2007年 02月 04日 ( 1 )

 

日本神話のススメ

日本文化を「大人の女性」の観点から改めて学び直し、女度アップを目指そうという試み。最近のレッスンでは「古事記」の学習と書道による模写。高校時代にカジッたとはいえ、コンテンツはあまり知らなかった。上・中・下の三部作で、当時の天皇が選定した「国の成り立ちストーリー(神話)」がまとまっている。特に上巻にある「突っ込みどころ満載」の日本神話がめっちゃ面白い。(良い解説サイトをみつけた)セックス、結婚、夫婦喧嘩、離婚等など、時代を超えても同じ男と女のラブストーリ。というより、ラブコメに近い。何かあるたびに「神」がぼこぼこ誕生していく、というところも笑える。多神教とはいえ、その数の多いこと多いこと。笑)
e0025789_1724037.jpg

(写真は、「日本のこころ」より拝借)
また、私が一番忘れられないのは「性交の際に女性のほうが、先に男性を誘ったために、ちゃんとした子供が生まれなかった。その後占いによって、女から誘うのがよくなかったとされた。そのため、今度は男性から誘って再び性交をしたら、ちゃんとした子供(神)が生まれた」とあるくだり。さすが究極の男性上位社会の掟。アダムとイブもそうだけど、洋の東西を問わず、こんな昔から、女は「誘惑する悪い生き物」なのね・・・。そんな歴史を紐解きながら、現代にも通じる人間(男女)関係、生活の知恵を学んでいきまする。

by mikisnet | 2007-02-04 15:32 | 日本文化