美しく話す

日本を学ぶレッスン、本日は「日本語(和語)を綺麗に話す」というもの。アナウンサー等が取得している(?)話し言葉検定、アナウンサー検定などの教材を抜粋して、リスニング問題などを解いてみる。どんな語学もそうだが、まずは耳から鍛えるのが肝心だ。ロジカルに話す点については、前職から嫌というほど叩き込まれているのだが、それに「綺麗に・美しく」という点を加えると、なかなか難しい。イントネーションやら、トーン、発音という視点をあらためて考え直させられる機会だった。

インストラクター業をやったり、会議の進行を担当したり、セミナー・イベントのMCを担当したり、マルチに対して「話す」機会が多い私。これからは、より「美しく話す」ことに注力してみよう、と思った。

by mikisnet | 2007-02-10 19:41 | 日本文化  

<< 国立新美術館とトレフ宮本 ヨガティスと格闘技系 >>