<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

子連れで代官山メキシカンレストラン アシエンダ デル シエロ

旦那の同僚の奥様(先日ハロウィーンでお誘いをうけた4児の先輩ママ)、とランチ@代官山。自ら進んでメキシカンを食べる私ではないんだけど、ここはテラス席がとてもイケてるので、たまに使う。と、いっても、今日平日ランチ時はテラスはクローズなので、意味なかったが・・・。

アシエンダ デル シエロ –モダン メキシカーノ-
営業時間:11:30〜翌4:00(月〜土)、11:30〜23:00(日・祝)
東京都渋谷区猿楽町10−1 マンサード代官山9階
TEL: 03-5457-1521
「アシエンダ デル シエロ」とは、スペイン語で「空の家」のこと、らしい。テラスがおすすめ。ちょっとしたリゾート地のバーテラスみたいな雰囲気。
写真はファウストギルドの記事より拝借。

子供連れOK、ベビーカーOK。
マザーズルーム(授乳室)のある、ラフェンテの隣のビルだから安心。

ああ、早くこのテラスで夜景をみながら、テキーラ三昧の夜を過ごしたい。笑)

by mikisnet | 2011-11-14 18:40 | 子連れ外出  

Hummingbirds' hill ベビーとハミングバードヒル (恵比寿)

今度は香港系LA育ちの同僚J君の久々の来日。こちらも、2年の駐在ライフで、素敵な日本人の奥様をみつけ、現在はベイエリアライフを満喫中という。

さて、そんな彼を連れていったのは、
ハミングバードヒル Hummingbirds Hill  カジュアルだけどちゃんとしたアメリカレストラン。アメリカンフードをわざわざ?と素人は思ってしまいがちだが、笑) 日本に長いアメリカ人は、実はこういった「日本のアメリカン」が大好き。日本の、グルメな素材や調理でできたハンバーガーとか、メキシカンとか。笑)自分たちが食べ慣れたもの、しかもそれが上質で良いサービス付なら病みつきになるのも納得。USから来た同僚たちも、かならずハマって帰っていく。ここはそれに加えて、恵比寿っぽくお洒落だけど頑張りすぎないラフなところが居心地がいいのかもしれない。
e0025789_1452331.jpg


嬉しいのはベビーや子連れもOK。土曜日のランチタイムはいつも私達のほかにも、ベビー連れが2~3組くらいいるし、ほんわりとアットホームな感じがとても好き。

日本ではなかなか珍しい?旦那の大好きなBROOKLYN LAGER ビールも、完備。なんといっても、サイズも当然アメリカンなので、がっつりがっつり食べたい時にはお勧め。

by mikisnet | 2011-11-13 12:07 | 子連れ外出  

母と比べちゃダメらしい

代官山に駐在で1年住んでいた、ベイエリア出身元同僚のJ君。新しい仕事で、また来年から日本駐在が決まったとのことで、久々の来日&再会。スゴイExcitingなキャリアだとのことで、聞いているこっちも嬉しくなっちゃう。

もちろん、話題はうちの娘のことや、私の母への変貌のことなども。

で、ママ業はどう?
と聞かれて、いろいろ悩んでいた私は
「うーん、私はきっと、ママになるべくして生まれてきたママ、タイプじゃないと思う」と答える。
すると、彼
「それ以外の回答を聞いたことないよ」
「でも、うちの母は完璧にそうなんだもの、だから比べるとどうしても、ダメだな~と凹むよ」
と私。

すると、
「はは。そうだよ、みんながそう答えるよ」とスマイル。
「君だけじゃないよ。自分の親の「完成された」親と、なりたての自分を比べるのがおかしいよ」と、さらり。

救われたよ。J君。
気を遣ってくれたんだろうけど、君は本当にSweetだ。
ちなみに、彼只今、彼女募集中。笑)

by mikisnet | 2011-11-12 17:04 | ベビー  

母の友

e0025789_18512476.jpg
頼れる読み物。トレンドに流されない、というか、地道でブレのなさそうな雑誌。出産後から愛読中。ついつい、イマドキの情報やメジャーな育児雑誌の特集とかに流されそうになるけど(それはそれで情報収集としては利用してるが)、こういった旧き良き、みたいな堅いのが手元にあるのもいい。

福音館書店 月刊 母の友

by mikisnet | 2011-11-11 18:44 | ベビー  

職場復帰に向けて、保育園探し。

早いもので、出産後もうすぐ半年。つまり、1年のお休み(産休+育休)の半分まできたというとこか。うちのコは5月生まれなので、ちょうどよく、4月からの復帰を考えている。今のところは・・・ね。

産む前からなんとなく、あたりをつけていた保育園探し。待機児童問題、なんかで、世間を騒がしているこの問題だが、いざ自分の身にふりかかってみてはじめて深刻さと大変さを思い知らされる。(遅い?)なんとなく、どっか入れるでしょう、なんて呑気な構えでいたことも大きく反省。実際に、保育園を見学したり、面接したり(!)、はじめると、急に現実味を帯びてくる。一方で、うーん、流石にこれじゃどこでもいいやってわけにはいかんでしょう、といった「選ぶ立場」の目線も厳しくなってきちゃう。

選択肢としては、
①区立の保育園(0歳時OK、というところに絞られる)
②区内私立の保育園・施設(認証とか認可外とか)
③職場近くの私立保育施設
④インターナショナルプリスクール
⑤ナニー(ベビーシッター)

①も、通える範囲で0歳時OKだと、2園しかない。かなり人気が高く、すでに40人待ちとかいう噂。今年の渋谷区の出生人数は増加した、ということ(区役所の人いわく)だから、もっと大変では、というヨミ。また、渋谷区の場合、かかる費用の、収入による課金テーブルの差が結構大きく(渋谷区は安くて有名、ということになってるが、それは課金テーブルの最低ラインのことだけ、そのあとの上昇額も結構大きい)同サービスでこの差は大きすぎない?とか単純に思ってしまう。なんて、言ってる場合ではないのかもしれないが。

②は千差万別。って当たり前だけど・・・枠も少ないし、①に入れないところの受け入れ場所みたいになっているので、やや詰め込みみたいな気がするところも多い。実際に訪問してみて、一瞬で、「あ、すみません。もう結構です」と後ずさりしたところもあり・・・。苦笑)

③は、最後の手段?かな。最近は、企業内にデイケアがあったりする革新的なところもあるみたいだけど、うちはそれは望みすぎ?、かな。

④これも、基本は夫婦での訪問、なんかが基本になって、審査(?!)プロセスがスタートするみたい。紹介制度が重視されるので、夫のセンから順に予定をたてて様子をみてるところ。災害後、外人の帰国が相次ぎ、インターナショナルスクール経営事情も結構大変みたい。閉鎖されたところや、9割日本人とかいうところもあって、インターナショナルとの冠があやしくなってるところもあるとかないとか。いずれにせよ、インターナショナルプリスクールは、母親が働いていない(?)か、ベビーシッターがいるもの?が当然なのか、2時とか3時で終了するのが基本。そのあとは別料金で、二次保育をしなければならない。あと、基本的にめっちゃ高い。笑)

⑤いっそのこと、しばらくフルタイムベビーシッターを雇うか?これも、あまり周囲に先例がないので、迷うところだ。これも、日本のサービスを活用するか、それともフィリピンとか英語圏の人にするか。

というわけで、いろいろ、ともかくいろいろな可能性と方向性考えて決定しなければならないことがたくさんありすぎて・・・現実逃避したくなってきてるわけであります。Wish me luck...please.

by mikisnet | 2011-11-11 18:32 | ベビー  

アンドロイドアプリ

いつのまにか、このエキサイトブログのアンドロイド携帯アプリがリリースされてた。これでちょっとした投稿も写真アップも楽になるわ。ナイス049.gif

by mikisnet | 2011-11-09 23:27 | ひとりごと  

ベビーのおもちゃ。出産祝いはこれからおもちゃにしよう。

e0025789_21103087.jpg

出産祝いに、おもちゃを贈ると必ず喜ばれる、とは聞いていたが、
実際に子供をもってみて、今本当にそう思う。笑)
ベビー服は、季節やサイズ、またまた好みなどでだいぶ異なるから
本当に難しいアイテムなんだけど、おもちゃは、助かる。本当に助かる。

産後すぐのころって、
3カ月ごろのおもちゃはXXがいい、とか
5カ月ころは掴めて噛めるものがいい、とか
そんなこと考えたり計画したりする余裕ない。

でも、ベビーはきがついたらどんどん成長していって、
自然と段階をふんだおもちゃを欲しがっていくのだ。
だから、そんなときに、先を見越したいろーーーんな種類のおもちゃがすでに手元にあるとほんとに助かる。
何を好きになるのかわからないし、すぐに飽きるから、いろんな人からの視点で多様なものがあるのが望ましいのかも。

うちは、産まれたときから
このRaggedy Ann(写真左。赤毛のアンとは違うのよね、これ) のお人形が大好き。
今でもなぜか一番お気に入りのようだ。
赤と青と白との絶妙な色のコンビネーションだからなのかしら?
(ちなみに、白レースのクーハンを購入したときに、一緒についてきたもらいもの)

最近は、ドイツ製(なぜかドイツ製多くない?)の木のシリーズ(写真右)
フランスのキリンのソフィー シリーズ
もお気に入りに加わってる。

いろんなおもちゃがあるだけに、自分だけで探すと限界があるし、今は各国での定番なんかも手に入るから、それらをギフトでもらうのが本当にうれしいし、助かる!!これからは、私もおもちゃ、を贈ることにしようっと。

by mikisnet | 2011-11-08 21:37 | ベビー  

麻布ナショナル閉店&仮店舗(年内)

ところで、いつの間にか、ビル老朽化のために閉店してしまっていたナショナル麻布本店。麻布や広尾人と比べて恵比寿人としては、そこまで打撃ではないものの、やっぱりショッキング!夫も、週末自転車でよく買い出しにいっていたので二人で大ショック。特に最近は、夫の大好物なラムチョップ肉などを大量買いしていた。これからどこで買おう。ハナマサ?恵比寿三越?

来年の夏にはピカピカのビルになってオープンするんだろうか。いや、してもらわないと困るわね。

今は、さっそく駐車場で仮店舗運営しているとか。 (写真はお店のサイトより拝借)

National Azabu のTwitter

by mikisnet | 2011-11-07 20:58 | ひとりごと  

産後の抜け毛

産後の地味な悩みの一つは、

抜け毛!!!

ものすごいったらありゃしない。手ぐしで、しゃーっとやると、ぐぁーーーと抜ける抜ける。洗髪している時なんて、このままはげるんじゃないかくらいな勢いで。

出産後6カ月くらいまでは、よくあること・・・
妊娠中は抜けてないから、その分だよ・・・
同時に新しいのも生えてきている・・・

らしいんだけど、本当に大丈夫かな。
元々細いし、少ないし。前髪近辺とかぺしゃんこでうすーくなってきてるし。

というわけで、友人の勧めで使ってみている
AVEDA Pure Abundance シャンプー&コンディショナー

とりあえず、ボリュームだしてくれるみたい。まだ数日だから効果はのちほど。(写真はAVEDAのサイトより拝借)

先日、ようやく出産後初!の美容院にもいってきた。
冬に入る前に、(乾かすときの時間短縮&風邪ひかないように)ある程度短くしておきたいところ。
髪が元に戻りますように・・・。
でもこれで二人目とか産んだりしたら、もっと大変なことになるのかしら?
怖い・・・。

by mikisnet | 2011-11-07 14:26 | 産後  

地味と孤独

妊娠、出産、子育てを一言でいうと。

地味と孤独

かもしれない。一般的に、これらの全て、そして一連の流れをもって、人は「おめでたい」、つまりハレのものだという。確かに、産まれてくる側として、そして、家族を迎え入れる(ちょっと離れた)側としてはそれでいいのだ。が、産む側としては、必ずしも、華・ハレの部分だけではない。(って、当り前よ、って言われるかもしれないが)

想像以上に、ネガティブな、というか、悩みや不安、センシティブな課題が常につきまとうものなのだ。つわりだったり、母乳トラブルだったりといった物理的な身体的な不調による悩みはもちろんのことだけど、私にとっては、それ以上に、いろんなことひとつひとつをひっくるめて「地味な」悩みがずっと続くこと、それらを解決していく、「選択」して「決定していく」には、結局自分しかいないこと、が一番ショッキングだったのかもしれない。そう、地味で孤独な世界への突入なのだった。(もちろん、有難いことに周囲はサポートはしてくれる。ただ、サポート、でしかない。)

悩みなんかも、別に公表していくものでもない(し、人によって違う)から、なんか晴れないうっぷんがたまっていく・・・。また、お酒がNGになり、珈琲がNGになり、っと二次的に社交ライフそのものから遠ざかっていくから、人間関係も意図しないうちにどんどん変わっていく。もちろん、新しい世界、新しい社交、が生まれているのだから、マイナスではないのだけどね。でも、やっぱり、意図しない変化・・・には戸惑うことも多々あり。自分が自分だけのために前に進むために選んだ変化、たとえば転職とか引越しとか、でわかりやすく変わる場合とは異なって、いろんなものが、予期せずそして、じわじわと地味に変化していく。地味に侵食されていく。この言葉はつかっていはいけないのかもしれないが、「それまでの人生の大半」が「犠牲」になっていくようにみえてしまう。このことは、確かなのだ。

ママ友がいっていた。

「『ママ友』が必要な理由はこれにつきるよね、だってそれは、戦友みたいなものだもの」

そう、地味で孤独な戦い。
それを分かち合える仲間は、「それまでの人生の大半」を一緒に過ごしたどんな友人たちよりも、とてつもなく強いつながりになってしまうのかもしれない。それはそれで、スゴイ素敵なことなのだと、おもう今日この頃。

by mikisnet | 2011-11-07 13:47 | 産後