (ジャックオーランタン)っていうのね。いまさらながらはじめてスペルを知る。笑) ちょっと怖いんですけど。

by mikisnet | 2011-10-31 22:48 | パーティ・イベント全般  

代官山EATALY

最近のお気に入りは、代官山EATALY 妊娠中はパスタやピザをなるべく避けていたので、近寄らなかったが、ベビーができてからは、ココは本当によくくる。散歩がてらに食材ショッピングもそうだけど、なんといっても、テラス席。適度な空間と自由度が、ベビーカー連れにはすごく助かる。待ち合わせなどもしやすいし。

今日も元同僚のオージー嬢と、平日ランチwith Pizza. 秋の風が心地よい快晴の空の下、ひさびさの再会でガールズトークとゴシップを堪能する。うちの娘も、もちろん参加。私の膝の上に乗って、おしゃべりに参加するのが好きなんだよね。笑)

by mikisnet | 2011-10-31 13:47 | 子連れ外出  

Halloween Event at TAC 東京アメリカンクラブ

夫の同僚たちと、その家族と、TAC(東京アメリカンクラブ)のHalloween Event に参加。というか、このクラブの建物、いつの間にかめっちゃ綺麗になっていてびっくり!皆子連れ、ベビー連れなので、大賑わい。うちの娘も人生初ハロウィーンとなったわけだ。館内は、仮装したキッズたちであふれかえって、ますます(あたり前だけど)アメリカンな空間と化していて、とても不思議な感じ。
e0025789_22363848.jpg

最後は、皆さまと大人も子供も混ざってHalloween Buffet。締めくくりは、こちらもとってもアメリカンなデザート。
e0025789_2237229.jpg


ちなみに、うちの娘の初コスチュームは!
Wonder Woman....
この(年齢)月齢にあうのって、そんなにチョイス多くないけどね。
e0025789_22334215.jpg

お手製のヘアピース。(目の部分は写真だけね)

by mikisnet | 2011-10-29 22:12 | パーティ・イベント全般  

メルボルン 日本食デリ Ajitoya

メルボルンの旧友がやっている日本食のデリ。

Ajitoya

by mikisnet | 2011-10-27 11:26 | その他  

有楽町と丸の内ベビー

9月某日、日本のパスポートも取得しに、有楽町パスポートセンターに出向くことが2度あった。恵比寿を出て30分近く電車にのっていく、というのが初めてだったので、私とベビー的にはかなり冒険?であった。笑) 

赤ちゃんと銀座
全国授乳室情報館

などで授乳室やベビーとおでかけ情報を得て、いざ。

有楽町パスポートセンターのすぐ隣のMuji Cafeの授乳室が、便利。それからちょっと歩いて丸の内ブリックスクエアまでお散歩。平日の昼間、なにげに人が少ないビジネス街。笑)丸の内仲通り、も、右幅が広くて、ベビーカーでもかなり歩きやすい。(というかランチの一時以外はほとんど人いないし。)

ブリックスクエアは、なんと初訪問!!!家も職場も東京の西側(渋谷側)にいるとあまり東側(銀座とか)にこなくなるんだよね。笑)ここの3階にある授乳室は、広くてモダン。平日ビジネス街だからか、2回とも誰もいなくて、一人占め状態。

A16のテラス席にて、ベビーカーを隣に9月の初秋の風に吹かれて、お外ランチを楽しんだわ。お庭のグリーンには癒されるし、このビルのグルメ一覧には「子供可」って記載もそれぞれあるし、ベビー連れにも配慮した、使える空間だった。

by mikisnet | 2011-10-27 11:15 | 子連れ外出  

Real Tokyo Guide 2012

今年のクリスマスは、なんと、夫側の家族がみんな東京に集合することになった。通常、アメリカンなァミリーのルールとして、夫両親の家@アルバカーキ(ニューメキシコ州)に集まることになっているのだが、季節的に寒いし、ドライ(半端なく乾燥してるの!)だしあまり(うちの)ベビーの環境に適さないかもってことで、皆、ベビーのところの集合、という運びとなった。

義父母は8月にすでに、来日して、初孫にあっているのだが、その時点ですぐに「クリスマスもここに来よう!」ってことが即決されたのだ。笑)義父母に加えて、夫の弟、7月にフランス人の奥様S嬢と結婚したのだが、その夫婦も一緒。S嬢にとっては、初のジャポン。にぎやかな?おもてなしの年末になりそうだわ。

そこで、夫が買ってきたガイド本。
Pen+ 「Real Tokyo Guide 2012」 (HC-ムック) ¥ 880

妊娠以降、社交活動やトレンド情報からもかなり遠のいていた私にも、とても新鮮な情報がまとまっていて、助かる。何よりもバイリンガル(日英)本なので、いちいち訳さなくてもいいし!笑)東京初心者はもちろん、ある程度住んでる人やガイジン友人へのちょっとしたギフトにも、おすすめかも。2011年判も、アマゾンで購入しちゃった。

by mikisnet | 2011-10-27 08:42 | 東京観光  

ベビーマッサージ

ベビーマッサージ。ママがベビーに、オイルなどを使ってふれあいながらマッサージをするもの。要は母と子の「スキンシップ」重視育児が、医学的・科学的にも証明されて、自らのご褒美として、健康維持としてマッサージを受けることやヨガを習うことに慣れた現代ママの社会にあうように組み入れられて市民権を得たもの、といえるかな。ふれあうということから、タッチケアとか、タッチセラビー等ともいうらしい。というか、こんなにビジネスになっているとは、子供が生まれるまで全く知らなかった。

ベビーマッサージの歴史は、このサイトによくまとまっていて、わかりやすい。

東京都が後押しする「しつけ講座」としても2009年にとりいれられたとか。ベビーマッサージ協会は、2003年に設立されたようだから、そのころからトレンドはあったものの、ここ2~3年で、その資格をとろうというトレンドも上昇中のようだ。Google Insight for Searchっていう検索の動向をみるツールでみると、「ベビー資格」「ベビーマッサージ資格」が、2008年後半から伸びいてる。リーマンショック後の不況で女性の資格取得傾向が反映されたのかしら?

と、前置きが長くなったが、私もご多分にもれず、近所のマッサージ教室に通ってみた。

代官山 Sweet Room
●恵比寿 まきの木
●日本赤十字医療センターの育児サークル

e0025789_10469.jpgまきの木、さんは、少人数(2~4人)を重視しているので、マッサージだけじゃなく、ママとの交流や自分のケアをじっくり考えたい人にはとってもお勧め。地域コミュニティーでも活躍している先生だから、地域情報も得られるし。大人数だとどうしても煩雑&ママ同士も距離ができてしまうしね・・・。

マッサージ後は、ともかくよく寝る・・・。もともと良く寝る子ではあるのだが、母同様10月以降は冬眠モードに入っているのか・・・今日は本当によく寝てた。

by mikisnet | 2011-10-26 13:50 | ベビー  

欧州人、観光客、中高生男子?

またまた、ベビーカーライフの愚痴(苦笑)。

ベビーカーの乗降時、段差があるので、ややベビーカーを持ち上げなければならない。ま、うちの娘はまだ軽いので、問題はないんだけど、混雑してたり、荷物が多かったり、ドアが閉まりそうな時はあたふたしてしまう時もある。そんな時、さっと手を差し伸べてくれるのは、たいてい

①ヨーロッパ系の人(なんとなく英語のアクセントから判断)、②観光客(特に中高年齢以上)、そして、③中学生か高校生の男子だったりする。

③は、ニンプのときに「とても普通にさりげなく」席を譲ってもらったことも何度かあり、結構びっくり&感激していた。今日もまた、③のタイプの男の子が、何もいわず、ちょこっと手伝おうと手をさしのべてくれた。携帯電話(スマートフォンでも、ガラケーでも)に夢中になって、「オレは時間に追われてるいけてるビジネスマンだぜっ」とか「お、早く座ってマンガでもよもうっと」などと考えていそうなサラリーマン東京人成人男性諸君は、その様子に気づきもせず。苦笑。

通勤ラッシュでもない比較的空いている午後3時ごろの日比谷線。困ってる人にカッコつけでもいいから手をさしのべようって気にはならないのかしらねー。そんなメンズがいたら、一気に女性たちからの称賛の視線がそそがれるのは間違いなし。

by mikisnet | 2011-10-25 18:46 | 子連れ外出  

駅のエレベーター利用

ベビーカーを利用するようになって、一番気になるのが、エレベーターの存在・・・。特に駅。最近は、JRでも地下鉄でも、バリアフリーをうたっているところが増えたそうなので、悪くないのかもしれない。でも、困るのが、そもそも、ないところ、はもちろん、あっても、ものすごく小さいところ。どうせ増設したんだったら、もっと広い設計でもよくないか?とツッコミたくなるところは多々ある。

また、個人的にもっとイラつくのは・・・「あきらかに普通の人」の駅の小さなエレベーター利用。シルバー(高齢者)でもなく、ニンプでもなく、スーツケースなどの荷物があるわけでもなく・・・。かつ、ベビーカーが2台3台と順番待ちで連なっているにも関わらず、我先に乗り込もうとする・・・。しかも、エスカレーターがすぐ隣にあったり、比較的短い階段がすぐ横にあっても・・・。

「なぜ、お前?」

いるんですね、本当にびっくりです。

妊婦の時に、「電車内で席を譲られる」機会のひどく乏しかったこと、にひどくがっかりしたこともそうだけど、上記のほうが立ち悪いかも。もちろん、この大都会で、そういった親切心を当たり前のように期待しているわけではないけれど、(ましてや通勤時間などはね)でも、やっぱりそういったマナーは、これだけ「人を気遣う心・おもてなし」に長けた日本なのだからこそ、もっと浸透してもいいと思うのは私だけかしら?

エレベーターでも、シルバーシートでも、結局譲り合ってるシーンによく登場するのは、同じ境遇の人なんだよね。妊婦さん同士だったり、ベビーカー同士だったり。あと、初老のご夫婦だったり。自分の痛みがわかるから、人の痛みにも気づきやすくなる。社会的弱者・・・というんだろうか、そういう部類になってみて、ものすごい人間の真のやさしさ(と、その反対)も実感する今日このごろ。こういうのも、元をたどれば、躾なんだろうな。親として、今後娘にはそこは本当にきちんと躾なければ。

by mikisnet | 2011-10-25 18:29 | 子連れ外出