2007年 02月 28日 ( 1 )

 

這い上がる

I have a dream that one day this nation will rise up...
Martin Luther King, Jr.: "I Have a Dream"


で締めくくられる映画、「RIZE」。とある知人は「8マイルのダンス版、リアル版、とでも言っておこう。ともかく背負っているものが凄すぎる、としかいえない」と。「DNA」のなせる業、に興味・関心をこえて、ともかく衝撃的だった。LAのゲットーと呼ばれる最貧地域で、始まったクラウンダンス。そこから派生したクランプ・ダンス。クラウンVSクランプのダンス・バトルシーン等は、ラップバトルそのもの。何より印象深かったのは、彼ら(主に黒人)のダンスとアフリカの民族のダンス(儀式)の映像が重なるところ。ルーツに基づく、ダンス。エネルギッシュで、超高速な彼らのテクニック以上に、何よりもDNAにしみついた「表現力」のパワーに、ただただ畏敬の念を覚えた。
e0025789_12391195.jpg
特有のリズム感も、体の力も、そしてそのエネルギーも、彼らの「文化」なんだということ。同時に、そこまで貧しい現実が「そこ」にあること、何十年も続いていること。そんな怒りの中から「這い上がる」ためのエネルギーが、それであること。数々の事実に、とても衝撃を受けた。のほほん、と生きている自分にムチを打たれたような気になる。人間の本当の力とエネルギーは、この「這い上がる」力のことをいうんだろうか。

by mikisnet | 2007-02-28 12:12 | 映画/DVD/TV